オフシーズン

8日 日曜日

防水財布が出来上がってきたので一言書いて発送

おひとつ 3300円(税込)+送料180円です。
ホームページのお問い合わせ
メッセンジャー
インスタ
ツイッター なんでも構いません

ご住所 記入して メッセージください

ロードレース男子部の仕事も終わって
全日本も勝てて こんなリラックスしたオフシーズンは久しぶり
自転車に乗らないとならない 強迫観念もなく 乗りたくなるまで 待っている状態

食欲も 暴走する事が無く 激からブームが来ているが
毎回腹を下す
 

辛いマーボー豆腐にハマっていて ごま油を使わずに 辛くしてくださいとお願い

案の定 腹を下す

9日 月曜日


発送の仕事して

激辛マーボー豆腐にハマり
案の定 腹を下す

五郎さんは結婚していても 自由奔放に生きていますが 私も結婚したいと
おもっているのですが 相談に乗ってくださいという 人生相談

結婚はするもんじゃないが 一度はしておいた方が良いと思う

今まで 違う生き方をしてきた二人が 一つ屋根の下で暮らすのは 色々と大変だ。

10日 火曜日


ジャージのデザイン
来年のスポンサー 

チャリダーの仕事で東京へ

その前に 東京サンエスさんへ 行き 優勝の報告をさせていただき

新しいフレームの事で 色々と お願いしてきた

2年間のロードレース男子部を頑張った 記念に  朝比奈さんと ツーショット

夜中に伊織君と 帰宅

11日 水曜日

朝から 発送


緩んでいた

チューブラー貼のお仕事

昼飯に煮干しラーメンを食べに行って

 部長コーヒーへ

姉に そのベスト ちいさくねぇか?と言われて 見たら レディースサイズのSだった
ワゴンセールしていて 夫人コーナーのワゴンだったから 気が付かなかった

なんか小さいなぁと思っていた原因が分かった

姉と久しぶりに話した

帰宅して  発送の仕事して


娘と お茶をする時間を作ってる

18時からローラー教室

20時からローラー教室


全日本の時 
チェーンリングが刺さっていたんだけど
痛いわぁ(笑)
防水財布の発送の仕事して 事務仕事

仕事があるのは 幸せな事だ

マスターズ シクロクロス全日本選手権

6日 金曜日
横井さんと共に 4時半出発し 横井さんが亀山で道を間違える
運転変わって 茨木で道を間違えて 神戸で道を間違えて 淡路島へ

部長カーが停まっていて 横井さんに連絡を取って貰い Uターンして のりへいと 藪君をピックアップして
愛媛へ

試走が出来ないというので 歩いてコースを下見

国道56号線に 五郎駅があるので行く事に

横井さんもロードバイクで

四国の酷道439を走った時に行ってみたいと思って以来 こうした形で来れるのは幸せだ

国道56号は走りやすく 五郎駅は無人駅だった

ここは狸で有名な駅らしく 近くには五郎河川敷もあった

のりへいから連絡があり 試走が出来ると・・・・

帰りに 3分250Wをした

試走 3周と決めて走る
チャレンジ ベイビーラムズ 1.6気圧

キャンバーなど 色々と試し

1.5気圧まで下げた

宿へ向かい 横井さんがメカニックをしてくれた

宿はゆっくりとして民宿

野菜がほんとに美味しくて 自家栽培しているらしい
これで8600円は破格

19時半には寝て 3時間後に起きて またストレッチをして 寝たら 横井さんのイビキ攻撃を受けて寝られず

6時半に起床

すぐに便意を催す
野菜を沢山食べた為だ

朝飯

ご飯と 卵焼きのみ
胃から 匂いがすると 嫌だから

便意 2回目
野菜を沢山食べた為だ

試走する為に 宿から自走し

今回チャリダー仲間の リーダーが ピットを手伝ってくれる

リーダーに 先に断っておいた

色々とお願いごとを言うけど レースが終わるまで いちいち「お願いね」と言わないから 許してねって。

池本真ちゃんのピットもお願いした
ライバルであるが 昔からの自転車仲間であるから

横井さんが兄ちゃんの自転車を整備したが チェーンはオイル切れ ネジはギシギシ言ってるしって笑っていた

試走は ベイビーラムズ 1.55気圧

空気圧を0.05下げた

兄ちゃんと試走してライン取り

激上りを降りずに越えれるか?など

