関東方面へ

金曜日
朝1時間サイクリングしてから 出発
お土産にKAKOのコーヒーが希望と言うので 立ち寄った

兄ちゃんが居て 今年はシクロクロスやらないのか?と聞いて来た
以前 落車した時は もう休みたいと思っていたけど 回復してくると やる気が出てくるもんだけど。

ホイールが無い フレームもすべてないとなるとと言ったら ジャイアント貸してあげると言ってきたけれど
それはそれで困る

1人じゃやらないと思って 「誘ってくれてありがとっ」って後で連絡したら

去年は助けて貰ったから今年はそのお返しってさ。

御殿場まで運転してから今日お世話になる 阿部さんちへ

こーひー 飲みながら 阿部さんのトレーニングを考えた


23年前に知り合って いつか走りましょうとなってから実現した今日のサイクリング(笑)
御殿場の農道をサイクリング 2時間で55キロ TSS90(笑)

お返しにローラー教室
結局は 乳酸閾値をやるだけ


夕飯はご子息と一緒に 海鮮丼を

土曜日
脚が重たい
アザミラインのヒルクライムレース
森本さんと俊介の引きに全くついて行けず 300ワットが辛く 2分で切れた
その後280ワットが踏み続けるけど 30分でプッツンと切れて 53分で登頂

帰りに阿部さんとお昼ご飯を

そのまま川崎へ

1泊5150円 温泉付き

近くの商店街へ
居酒屋さんへ一人飛び込み

刺身三昧

 


マヨネーズはさすがに食べれんなぁ
帰りに定食へ

宿へ帰って すぐに寝落ちした

日曜日

バイクナビの川崎エンデューロ
3時間と2時間の総合キングオブクラスへ

走る仕事だけど ガチで走らせてくださいとお願いしたら快く承諾してくれた。

3時間
六本木エクスプレスの選手が6名

主催者さんには 毎日ブログ見て落車の影響を心配してましたと言われ

レースは 落車明けの高岡が 180度ターンで走るシケインと化していたので
その前に入ったら ゆっくりとスピードアップしたりして優しくしてあげた

ジャーナリストの山健さんが元気。

時折 六本木エクスプレスの選手が入っていない逃げが出来るが 後ろの集団を引いているのは
単騎参戦の選手という 訳が分からないけれど 引いている本人は 逃げを潰す気持ち。
捕まった後に 引いていた選手に 一人で追いついてこれば良いのにと言っても
次の逃げを追う時も先頭を引いている

逃げを潰された選手からも「どうして先ほどの逃げは潰されたんですか?」と質問が来たので
「その選手が引いていた」と言ったら笑っていた

沖縄でもそうだ 皆が高岡のアシストをしているだけだ
逃げを潰すのは高岡に任せればいいのにと思うのだが・・・・・。

結局は高岡に「レースの全てを握られてしまっている。」

このレースで勝つには 山健と逃げるのが一番確率が高い

2時間過ぎて 逃げも出来にくいけれど 皆が疲れてきている

ラスト4周回で 六本木エクスプレスの選手が前で話し合いをしている

「今日の夕飯はオギノにしよう」と話しているんだろう・・・・・。

ラスト3周回で 山健さんが少し逃げ出しているので 10秒ぐらい差が出来た所で
1人で飛び出して 追いついて 引いた
その差は少しづつ開いて行って ラスト2周回の時は15秒差
山健さんが引けなくなってしまっているが これは策略だろうと思ったけれど
山健さんは3時間ソロクロスなので 関係なく引いて行く

5キロぐらいのコースを残り2周回
トレーニングが上手くいってない時は 後10キロか・・・と思うのだが
今日に限っては 「あ~後15分ぐらい FTPで引けば良いだけね」と簡単に考えれてしまう。

山健さんとコーナーの立ち上がりで差が開いたので 追いつくまで待った

集団との差は少しづつ開いて行き ラスト周回で30秒差
集団を引いているのは先ほどが選手であるが彼の後ろには六本木エクスプレスの選手が4人連なっている

高岡が 僕らにグー!と親指を立てて来たので 僕もぐー!と返した。

先頭交代の仕方は 脇の下から後ろを見て 山健さんの前輪が僕の後輪のどちらにあるか?を見てから交代する。
右にあって右に交代したらハスって落車に繋がる
山健さんは ギリギリで着いてきているので 風向きを考えずに彼が交代しやすいようにした。

