【筧五郎が東三河と繋がる。走る。体感する。♯24】

本年度【OUT DOOR Sports Life 東三河】という事業に関わらせてもらう中で「自転車を通じ、東三河の魅力やそこでの暮らしを発信する」という役割をもらい、特にこの先11月、12月を中心にその暮らし、そのスポーツを通じそこに暮す人たちと繋がり、体感しながらその魅力を発信していくので是非今日は「東三河を体感するシリーズか」と楽しんで読んでみてください。今日はその第24話

木曜日仕事が終わり 夜中のドライブで湯谷温泉へ来るのが毎週の日課になった。

週末移住(ゲストハウスばかりだけど)

湯谷温泉駅前のシーンと静まり返った空気が気持ちよかった。

ゲストハウス HOOHOOから早朝のサイクリングへと出発 

岡谷方面へ向かう列車を見送ったら 

すぐに豊橋方面の列車が来た 今日も良い事がありそうだ。

山田さんとミーティングをするため 車で新城市 ヤングキャッスルへ 

気になるパン屋さんで朝めしを買った

開店直後の店内は ぎっしりとパンが並んでいて 空腹で来るとやばいね。

サンドイッチにクリームパンを買った。

ミーティングを終えて

移住促進事業をまとめてくれている 島田さんと 松本さんとで 豊根村に視察へと向かった。

いつも自転車で走っている道を車で走るのは 不思議な気分だったが

国道151号を走っていて 湯谷温泉から東栄町 への区間で 譲り合い運転が素晴らしいと思えた

ゆっくり走りたい車が後ろに数台つかれたら 路肩がある場所で 先にいかせてくれる事が多く 抜かした車もハザードを点滅していく

僕も点滅していくが ゆっくりと走りたい時は 路肩で避けると 抜かした車はハザードを点滅していってくれる。

この区間 譲り合い運転が促進されているのが不思議なのだ。

ほんとこの区間だけ 譲り合いが凄いので走る事が好きになったのだ。

国道151号線沿いの無人販売 売っているのは野菜だけではないのだ

この大きさで

この値段

豊根村の道の駅で お昼ご飯を食べる

今日は生姜焼き定食を食べた。

チョウザメ定食があったのだが 今日の気分は生姜焼きだったが後で後悔することになるとは思わなかった。

先ず向かった先は 豊根村地域おこし協力隊の小早川さん

愛知県出身で東京の大学からUターンをして豊根村へと移住

チョウザメの養殖をしつつ学習宿を多業で暮らしている。

お昼に食べなかったチョウザメの養殖場へ

どうして山の中でチョウザメ?と思うので調べてみた。

豊根村の綺麗な水がある山間部では養殖が可能らしく 小早川さんの師匠でもある 熊谷さんが 生まれ育った村へ恩返ししたいと 養殖を始めた。

しかし チョウザメは オスかメスかを判断できるまでに稚魚から3年掛かり それから順調に成長して 7年から10年掛かる

この大きさで3年

この大きさで1年

お腹はとても柔らかい

チョウザメは刃がないので  指を入れてみてくださいというので入れてみる事にしたが やはり怖かった(笑)

ご飯はこれ

自動餌巻き機があるのですが 僕は手巻きにこだわりますと言います

その理由はしっかりと顔を見ながら ご飯をあげれる事だからだそうです。

1匹1匹 顔の違いが分かるそうですが 名前を付けているのですか?と聞いたら

「付けてしまうと食べれらなくなってしまうので 付けないです」と半笑しながら答えてくれた

小早川さんが手を入れると チョウザメは寄ってきます。

だまだお金にはならないのだが夢のある仕事だ

チョウザメの仕事だけでは食べていけないので 村から畑を借りて ネギ 大根 キャベツなと栽培している。

持って行ってくださいと引っこ抜いてくれた

無農薬なので 虫が食っていますが 美味いですよと

大根も引っこ抜いてくれた

大根の葉っぱを食べてみたが コシがあり 味が濃かった。

作った人の顔が見える野菜って良いね。

ごま油で炒めたら美味いだろなぁと思った。

村でランニングクラブも発足しているが その走りは力強かったが

気温0度近いなか ランパンで走ってくれた姿は 若かった

次に訪れたのは ここ

大嵐駅への道沿いの建物だったが 宿泊施設とは知らなかった。

ここ 何が凄いって 施設使用料金の安さである

野球クラブ数チームが 合宿で利用するらしく 町も誘致に力を入れている。

次は農産加工体験館

蕎麦打ち体験も出来ます。

豊根村観光協会の新一郎さんが ここの利用料金は550円ですというので

一人550円ですか?と聞いたら 一部屋 昼間なら550円

最大30人ぐらいまで使えるので バーベキューとかできます

もう一度聞いた

一人550円ではないですよね?