3時間前に おかゆを食べた
消化に時間が掛からず 胃に優しく 胃が軽い

便意3回目
野菜を沢山食べた為だ

2時間半前から35分 昼寝した
やる事が無いためだ


撮影 三井君

撮影 三井君
ローラーでアップ
電熱ベストを着てアップしたら 身体が暖まるのが速かった

アップは要らないと感じるぐらい 走り出したかった

モルゲン320を1袋

便意4回目
野菜を沢山食べた為だ

兄ちゃんのレースを見つつ アップ
実走で2分250W

5秒ダッシュ 5秒レストを10本ぐらい

スタートキャッチの練習を10回

準備万端

レースは9番目コールで 2列目
真ちゃんの後ろに位置する

スタート

キャッチは上手くいったが 左を引き上げた時に クリートが外れて ハメたら 今度は右がクリートが外れて
笑った

ここで15番手くらいまで落ちて

河川敷の上り180度ターンで 上から人が振って来て 下まで落ちる

ごめん・・56さんと謝られるが 別に怒らなかった

キャンバーの直線で 混雑していたので 避けたらコーステープが後輪に絡まって タイムロス

誰から 35秒差!!と教えてくれる

夢なら覚めてくれ
もう一度 スタートをやらしてくれと 思った

撮影 三井君

これで 止める理由が出来たと 少しのんびり走っていた。

撮影 織田さん
それが40秒差に広がった

ペダルの バネテンションを緩めたのは 自分のせいだ
横井さんは悪くない
自分が 緩めたんだから

上から人が降って来る場所で走ったのは 自分が悪い
誰のせいでもない

それらを 頭の中で処理したら 頭がすっきりして 追い始めた


撮影 三井君


撮影 織田さん

1周回で 25秒まで縮まり 3周目

石川君 真ちゃん 國井さん 田崎さんの4人に追いつく

けん制しているようで 前を見ると15秒差で オッチーと萬谷さんが抜け出している

先頭は石川さん

4人を抜いて 前を追いかける

兄ちゃんが メガホンで 的確なアドバイスをしてくれる

ミスをしなければいい!
ここのラインは真ん中!
踏め!
落ちつけ! 落ち着け! 56が一番速い など・・・。

ローラー教室の生徒さんの 日吉あいかちゃんと あやかちゃんが応援してくれている
特に あやかちゃんは 階段の上り終わりで一緒にランニングしてくれながら 応援してくれる

大人には 負けた理由を言い訳として言えるが
この子らには 「諦めたらそこで終わり」と言えなくなる
僕が これをやれば強くなれると 言葉に重みを乗せれなくなるのが ダメだと思った

彼女らの前で 勝つと言うのはこういう事だと 背中で語りたかった

撮影 三井君

半周で追いついて 萬谷さんと二人

しんどい
これで負けたも 追いついた時にパワーを使ったからと言い訳が出来る

被せたら 被せ返してくる


後輪と前輪の車輪間は5センチもないぐらい スリップストリーム
少しでも回復させる為に
ラスト1周回の鐘が鳴る

石川君が追いついてきそうだけど 萬谷さんを追いかけた時に ついて来れなかったから
追いつかれても 何とでもなると 思っていた

前に出て キャンバーは先頭で 一番うまく走れたが 出口でミスして追いつかれる


撮影 三井君

声援が 頑張れも多かったが 「56さん カッコいい!!」も多くなった

これで勝ったら カッコいいよな に気持ちが変わった

萬谷さんのミスが目立つようになった

ピット前の階段で 1秒差出来て 置いていかれて 焦ったが すこしずつ差を詰めたが
その先のキャンバーの下りコーナーで ラインをオーバーランしていたので
相当 焦っているんだなぁと思った

その先のコーナーでもミスしている

もう何もしなくても 他っておいた方がいいと思って 放置して 後ろから冷静の見ていた

スプリントは嫌だぁと思っていたが スプリントしかないと思って
ラストの階段の上りも 萬谷さんと同じ位置で上らず 少し外して上り

同じタイミングで県道56号線に乗った 

服部さん撮影


撮影 織田さん

萬谷さんが早めに仕掛けたが 

冷静にスリップストリームに入って 右から抜いた

これは 山中君や 兄ちゃんと スプリントのシュミレーションをした時と同じ
冷静に対処が出来た

夢か現実か?