山健さんを千切ると 六本木エクスプレスの隊列が追いかけてくる。

90%近く引いて 二人で手を繋いでゴールラインへ

山健さんには仕事を頂いているので 次にいただく仕事は先頭交代の仕方だろう・・・

キングクラスの3時間クラスは優勝

表彰式のプレゼンターなどをして準備

2時間は 元気な選手ばかりなので 落車しないように気を付けた

時折 スパーンと飛び出す
高岡がげんきだぁと言ってきたが 沖縄の為に身体を作る必要がある。

キングは優勝しましたよ
2時間は高岡が上手く走っていって 優勝した

TSSとジュールはトータルです

明日のスクールの為に自転車を洗車した
汚いままの自転車のスクールは生徒さんに失礼極まりない
それを見て居た方が 自転車を大切にしてますねと言ってきて。

サイコンを車の上に置いたまま スタートしてしまった(笑)

ノンストップで名古屋を通り越して宿へ

溜まった洗濯をしてから飲み会へ

呑めない酒を少し飲んだら バタンキューで夕飯もほとんど食えず

朝飯をしっかり食べてから実走スクールへ

少し遠出して 食堂へ

焼き鯖に

刺身定食

ご飯を御替わりしたら 隣のテーブルで食べる鯖に味噌煮のタレが美味そうだったので
女将さんにお願いしたら 「あ~名古屋から来てくれるお客さんね」と言って
タレを掛けて出してくれた

あまりのおいしさにお替りしたら 周りにお客さんが爆笑していた

タレ代はサービスしておくから また来てねと言ってくれた

帰りに 車のオイル交換とエレメント交換
ギアの入りが悪いので ギアオイルも交換した

帰宅して ローラーメニュー書いた

生徒さんが使ってないのがあるからと 頂いた

撮影

水曜日
鍼で動けない。
何もすることが出来ない。
起きよう起きようとしても起きる事が出来ないので 気持ち前向きに ひさしぶりの休日と割り切った。

お昼過ぎから走りに行ったけれど 雨が降ってきた
雨が降るなら 早くに走りに行けば良かったと思ったけど 今日はそんな日なのだと帰りに
八百屋さんでバナナを買って 帰宅して自転車の洗車をした

18時からローラー教室

20時からローラー教室


ニッスイさんから EPAのドリンクを頂いたので 一日4本ずつ飲んでみた。

木曜日
4時50分に起きる予定が4時20分に目が覚めてしまった
これはイカンと思い イナーメアイマスクを装着して寝た
EPA恐るべし(笑)

午後からチャリダーの撮影なので 早めに走る

半島で14分 260ぐらいで
心拍が全く上がらなくて 266ワットでサイクリングしていく気分だった

二の瀬へ
タイム計測 17分50秒 311ワット 5.3倍

90キロ走って TSS140だった

撮影も順調に終わって TSS60

17時に前に帰宅して スパゲティを茹でて夕飯を

18時からローラー教室

20時からローラー教室

順調に2日でTSS200が溜まっていっている
沖縄までにCTL150ぐらいにしてみたい。

終わって マットを洗ったら 雨が降ってきた
今日もそんな日だった・・・・・。

回復 練習の繰り返し

土曜日
朝1時間のサイクリングしてからメカニックして日進クエストさんへ
TREKのエモンダSLR DURAのワイヤーからアルテの電動に交換
<


BB90を外して パイオニアのマグネットを内臓する

横井さんに 僕のやり方を教えたら こんなやり方があったのねと言ってくれて

片方をやって貰いましたが 調子に乗って両方やって貰いました

横井さんのお店に弟子入りしたのが2013年9月ぐらい
初めてお会いしたその時に 「将来お店をしたいので働かせてください」とお願いしたが
周りからは 絶対にやめた方がいいと言われていたらしいが
寛大な横井さんはそんな言葉を聞かずに雇ってくれた。