「いいえ 一部屋550円です」

もう笑いを超えて 声も出なかった(笑)

運動場も一日借りて 1100円

ナイター3300円 

家族連れなら 貸別荘もあります

1棟 16500円 8人まで泊まれます

布団も有ります。

次は茶臼山へ

柳原さんが作って マウンテンバイクコースを視察

色々と回らせていただきましたが豊根村は楽しい所でした。

 

東三河地域は愛知県東部に位置し、山と海に囲まれる豊かな自然と都市が融合した地域。農業や工業など幅広い産業が盛んで、2021年3月にはジャパンエコトラックに登録されるなど、アウトドアスポーツを楽しむ人にとって魅力的なエリアです。本年度以下のwebサイトを通じアウトドアスポーツを日常的に楽しむ、東三河ならではのライフスタイルについて、ナビゲーターが体験している様子や、そうした暮らしを実践している東三河地域の方とのトークセッションなどを紹介していきます。

https://higashi.mikawayamazato.jp/

11月25日(木)

気温0度でのスイムパンツでのレースや

こういう 馬鹿な事をしなくなったなぁと思った 

FBにこの時期出てくる画像

2016年 世界戦マスターズへ

英語も話せずに1週間ホームステイという 今思えば 良く行ったなぁと思うけれど 外国の澄んだ空気や オレンジ色の街灯など 僕は質素な生活が好きになった。

眠いが踏ん張るぞ!と

シクロクロスコースを作って ダッシュメイン

塩澤君と山中君のダッシュが痛烈だった。

兄ちゃんがシケインで失敗するので リズムが崩れて シューズで足首を蹴ってしまい

張ったばかりの チューブラーがパンク

心もパンク・・・・・

ダラダラと話しながら帰宅 

これではイカンと思い 足首をアイシングして コーヒー飲んで

タイヤを交換して インターバルをしに行った

さっきまで皆でもがいていた場所  今は誰も居ない

自分のへその位置と向き合った

高校の恩師に  もがかせてもらいます!とラインしたら笑っていた。

1本で終えるつもりが なんかもがいている時が気持ちよかったので

3セットもしてしまった。

スプリントでフルもがき 自己満足を2本やって帰宅

東海CX の平均Wが200 今日の練習が35分で250W

レースの方がしんどい

昼飯

洗車

ミラも洗車

いっぱいドライブへいこうぜ!と声を掛けながら洗った

東三河への遠征準備

山田さんと撮影の進行をやり取りしていたら もう終わりが見えてきてしまった。

みさき治療院へ

腰を動くようにしてもらったが まっすぐになるならなるで 他の筋肉も動きもおかしくなっていく

帰りにスーパーで食いたいものをカゴに入れてみた。

もも肉 300グラム 鶏モモ肉一枚 アジ三枚おろし2匹分だったが

最終的には タンと コロッケだった。

ソースをクタクタにして食べたかった

荷物を車に詰め込んだり  ご飯を食べたりした

ローラー教室が始める前に ブログを書いている時間が一番好きになった

18時からローラー教室 新規のトライアスリートさん 2名

20時からローラー教室

カトーさんにデュカスのタイヤが入荷したみたいです

サイドが強化されたモデルだそうです

11月24日(水)

