一人一人に感動を

八月1日 土曜日
5時35分スタート

菱田さんがお見送りしてくれた
いつかまた一緒に走りたいなぁと思った

10秒カウントしてもらったが 兄貴のカウントで少し涙ぐんできた

三本滝まで車でついてきたくれると言うので BBの音鳴りが凄くて 嫌になる
雨の中 走りまくったから BBが逝ってしまったか。


三本滝 20分21秒 230W

6時ゲート開門を忘れていて 5分休憩

そこから 徐々に力が入らなくなり ハンガーノック気味に
朝飯食べなかったからなぁと思いつつ ジェルを飲む

中間地点 34分

位が原 55分

山頂 1時間21分

ペンション乗鞍に戻り  朝飯 お風呂 睡眠10分

9時半に待ち合わせるので 9時5分に出発

まー君と 川瀬さん スタートして 追い抜いて行ったライダーが良いペースだったので追いかける

250Wぐらいで 追いつき 何分で走るの?と聞いたら 1本目は1時間06分だったというので
いけるかぁと思ったが 辛くて切れた

そこからは 自問自答しながら 大雪渓から 追い抜いて行った青年とちぎり合いになり
なんとか先着

1時間29分 183W

まー君たちはすぐに上るというので その青年に声をかけて 待ち合わせる事に

ペンションのりくらに帰り 温泉にゆっくりと入り 昼飯をごちそうになり
30分寝た

2時に出発してスタート地点へ
気が重い・・・待ち合わせしなかったら寝ていた

青年を見つけ 来ないかと思ったと

青年の名前は長君 20代

1時間40分で上ろうとスタート
200Wで揃えて引いていく

一生の思い出を作ってやると言った

山頂から夕暮れの景色は格別だよと言ったら「本当ですか?」と言うので
「自分の目で確かめろ!」と

速くなるコツなどを教えながら指導

なんでこんなに上るんだろうかと自問自答しながら上るんだけどよ
正解がないのが正解で その正解を見つける為に 走り続けるんだよ
だから強く 速くなりたかったら どうすればいいと思う?と聞いたら

「回し続けるしかないですね」と 返答

それが分かっていれば あとは 適当に上らず ちゃんと計算しながら上る事と・・・・。

途中で千切れて 待つこともしばしば

一人で走っていて こんなタイムで走る意味はあるんだろうか?と思ったら

追い抜いていく車のナンバーが 56ー93

「ゴロー君 さぁ?」と 乗鞍の神様に問いだされているようで
彼のもとへ戻った

また切れるので 一人自問自答

前から来た車のナンバーが 56-72

「ゴロー何?」 と 問いだされているようで考えた

自転車に乗るのが好きなんだと 答えが出た

そのあとは雄たけびを上げながら 走った
速度は10キロも出ていないが(笑)

自撮りしている女性のカメラをもらって 一緒に記念撮影

脚が攣っているライダーに 「終わらない坂はない!」と激励

大岩のコーナーで 「自転車が好きだぁぁぁぁぁ!」と叫んだ

ふらふらになって 山頂へ

1時間39分30秒 172W

放心状態な時に タクシーに乗客さんが 「五郎さん いつも応援しています!!」と

軽バンからは 「五郎さん 応援しています!」と声援

また男かよとつぶやく・・・・・・

下山してかれが上ってきたので 一緒に山頂へ

大切なのは 上りきる事だ

上らなかった後悔の方が大きい
 告白してふられれば次に行けるが 告白しなかった後悔は後に引きずると言った

県境へ

彼なりのゴール

一人一人に ゴールがある
いろんな思いを背負いながら クランクを回すんだ

みんな 自転車の好きなんだぁと思った

人のゴールを見て感動するとは思わなかったが 彼のゴールは美しかった


彼はもっと強くなりたいと言った


補給のごみ

夕飯


メンテナンス

 