たまにこうして 横井さんの眼下で作業するにも大切だと思う

次回のおやつは ギリシャヨーグルトで

返って ドコモショップへ
スマホが割れて 1週間の入院です。
連絡取れない方がた申し訳ありません。

日曜日
森本練習会
男子部からは文平君
10人が集まり先頭交代をしつつ二ノ瀬へ
乗鞍優勝の俊介が引いて僕は絶対に出ない

森本さんが引いて行って付き位置

森本さんが「男子部が居ないです!」と言うので 知らんわ!と言って進む

15分過ぎで 千切れた 317ワット
19分半で登頂しつつ

その後の果てしなく長い練習コース 走るルートを知っているからなお更長く感じる

後何回 坂を上るんだろうと思うと 憂鬱になる
そういう時は 目の前の坂を一つ一つ全力で上って 終わった時に こんなに超えたんだろうと思う方が良い。

ToJの員弁の山岳賞がゴール
上り始めから先頭で引いて行く
後の事は考えずに引いて行った
先頭交代をしつつも ラスト300mで先頭のまま上げていって 森本さんが着いて来たので
一旦 フッと緩めて休んでからもう一回掛けて 登頂

養老CCの坂は3分半ぐらい
ここは千切られまくった坂だ
先頭で走っていると 近藤が上げていく
先頭は譲らず  上げていって 20歳年下の若者が上げていったので 付いて行って
先頭に出てゴール
3分40秒 370ワット 6、25倍

アップダウンも アタックしたり 自分を追い込んだ

メナードの坂も ラスト400から皆が前に出てこないので 先頭で引いて行って 捲られまくる

牧田川もガンガン引いて行って 追い込んだ

プンペイ君が遅れるので マー君と一緒に 長島へ

香川君に痩せるのは?と聞いてみた
120キロあった体重を60キロまで落とした彼なので 適切はアドバイスをくれた

僕のペダリングを見て 右が上死点に来ると膝が外側に行きますねと ちゃんと見て居る事に驚く。

長島で文平君が淡々と引いた

彼は調子が悪いんだろう。
でも沖縄の距離は彼に取っては未知数
弱くなったわけではなく 「文平君自身はそんなもんだ」と考えれば上に行くだけ
弱くなったと考えるのはネガティブだけど そもそも強くない。

僕は去年走って イメージが沸くから 負荷を掛ける際もいろんなイメージが沸く
ここはあの坂 ここはあの平坦とかね

帰宅して170キロ? TSS330ぐらいかなあ

洗車してすぐに 高山市へ
民宿に泊まった

ご飯のお替りした時の量はおっぱいの大きさに比例するという僕の論文
ざっくばらんな食堂で ごはんのおひつが 女性の横だったので 頼んだら
お替りをしてもらったら 小盛だった。

向こうのカップルは 彼氏が彼女にお替りをお願いしたら 中盛りだったが
その彼女の胸も 中盛り風だったのだ。

ついでに 太ったお母さんのご飯も盛り方は 大盛りだったが
そのお母さんのおっぱいは デカかったのだ。

温泉入って寝た

乗鞍さんでスクール
仕事でレースに出れなくて 走りたい でも荷物は持って行きたくないという関東からの女性さん

3倍ぐらいで上ろうって事でスタート

パイオニアでみる限り僕は 右が100Wとしたら左は85ワットぐらいしか掛かってない
なので今日は左だけ踏んでみようと思った

景色が良い所で休憩

後10ヶ月半
腹をくくって やろうと思った。

かこさんも 出来ない奴に言わないし 僕はやった人間だから。

ここはいい場所だ
雑念が無くなる場所だ
乗鞍さんの事しか考えない場所だ

大岩のコーナーから3.5倍から4倍で走る生徒さん

「なんで私こんなに頑張ってるんだろ・・」という言葉がセンセーショナルだった。

ゴールでは撮影
僕が追い抜く時に 「ごろーさんだ」と一番テンションが上がったらしい。
僕は男にモテる

1時間40分 180ワット

左だけで回すと 右の股関節の動きから来る痛みはない

そもそも 左の筋肉が弱いから すぐに治るわけでなないからなぁ。


使ったギアは11段あったも5枚ほどだけ


頂上で食べる和菓子は美味しかった

40キロ 75TSS

帰りに 千晶さんが上げていた 焼きそば屋さんに寄って帰宅

火曜日
4時50分起きて 5時半スタート


高岡が言うように 補給食も考えた
全粒粉にパンにはちみつをかけて食べた

横井さんと後藤さん

横井さんにはお世話になっているお返しで。

一周ずつ引いた
24分59秒 284ワット
左だけで踏んだら 効率60%と揃った
後藤さんにも左だけで踏んでいると伝えても そんな風には見えないし 綺麗に揃っている
でも僕の中では違和感が沢山あった