せっかく東三河で走っているから 

11月28日 日曜日 本宮山ヒルクライムタイムアタック ファンの集いを開催します。

ヤングキャッスル 6時から6時半で集合で荷物預かります。

車で来られる方はお店の前に8台置けます。

定員10名です。 タイムは30分で上れる方です。

各自アップして ここに7時に集合です。

歩道がありますので そのあたりでお待ちください。

ゴールはスカイライン入り口

30秒間隔ぐらいでスタート 自己計測です。

参加費1000円

終ったら荷物を受け取り 各自 気を付けて8時過ぎにはヤングキャッスル

飲み物を提供します。

山田さんが9時にはお店を出発しなければならないので ワチャワチャしますが

参加希望の方は 僕か ヤングキャッスル 山田さんとお知り合いでしたら直接メッセージください。

9時過ぎまで寝ていた。

平坦走をしたかった。

15分でも270Wが掛かれば 体調が良いと言える

掛かるワットじゃなく掛けるワット

先週 みさき治療院で背中の固まった部位を解してもらってから 身体に劇的な変化があった

先生の使う鍼の太さは0.16mm 刺さっているのか?分りませんと伝えて

もっと太い鍼で打っててくださいとお願いして 僕専用に仕入れてもらった

それが 0.25mm

不思議と 固まっていた部位が柔らかくなって 動くようになって おへそがまっすぐ前を向くようになった。

今までは上から見たら1時か2時ぐらいの位置

それが12時近くになったから まっすぐに踏めるようになったが ずれていたものがいきなり強くなるわけではなく 踏んでいたも弱い筋肉は疲れてくるので

それを歪みだと思わずに 慣れていくしかない。

少しずれると みぞおちに痛みが出てくるが おへそをまっすぐと意識すると 痛みは無くなってくる。

15分過ぎで273W これが出来なければ 負けると言い聞かせて踏んでいった。

18分 274W 久しぶりに掛かった。

二之瀬へ

走りやすかったが 掛からなかった

平坦で2分走をした。

80キロ TSS 120ぐらい

自宅までもうすぐという3車線の中央車線を 真っ赤なZがゆっくりと走り抜けていった。

ノーズが長いZだなぁと思うのと 左ハンドルだと気が付いた。

信号で停止していたので 僕はそのZを見ていたら運転手が僕に気が付いた。

「カッコいいですね 北米仕様ですか?」聞いたら

運転手さんは「よく知ってるね」と笑顔で答えてくれた。

僕は「湾岸ミッドナイト世代ですので」と答えたら 信号が青に変わり

運転手さんは ニコッと笑い「カォォォォォォォォォォォォォォン!」と官能的な乾いたエンジン音を響かせてくれた。

劇中の主人公 アキオはいつまでも年を取らない18歳だが

「現実の僕は年を取っていくので」ではなく 年齢を重ねていくと思えるようになれば いつまでもカッコいい大人で居られると思ったのだ。

娘のおやつのポップコーンを作った

洗車の仕事

11速のマークを揃える ほんの少しのこだわり

サドルバックの擦れキズ

落します

夕飯

実家へお経を読みにいった

ゆっくりと読んだ

伊織君が高級線香をくれた。

18時からローラー教室

20時からローラー教室+オンラインローラー教室

11月 この頃 

東三河から帰宅してから洗車

サーモンと平麺パスタのクリーム和え

お経をよみにいったら 父親の誕生日だった。

ちなみに僕は葬式で父親の年齢を知った。

火曜日

朝起きられず ダラダラとしたかったが ストレスはないので ダラダラ出来ず

これは きっと いつも仕事で起きる時間を決めていたので その反動で ダラダラとしたいだけなんだと思ったので ダラダラしてやった。

バモスの車検

納税所を取りに区役所まで行き 羽島まで車を届けに行った

三島さんから電話があり 帰りは自走なので 待ち合わせて 151へ

ローラー教室へ通いたいという方を紹介してくれた。

帰りに サイクリング

僕のブログが読みやすくなったらしいが 

「あの誤字脱字の駄文が 行政の仕事としてやれているんだから やる気になればちゃんと出来るのに」と言われたが

全くその通りだと思う

でも適当に書くこのブログが僕は好きだ。

夕飯

ドカ食いをしてしまったので 夕飯からまた元通り

18時からローラー教室

20時からローラー教室

【筧五郎が東三河と繋がる。走る。体感する。♯23】

本年度【OUT DOOR Sports Life 東三河】という事業に関わらせてもらう中で「自転車を通じ、東三河の魅力やそこでの暮らしを発信する」という役割をもらい、特にこの先11月、12月を中心にその暮らし、そのスポーツを通じそこに暮す人たちと繋がり、体感しながらその魅力を発信していくので是非今日は「東三河を体感するシリーズか」と楽しんで読んでみてください。今日はその第23話

豊根村の道の駅 

豊根グリーンポート 宮嶋 内の観光協会に フロアポンプがあります。

第二駐車場に車を置いて サイクリングに出発しても良いそうですので 観光協会さんに 場所など問い合わせてくださいね

http://www.toyonemura-kanko.jp/greenport/

湯谷温泉から望月街道で151号線へ

地味に上っている。

SUZUKIの看板が見えたら 右折

渡る際は後方の確認を忘れないでくださいね。

すぐに静岡県に入ります 県道1号線を進みます

左右の建物の高さが同じで 道路も広いので ここは街道なのだろうと 道路表記などないかなぁと散策してみたが 見当たらず。

五平餅のお店があったので寄ってみたが 10時開店で 今は9時53分 帰りに寄ろうと思い先を急ぐ

大千瀬川の透明度が凄い

この道で進む

国道473号で進む

ちなみに 国道400号番台というサイトでこの473号を調べると ランク付け5星で4星

串刺しおにぎりとは 一本の棒に 国道00号が二個刺さっている事 3個や4個の場合もある

重複道路ともいう

ちなみに国道は酷道と言われる事もあるが国道472号を走った事があるが

これが国道?酷いだろと考えさせられる それが酷道。

モーターバイク ツーリングの方が多かった

この橋の角度が素晴らしい

素晴らしいね。

佐久間発電所 カッコいい

国道152号に入ると いきなり山深くなる

少し走ると 湧水発見

料金箱に100円を入れようとしたが 他の利用者さんが僕が持っていたボトルを見て その入れ物だけなら10円でもいいんじゃないかと指摘してくれたので  10円を入れておきました。

実際には カルピスが半分残っていたでの300CC程しか入れれなかったが

甘くておいしい水でした(カルピスが入っているからだろっ!)