ノルマ達成

30日 木曜日
こりゃあダメだという脚
健さんと話し合って 明日TTしようと

疲労感なのか やさぐれなのか すべて嫌になってきた

サイクリング 15キロ
乗っていれば 少なからず気持ちはいい

娘とお昼ご飯に部長コーヒーへ
イヤイヤ言いながら ついてきてくれる
4日前から 毎日 食べに行くからねと約束していた

手を繋いでよと言ったら 嫌だと言われたが 人通りが少なくなったら 繋いでくれたが
冷静に考えたら 6年生の娘と手を繋いでいる方がおかしいと思って 繋ぐのをやめた

どんなタレントや俳優が好きなの?と聞いたら 「誰もいない」と言うので

チャリダーに出てる ロードレース男子部の監督さんはどう?と聞いたら
「タイプじゃない・・・」と言われ  悲しむ45歳(笑)
テレビの中の監督は私のお父さんじゃないしとごもっともな言葉だった。

けっこう 女の子にもてるんだけどなぁと言ったら 男ばっかりでしょと言われる始末である(笑)

事務仕事


強くあれ


アクアメニティ工業株式会社さんから
チェーンソーをサポートしていただきました
バッテリーも2個と大盤振舞いで 二ノ瀬の清掃楽しみます
その前に 講習会へ行かないとね

18時からローラー

20時からローラー教室

31日 金曜日

堀田さん 健さん 56の順でタイムアタック

 


蒸し暑いのが苦手なのだ(笑)

今月ノルマの32回上った

タイムは悪かったが 思い残すことない

いざ乗鞍さんへ

羽島自動車へ行き


フレームの塗装を見に行く

乗鞍さんへ

中津川から 19号 境峠


ミノウラのメカニック台をプレゼント


コインランドリー


150円なので この日のために 小銭をためておいた


明日の準備


おんなと言うのは わからないものだ・・・・


意外となくて困るものは ムヒ

20時
乗鞍からオンラインローラー教室

ただいまの気温 14度

寒すぎる(笑)

なんで上るのか

28日火曜日

松本さんと待ち合わせるが 起きれず 待ち合わせ時間を遅くしてもらって 車で移動するが
どうしても眠くて 車中で寝た

1時間遅くしてもらったにもかかわらず 2時間後に起きるという始末

松本さん 心配して 部長コーヒーへ電話して安否を確認して下さったようで ご心配をお掛けしました


楽しい撮影でしたが 気が張っていたのが 一気に緩まって疲れが出たんだと思います
写真で見る限り この撮影に向けて 体を絞って行ったのです
身体が資本ですが 撮影されるには 体も作っていかないとならないですから


雨が多かったのですが カステリの防水ベストのお陰で 雨の中でも快適に撮影が進みました

毎晩 毎晩 晩酌でした

サイクリング50分


遅れてごめんなさい

発送しますね

財布も送ります
ありがとうございます

18時からローラー教室

20時からローラー教室

明日は走れるんかなぁと

29日水曜日

今月 27本上った
31日あるので 31本は上りたい

健さんと待ち合わせる前に1本
身体が重たく 不快指数100%

22分20秒 256W おかしい数字だ 体重66キロぐらいだ(笑)

待ち合わせ場所に Z君も居て タイムアタックするというので後ろにつく

20分23秒 260W

どうして垂れていくのかを指導
Wが落ちていくのと 落としていくのとの違いなどを・・・・。

3本目
健さんを引いていく

22分20秒 

4本目
最初から掛からんが 健さんはもっと掛からないので ゆっくりでも良いから上ろうと

この上りで31本目なんだぁというと それに立ち会うことで出来て幸せですと言われた

25分30秒 202W

帰宅して 洗車のお仕事

マクロレンズと D500の本体は 撮影していて楽しい

細かいところもね

2台目


空気圧が ペコペコだったでの 小柄な方なので5気圧ほど入れておきました
調整してくだいね

18時からローラー教室

憧れた道

高校生の頃 サイクルスポーツ誌を見て いつか走ってみたいと思っていた道を仕事で走れるとは思っていなかった。
楽しんできます。