アーレンキーを落としてしまい 次に周回で拾うかと思ったら 前から俊介が走ってきたので
「その先に落ちているアーレンキーを拾っておいて」と伝えた

新たな周回に入る時にラップスタートしてしまったので 俊介が走ってきたので その辺に置いておいてと言った

3分を4回づつ
310W
310W
308W 
312W

横井さんは よく下を向く
「下を向いても強くなりません」と言いながら
「前向いて!」
「まっすぐ走って!」となどと 師匠に言う言葉でなない。


俊介らしい ちゃんとした置き方だった

ここで5周回目

後2周回
8分づつ引く 
7分 299ワット

よこいさんには「沖縄勝つんだろ!」と言ったが これも師匠に言う言葉でもない(笑)

次に8分は アウタートップに入れて踏みまわした
7分40秒 305ワット

合計7周回

終わってコンビニ休憩していたら 田中が通り過ぎて行った

俊介が走っていて その後に田中が走って その1号線の先に森本さんが働いているという
不思議な組み合わせを見ていた

帰宅して170キロ TSS240ワットぐらい

帰宅してブログを書いた

僕はヨーグルトが好きでさ

カスピ海も好きだけど 今はギリシャが好きで その作り方は ざるに越して水分を抜くだけ
これは安上がりだった

ホエイの水分とは別々にして胃の中に入れれば同じだけど
ギリシャ 硬い食感が好きなのだ

KAKOさんの鍼へ
身体の違和感を伝える

帰宅して ローラー教室のメニュー書き

18時からローラー教室

20時からローラー教室


レーパン3号 入荷しております
9600円 税込です。

グタグタからのトレーニング


トライアスリートの川谷陽子さん
ローラー教室に来て1年
ハワイ コナのレースへ旅たちました
来た当初でも日本人では年代別トップ
来た当初は 20分160W
一年で20分195Wと1.2倍ほど強くなったんです。
強くなって コナでどのような結果が出るのか?楽しみです。

木曜日
鍼のお蔭か?せいなのか?布団から起き上がれない。
朝飯食べてから 二度寝して 銀行までサイクリング。
雨が降ってきたので帰宅してローラーに乗ろうとしたが もう無理と思って寝た。

昼飯はこってりした物を食べたくなって ナポリタンを作ったが

 

 


もっとこってりとしたモノが食べたくなって ジャガイモとレンコンが冷蔵庫にあったので
カットとスライスして 新鮮な油で揚げた。

ローラー教室前に10分ローラーに乗って

16時からローラー教室

18時からローラー教室

20時からローラー教室

金曜日

マー君と待ち合わせて 半島を2周回

1周 24分59秒 271ワット

3分走を交代して 3本づつ

掛からん(笑)
301ワット 305ワット 305ワット

半島を半分づつ アウタートップに入れてSFR風に走る
240ワット(笑) 60回転
これは 校正がずれているハズだと思ってし直す

役場横で 1分50秒ほどの SFR

40回転から45回転で
318ワット 322ワット 338ワット

終わってから 遠回りして パン屋さんへ

150キロで帰宅

おやつに蕎麦


遠松さんが 鍋と蕎麦とつゆをもってきてくれた

 

18時からローラー教室

 

 


終わって買い物へ

東京はしんどい 

火曜日

6時から1時間20分程サイクリングしてから名古屋駅から品川駅まで新幹線で

チャリダーのスタジオ撮影
終わって 虎屋の芋ようかんと娘へのお土産を買って帰宅

20時からローラー教室

終わって西原さんと銭湯へ

イナーメボールでマッサージしていたらそのまま寝ていた

水曜日

後藤さんとマー君とで半島6周回
全く掛からない(笑)
心拍は160まで上がるのだけど 256ワットで 25分ぐらい

後ろでマー君が きれいなペダリングになりましたねと言われたので嬉しかった

8分途中でハンガーノック

4分 280ワット 
4分 280ワット

2分 300ワット
2分 305ワット
2分 310ワット
2分 304ワット

メニューしている時も 後ろで休む


家族とKAKOさんへお土産

160キロ走って帰宅

すぐに 鍼へ

5.5センチの鍼
中国鍼だと7センチのを刺すみたい
中国鍼は もう気持ちよさを越えて痛いだけ
その痛みが 固まったものを柔らかくしてくれる

KAKOさん 間違えて 肛門に刺しているんじゃないのか?と思えるほど 電気が走った

天和さんへリラックスして 知らない間に寝てしまう 
KAKOさんは 治療メインなので 全くリラックスできないけれども
奥深い所を打ってくれるので 身体は動くようになる