時速25キロで走っていたら 颯爽と抜いていく方がいたので

「後ろ付きます!」と言って 一緒に走らせてもらった。

伊藤さん 浜松からきているらしい。

そのスピードは速く 途中で交代してくれっていうんだろうなぁと思っていたら 挨拶を交わしてから 先頭へ出てくれず 引くことに。

北条峠へ行きますとなど挨拶をしてお別れ

自販機があったら 積極的な休憩

この峠を走りたかった理由が

中央構造線という言葉

道が直線的でカッコ良かった

九十九折れがある の3つ

看板が素敵だ

ライトオンしてますよ

静岡と言ったら 茶畑

間伐されている杉の合間から見える道

景観 まぁ良いかな。

標高564m

ここに民芸文化伝承館があったのですが去年 閉館してしまった

ここのお蕎麦が美味いと聞いていたので ここでも 食べられず・・・・。

二本杉峠へ行って見る事に

地元の方たちが焚火をたいていたので 二本杉峠は もうすこし 先ですか?と聞いたら 看板があるから分かるよと言われたが

どこを見ても 杉なので 「これですか!!!!」と先ほどの方たちへ大声で聞いたら「もっと先!!!!!!」と やまびこじゃないけれど 大きな声で返答された

ここで弁当を食べようとしたが箸がなかったので 落ちていた杉の枝を使って食べ終え その二本の杉を地面にぶっ刺して 大きくなれよ言った

それ刺した人は家康か 弘法大師は「はっきりしておらん」という結末が面白かった

いわゆる こういう事だね。

「昔々 ここに一人のサイクリストが訪れて パンクした 

タイヤレバーが無かったので そのあたりにあった 杉の木を使って 修理し終えた。

そして 私が有名なったら おまえも大きく育てと ここにぶっ刺した」 

らしい・・・・・・。

なので二本の杉の枝をぶっ刺しておいた。

道路上に 蜘蛛の巣が張るって どんなけ車が来ないんだと思った

その先には絶景が待っていた

凄い

カーブも絶妙で素晴らしい

ここも素晴らしすぎる

踏切が現れる 大嵐駅から乗った時はここを通過したんだなぁ

逆方向から見る 橋 角度が絶妙でカッコ良すぎる。

再度寄ってみたのだが 休みだったのだ。

僕の五平餅食べたい気持ちがマックスになったので これは今日 五平餅を食べないとどうにかなってしまうなと思ったので 遠回りだけれど 東栄町のとうえい温泉にある フートコードへ走り始めた

東栄町に入る

本郷と表記があるが 今ままでなら本郷ってどこ?だったが

東栄町の中心町の本郷ね と スマホを出して調べずとも 覚えてしまったのだ

大千瀬川 この辺りは普通の綺麗な川なのだけど

ここだけ どうしてこの形になるのか?が不思議でしょうがない

とうえい温泉へ到着

1本 300円かな 注文を受けてから焼いてくれるので 少し時間が掛かりますが とても美味しかったです。

東栄町役場近くの しいたけ販売所 この時間に来たら 完売していた

おばちゃんがいたので 「ここのシイタケ美味しいので 買いたいのですが」とお願いしたら 詰め合わせてくれた

「あんた 2週間前に来て 二袋買っていった人だよね」と覚えてくれていたので 昨日も買いに来ましたと伝えたら 「美味しいでしょう」というので 「美味しいです」と答えたら

作りたての 干し芋 「持っていき」と2枚くれた

モチモチして 美味かった

これも持っていきと ミカン

インナーウェアをウェアの間に入れて出発 

これで500円

東栄駅近くの 野菜直売売り場で 唐辛子を買った

「みかん たべいき」と一つもらえた おみやげに二つくれた

どんどん荷物が多くなっていく(笑)

この景色が気にいっている

手前から国道151号 旧道151号かな 高速入口への道 高速道路

今日のお土産 

走行距離98キロ

楽しい旅でした。

高速乗る前の こんたく長篠で 新城市内で栽培された野菜を買った。

 

東三河地域は愛知県東部に位置し、山と海に囲まれる豊かな自然と都市が融合した地域。農業や工業など幅広い産業が盛んで、2021年3月にはジャパンエコトラックに登録されるなど、アウトドアスポーツを楽しむ人にとって魅力的なエリアです。本年度以下のwebサイトを通じアウトドアスポーツを日常的に楽しむ、東三河ならではのライフスタイルについて、ナビゲーターが体験している様子や、そうした暮らしを実践している東三河地域の方とのトークセッションなどを紹介していきます。

https://higashi.mikawayamazato.jp/