撮影 織田さん
チャリダーのように再放送は無いよね
現実だよね 夢じゃないよね?と何回も聞き返した


撮影 三井君


撮影 三井君
後ろのカメラマン 笑ってるし


撮影 織田さん
コースディレクターの三船さんと


撮影 シマノ 野寺監督

5連覇です
少し休みます

気持ち

https://www4.nhk.or.jp/charida/x/2019-12-07/11/19422/2157143/

今週のチャリダーは サポート要員で走った ツールド能登が舞台です。

5日 水曜日

全日本選手権前の最後のトレーニング

兄ちゃん 山中君 清水君 の4人

日の出前に 14分走
最初は 7分半 235W 掛からないなぁと思いながら走った

兄ちゃんが抜いて行くので 10秒差を維持しながら追いかけた

6分半 285W

コースを作り 6周回のレースペース

出来るだけ スピードを上げて行く

1周回 320W
2周回も変わらずそのぐらい
3周回で兄ちゃんたちに前に出て貰う
山中君は体調が悪そうだけど 付いて来てくれているので

4周回目で 皆が落ちて来て 「山中ぁぁ! 前に出て来い!」と言ったら 先頭を鬼引きしてくれた
落ちたら 兄ちゃんも上げてくれて 落ちたら僕が先頭に出る

ダッシュを繰り返す

5周回もそんな感じで 出し切りながら ラストへ

兄ちゃんが切れ気味なので 「兄ちゃん!」と言って付いて貰う
切れられるとこっちまで集中力が落ちるし 兄ちゃんも練習にならない

切れても ショートカットしてくれて 先頭に戻ってきてくれる

山中君がアタックしてくれて キツイ所から さらにきつい事が出来るのは 練習仲間がこのトレーニングの意図を分かってくれているから

全日本前に トコトン追い込ますという 気持ちが嬉しかった

38分 302W
良い数字だった

出し切って 何も残っていないがダッシュのインターバル

4本を出し切る

ラスト は兄ちゃんが先行するが 絶対に 差し込んでやると思った

「練習で負けていたら レースで勝てるかよ!!」と 思った

兄ちゃんの背中に手をあてて 「全日本勝とうな」と言った

山中君が 清々しいですねと言った
http://blog.livedoor.jp/sevenride/
トレーニングをやり切った。

誰の為でもなく 自分が勝ちたい為にやり切った

さぁ全日本シクロクロス選手権

ライバルが居るという事を楽しんで もがいてきます


洗車
洗車の新しいアイテムを購入した

来年から 平日 お店を開けようかと思っています
洗車のお仕事お待ちしております

9時に昼飯

塩分が欲しくなって おやつに 出汁を取って 殿様醤油と 茹で卵と そうめん半分

天和さんへ


夕飯


18時からローラー教室

生徒さんの廣田さんは 僕の顔を見るなり
「今年の方が勝つオーラが出てますね」と言う
今年の2回のレースを見てる限り 同情や兄弟など関係なく 全日本を勝つためのレースしている感じに見える

よく見てくれていると思った
そう言われると 嬉しかった

これが40-44歳 45-49歳に分かれていたら ここまでやる気になっていなかっただろうが
石川さんや 池本真ちゃん 田崎君 などが いるから 自分に負荷を掛けれる