パーキングが開いていたら 食べようと思ったら開いていた

帰宅して30分寝てから会計士さんが来て 色々と事務仕事してくれた

夕飯

18時からローラー教室

20時からローラー教室

小松トライアスロン

土曜日
小松トライアスロンが開催されるか? どうなんだ?とモヤモヤしていたが
レース中は曇り空という予報を信じて ローラー20分乗ってから出発

到着し 説明会

石川県に引っ越した 友達がサポートしにきてくれた。

温泉宿に宿泊して8時間睡眠

4時50分に起きて ミューズリーとヨーグルトにはちみつをかけて食べる

5時40分にトランジットとに預けたTTバイクに空気を入れて行く

風は2m弱いので 後輪はBORAディスクに前輪は BORAウルトラ50mm
タイヤはパンクに強い コンチネンタルのコンペティション25mm チューブラー

路面は乾くだろうと 7.4気圧と高めにした
体重は59キロ

小松トライアスロンは ラン6キロ バイク60キロ ラン20キロ
今年の作戦はこうだ
ランを去年と同じ6分ほどで繋いでもらう

ワット数も高目で走ってみたい
このぐらいのワット数で走るのではなく ギリギリのラインでどこまでいけるのか?と試す

第1ランをトップから6分20秒ぐらいで貰う
トランジットのランが一番の難点だ(笑)

トップと6分半差かぁと 思いつつも ワット数は高目で走る
去年は262ワット 
スタートしてクネクネ道が続き スピードが乗らない
でもアベレージ41キロは維持する
市街地を抜けて農道に入る

ここでローラー教室の生徒さんの 一海さんを抜く
追い抜き際に「ヘイ!」と声を掛ける

国道8号を抜けると 一つ目に峠に入る

集団は団子になっていて 一気に抜かないと 後ろに付かれる
付いて来たライダーには バイクを左右に振って ドラフティングはダメだよと無言の合図を送る

10キロ過ぎで アベレージ41キロ
台風で空気が重い  アベ292ワット 少し高い(笑)
ここから13キロを上る
折り返し手前で前から先頭が降りてくる
その地点を覚えておいて 僕もUターンし その位置に来た時のタイム差は 2分40秒差

アベレージ 40キロ
下りは向かい風に感じるが 終わる頃には 285ワットに下がってしまい アベレージ41.1キロ
心拍も 最大172まで上がるが 平均160から165の間で推移

2個目の上りへ 10キロの上り
市街地が難点だけど アベレージ38キロから40を維持する
ダムの所で 梅さんが居て応援してくれるが
教えて欲しいのはタイム差なので「タイム差は?」と言って通過

Uターンで先頭から30秒差まで詰める
去年と同じぐらいで追い抜けると思った
梅さんにタイム差を教えてもらうが風きり音で全く聞こえなかった。

去年は追い抜かす時に 後ろに付かれたなぁと思いながらも 追いついたが 何もアクションが無かった

先導バイクを目標に走る

後は最後の上りまでの平坦 去年は42キロで進んだが 今年は38キロも出ない
最後の上り500mはほんとにしんどい

ここを過ぎれば 一気に下る
70キロは出るだろうと持ったが マックス68キロ

小松ドームが見えるが ここから少し大回りする

1時間26分ほど 278ワット アベレージ41キロだった

いつも応援してくれる サウザンサマーさんが居たので この笑顔だった。

チームの2位とは2分差で ランナーへ

13キロ地点で捕まってしまって 2位だった

彼にはプレッシャーはあったと思うが 僕は勝とうが負けようがどっちでも良かった
負ければまた来年
勝ってもまた来年という気持ちだから。


敦賀で 女友達とご飯を食べる。
会うのは13年ぶりだけど 全く変わってなかった。
変わったのは 僕がご飯をご馳走出来るようになった事だ。

表彰式よりも女性とごはんが大事な僕である

人の話をほとんど聞かない女将さんだったけど 話は楽しかった。

月曜日は実走スクールなので 家に帰るのも面倒だったので 泊まる事にした
自宅まで40キロだったが のんびり寝たかったから。


魚を綺麗に食べるねと言われる

偉大で尊敬するAV男優に 魚を綺麗に食べる人は 女にモテると言っていた。

月曜日

実走スクール 
平坦70キロ

終わってから温泉入って 食堂へ

中華そばの麺がノビノビだった
調理した人はこれを食べた事があるのだろうか?

こんなまずいのを身体に入れたくなかったので残した
スープは美味いのに残念だった


さんまは美味しかったのに残念だ

帰りにオイル交換して帰宅

メカニック作業で スプロケットの入れ替えして 変速調整
ギアを 軽いギアに寄りか重たいギアよりか?と聞いて調整した。

終わって シュガーのタイヤはり

明日は朝走ってから 東京へ行き終わって帰宅してからローラー教室です。

火曜日午後8時 おひとり空きました
これそうな生徒さん連絡待ってます

撮影

木曜日
ゆっくり寝たかったけれど EPAの効果で起きてしまって ローラーメニュー書いたり

シュガーのチューブラーを貼ったり

これで下っていたと思うと恐ろしい

リムセメントでしっかりと 下地を作る

蕎麦をゆがいて食べる

16時からローラー教室

18時からローラー教室

20時からローラー教室
終わって雑談していたら 遅くなって 寝たので1時ぐらい

金曜日
4時50分起き
もう寒い

後藤さんと横井さんと

掛かるだろうと思ったけど 睡眠時間が短いと 掛からんね

横井さんの2分差追いかける
追いついたら コーヒーごちそうさま追いかけっこ

23分38秒 280ワット
心拍も155ぐらいまでしか上がらず でも淡々と耐えた

合計 3周して 帰宅 99キロ


バイクラの撮影

18時からローラー教室

終わって 小松トライアスロンの準備 頭が吹っ飛ぶ

ゆっくり寝よう

良かったこと

水曜日
今日は掛かるという感じだ。
ツールド能登で
500キロ近く走ったから 疲労はあるけれど ATLは貯まってると感じる

後藤さんとTTバイクで
後藤さんの後ろで走る
2周回目 16.4キロのタイムアタック
3分過ぎで300ぐらいだけど これだとワットを出す走り方で トレーニング内容が違う

第一コーナーでアベ49

追い込もうと思えたのが嬉しかった

何か自分の中でタグが外れた気がしたんよね。

それから305ワットぐらいで追い込む 心拍は疲れがあるからか160ぐらいしか上がらない

トラックが入って 低速で走るので ちょっとダウンしてしまって平均が300ワットに下がる

結果は 298ワット 22分30秒
トラックが居なかったらと思うと 21分台行けたんだろうけど
タイムに関したら ここの自己ベストが22分04秒

今日に関しては股関節から来る 回せない痛みが無かったので
今までの 走りとは違うのが嬉しかった

その後に レオモの才田に送るデータを取るために 5分 110%走

330ワット 5分で ギリギリな感じ

それがこのデータ 後半につれて 数字大きなっていっている。

3分走 2分走に限っては ローラー教室と同じやり方をしてみたら
とてつもなくシンドイ(笑)

帰宅して 120キロ 190TSS

ロードバイクを洗車して 

KAKOさんへ 鍼を

この機具は 当てるだけで緩んでいく感じが凄い

鍼で硬い部分に刺して貰う

先日の松本義肢さんの 時に僕の脚が捻じれていると言うので 硬い部分に打ってもらったけど
足底筋と言うのはほんとに痛んよね(笑)

終わって 生徒さんからステムのネジに事で質問があったから 丁度帰り道だったので寄ってネジ締め

工賃支払いますと言ってくれたけれど じゃぁ蕎麦をくださいとお願いした
大きな鍋ないですよね と聞かれて 無いと言ったら これあげると言ってくれたのは 大きな鍋だった