やってもやっても 満足しない

やってもやっても 不安ばかりが大きくなる

勝てると思ってやるトレーニングと
勝つと思う気持ちでやるトレーニングは全く違う

18時からローラー教室

20時からローラー教室

終わって銭湯へ

5日 木曜日
1時間のサイクリング

車の洗車
これは楽しいわい

自転車も洗車して メカニック作業


お店のドアも洗った

買物へ行った
腹ペコの時に買い物するのは危険だが 牛肉が食べたくなった


昼飯 ごはんは200グラム


雷太さんから 何が欲しいと言われて「練習したいから DURAのチェーン3本ください」と言ったら
「ゴローらしいな」と言われて ほんとに送ってくれた

明日の準備

練習どれだけやったって 不安ばかり
体力が落ちていく中で 出来る事も限られてくるけど
納得いく練習ってのは 自分で判断するしかない

あとは 気持ちだけだ

18時からローラー教室

20時からローラー教室

ロードレース男子部を見てくれている生徒さんが
僕の発言に対して 面白い分析をしてくれていた

相手を呼び捨てるのは 戦力として認めている

敬称で呼ぶのは 戦力としてみていない 

そんな見方をされていたとは・・・・・。

それもそうだなよなぁと納得する事もある

緊迫している時に 敬称で呼べないし
その場面に居ないから 呼んだことがないからかなぁ。

瓶は

12月2日 月曜日
雨だった
事務仕事して ブログを書いて

中畑さんから頂いた リンゴで ジャムを作る

剥いて

鍋で煮て

レモン汁を入れて

柔らかくなったら ミキサーにかけて

コトコト煮て 水分を飛ばす

10年前の コンデンスミルクが出て来たので 使ってみる事に

なんじゃぁこれは!!!!(笑)

買物行って コンデンスミルクを買ってきて

瓶を煮沸して 消毒

娘のジャムはコンデンスミルク入り
妻には 何も入れてないものを

昼飯

ローラー10分乗ってから 筋トレとストレッチ

夜は妻の誕生日祝い

高畑のタパスさんへ

チャリダーを録画して 流してくれていた


偶然過ぎる(笑)

3日 火曜日

半島1周回をやる

240から250Wぐらいで
疲れはあるだろうから 低めでも構わないが 心拍の上りだけ注意する

155拍を越えて 254Wを維持
疲れているが 疲れているからとやらないよりも 良い

身体を温めるトレーニング

29分05秒 254W 


終わったら虹が出ていた
良い事ある

お腹が空いたので 和菓子屋さんへ

60キロ TSS115

洗濯している間に 今週のご飯を仕込む

野菜

胸肉の 甘酢炒め

昼飯

今週のローラー教室のメニュー作り

今週はポツポツと冬眠から覚めて来た生徒さんが戻って来る 数字を落とし過ぎないで冬を越えてもらいたい

乗鞍が終わってから 生徒さん達が少なくなってない?と桑さんが聞いて来た

来なくなって生徒さんに 聞いてみると
「あれだけ(週一)でやっても 乗鞍が前年より3分しか速くならなくなった」と だから 疲れてしまったと言われた。

デストラの山田君が居る
ローラー教室に来て3年が過ぎた

彼が良い言葉を言った

「石の上にも三年 ローラー教室に来て三年 トレーニングは もう事務作業のような感じです」って

やらないと落ちていくし やり続けるとWも上がって維持出来る時間も増えていきます

僕は良く 火に掛けた鍋で例えるのですが

週一で火をかけて100度にしても 後6日間火を消していれば冷えて行きます
それを週二回にすれば 冷えるスピードも緩やかになり また温度は上がります
それを週3回にすると 週1回よりも良くなり 週2回よりもさらに良くなります

お湯になった温度をどれだけ冷やさずに 温め続けるのは モチベーションです

一回冷えた水をまた上げるのは時間が掛かります

パワートレーニングはしんどいです
でもやった分だけ数字で表れるので それを楽しいと思ってくれればいいですし
上がらないからと止めよりも出来る数字でやり続けていくと 掛かるようになります

それを ローラー教室に来ると 僕が数字を設定するので 掛かっていくようになります

僕もやっているから しんどいけれど 
やっているから やり続ける大切さを教えれます


夕飯

18時からローラー教室

20時からローラー教室

エゴになれ 東海シクロクロスと雷太さん

11月29日 金曜日
羽島まで 車検終わりの車を取りに自転車サイクリング

タイツも2年使えば もう寿命ですが 10000円でここまで温かい
サンボルトは素晴らしい
お礼を言って洗って畳んで ゴミ箱へ

終わって帰宅し 昼飯を食べた

たたらさんに頂いた みりん
これは砂糖が要りませんね
使い切ります

高速に乗って松本へ

雷太さんにシクロクロスの基本の基礎を教えて貰った公園で 淡々と練習した

もう20年も前になるんだぁと 少し懐かしくも寂しさもこみ上げて来た

温泉に入ったり 夕飯のおかずを買いに行ったり

中畑さんちへのお土産は アルコール
おちょこ半分しか呑めないけど 大信州はフルーティーで美味しい

美津子さんが作ってくれた 鍋をつつきながら

夜はふける

11月30日 土曜日

朝飯はいつものミューズリー

車で 明科の長峰荘まで移動して 声を掛けて車を置かせて貰った

19号で明科まで来て北上すると そこはアルプスの大パノラマが見える
慣れ親しんだ場所

オリンピック道路で 10分の240W走

掛かりがいいのか 270W巡行で出来て居たので そのまま維持した

10分 275W

平林功さんに電話を掛けた
「有明山が見える場所に居ます」と言って 家の場所を教えて貰った

山麓線で向かう

場所を聞き間違えて その辺をフラフラして
右折したら 堂城さんが居た
直線していたら 会えなかったから これは運命だわ

功さんの事務所を見せて貰った

ここは自転車仲間が多い
誰か誰かに連絡を取れば 誰かに会える

長峰荘へ 
自転車整備をして バニーホップの練習して温泉へ

パノラマが素晴らしい
入泉料金 450円
全く泡立たない ボディーソープが印象的だった

ロビーでストレッチをして 30分昼寝した

時間が時間なので 結局食べたのは いつものミューズリーだった

まだ時間があったので その辺をドライブ

通った 温泉があったので 再度入った
地元の方と 談笑したので楽しかった


夕暮れを見ていた
レンズが汚い

バイクランチさんの忘年会へ

山本幸平選手とのトークショー

雷太さんがあっての 「今」がある

僕は雷太さんに会うのは 叱られたくてだと思った

この年になって 叱られる事は無い
チャリダーの仕事をしてから なおさら 褒められる事が多くなったが
悪い事をしているわけではないが 間違っている方向に進んでいるのか分からない時がある。
それを色々と 教えてくれる 「方」 と言うのは ほんとに重要だ

カテゴリーは変更しても 今でも 「勝ちにこだわる人生」を進んでいる 五郎は 褒めてあげたい
と 言われて時はこみあげてくるものがあった

雷太さんが 勝ち方を教えてくれて 

皆がキツイ そこでひと踏み出来た奴が勝つんだ

「強い奴は沢山いるが 勝てる選手は一人」という言葉

だから キツイ所からのひと踏ん張りが出来る選手になったんだと思う

雷太さんは僕に 「エゴになれ」 その一言だった

終わって 高速と下道を使って新城へ

丸山さんに頂いた 寝袋で車中泊

快適で 暑かったぐらいでした

東海シクロクロス 新城

平坦メイン 5連シケイン 高速の運動場コーナーなど 3キロのコース

キッズの試走会に参加し 

134さん
大原さんがいたので  色々と教えてもらう

おやつ

レースを見て居たら ステムのネジが緩かったのか?
ハンドルが動いて コース脇で自転車を放り投げていた選手がいたので
アーレンキーを持って 選手の元へ
「ネジを締めるから ヘルメット被ってまた走りな」と

「自転車を投げた事を 自転車に謝りなさい」と言ったら サドルに手をあてて 一言謝った

自転車が悪い訳ではない ネジを締め忘れた自分が悪いし
どれだけ お店の人が締めても ネジと言うのは 乗れば振動で 緩んでいきます

昼の試走は 何度も同じコースのライン取りを試した

フロントタイヤが滑って転んだ
RDが 衝撃で 動かなくなったが この対処方法は

ホイールを外して シフトを アップ ダウンを 繰り返すと動くようになります

タイヤに乗る
タイヤを潰す
サイドを使う

納得いく ライン取りを掴むまで 何回も走った

雷太さんに お前の試走は ただ単に走っているだけ
「試走は 試す走り」と書いて試走なんだ

モルゲンを1時間前から 1本

三本ローラーに乗って 身体を温める

モルゲン をもう1本

2200円のエネルギーは高価過ぎる

15時スタート

スタートで3番手

今日は エゴを出す

兄ちゃんだろうが 関係なく ダッシュしていく
連れて行くとか そんな同情は無くした

服部さん

コーナーもイメージ通りのラインで ダッシュを繰り返す
ダンシングの 振り方も変えてみるが ブラケット位置が左右違い過ぎて ダメだ(笑)

25秒差になったが 
気持ちを切らさないように 最後まで 同じラップを刻めるようにした


もとひろさん 撮影

35秒差になって ゴールした

42分で 良い数字だった

終わって 部長コーヒーのスパゲティ

持ってきた ニッスイの缶詰めも

帰宅して 洗車
車の洗車

洗濯して ハイ 終わり