帰宅してゆがいたがけれど 対流させるだけでゆがいた蕎麦は美味しいこと美味しいこと

大量のお湯でゆがくと美味しい。


18時からローラー教室

20時からローラー教室

今日 同じように 2分走をしましたと言ったら こんな辛い事をさせてのは
怒りしかないって笑われた

僕がしてるから 生徒さんにもやってもらう
生徒さんにやって欲しいから 僕もやる

自分がやっているから 言葉に重みが出てくる

本に書いてある事を やらせるのは誰でも出来るけど
自分がやって生徒さんにやって貰ってることに意味があると思う

怪我をして良かったと思っている
その理由は 落ちる所まで落ちたから
そうすると 今まで下から聞こえて来た言葉が 上から聞こえるようになったから

沢山の方が僕を心配してくれている事に気が付いた
いろんなアドバイスをくれて居る事に気が付いた それに気が付いてなかった。
「それ」を聞こうと思えた。

僕は弱い 自転車に乗ってないとさらに弱い

痛みがあるなら それを取ってあげるというKAKOさん

それと気が付いたんだけど 勝つ事よりも 僕が走る事に意味があると気が付いた事が大きい。

でも勝ちたいから 身体を元に戻したい

ディレクターの林さんにも 「元に戻したいから 何とかしたいから」という気持ちが走りからも分かりますと言われた。

身体は正直で でも自分の意志だけでは何ともならない時もある。

そういう時に アドバイスを聞けれるかでまた違うと思う。

僕はまだまだ強くなれると思った。

ツールド能登は好きだ 400キロも走ると体調が上がる
梅田さんにも 「去年もそう言ってましたよね」と言われるぐらい。
能登から貰うエネルギーは凄い

来年開催されたら ぜひ走ってください
ここはほんとに 凄い土地です。

 

ツールド能登

金曜日
5時出発し 200キロ移動して小松トライアスロンの試走へ

リレーでバイクパート担当
260ワットぐらいで走る
コースは10キロの上りと8キロの上りを含む60キロのコース
1時間28分で走った
レース本番だと 24分は切れそうな感じだった

温泉に入って内灘へ

初心者講習会を開催

終わって成田さんが料理をふるまってくれた

これは太るわなと思いつつ 明日沢山走るからという 緩んだ気持ちだった

土曜日
県庁から輪島までの130キロ
途中の丸山峠でストラバを使ったタイムトライアル。

森本さんも居るので 途中の休憩所からユーターンして参加者の皆さんに手を振りながら戻る

丸山峠 3分で撃沈 ぶっちぎられた

丸山峠を3回Uターンして 参加者の方達を押した

無事に輪島に着いて 夕食会

日本海に来たら 刺身でしょうと思い チャリダーの ディレクターの林さんと二次会へ

そして スタッフさん達と 3次会へ

日曜日

輪島から和倉温泉までの160キロ
途中の 何とか峠でストラバ 7分04秒で329ワット

無事に和倉温泉に着いて 夕飯は焼き肉だった

月曜日

和倉温泉から内灘までの108キロ

途中の0山峠4.8キロでストラバ
弱虫ペダルの若い子を引っ張って 4分で撃沈
唐見さんに追いつかれてしまい落ち込んだ

引いたお礼にコーヒーをご馳走してくれた

このぐらいの女の子が一番かわいいわ

ここでしか会えないライダーと触れ合う事が出来るのが楽しみだ。

無事に付き なにか感無量だった

帰りに 回転寿司で夕飯

帰宅して すぐに寝た

火曜日
何もやる気が起らないが起きて 何かしていた

自宅のエアコン付けてくれた業者さんが僕に会いたいという男性がいると言うので
KAKOでランチ

兄ちゃんも横に座って ゆっくりと話が出来た

その男性に去年は店長選手権勝てたのに今年はどうしたんですか?と聞かれて
落車の影響があってと話したら
兄ちゃんが「年と取ると今まで普通に出来て来た事が出来ないという事に対して焦りなど出てくるんです」と言ってくれた

元に戻すには地味な事を地味にやるしかない
でも 地味にやったとしても いままで勝っていた選手に勝てるほど甘くない
その差を確実にあって 
その差を埋めるには リセットする時期を待って 同じ所からスタートするしかない

なので 早くオフシーズンを迎えて身体を作り直したい

その前に沖縄だ。

綺麗だった


18時からローラー教室

20時からローラー教室


西原さんと銭湯へ

東京

水曜日
始発の新幹線で品川駅まで行き 佐々君と一緒に 日本水産(ニッスイ)さんへ訪問

EPA

こんなに大きな会社と知らなかった

佐々君と一緒に 下総フレンドパークへ

特別ゲストの キング三浦さんと
「げんきだったかぁ」の一言で 色々と近況をお話しした

店長選手権

ラスト5周の 安藤君のシラーと抜け出すのを見ながら 何も出来なかったのはただ単に
脚が無かった

帰りも送って貰いながら 定食屋さんへ

椎名食堂

下総フレンドから1キロぐらいの場所です

僕にスタバは似合わない


帰宅したら届いていると言う笑い

帰宅して ハンドル交換

木曜日
普通に起きて 30分サイクリング

雨なので 妻を会社まで送って行って 耳鼻科へ

天和さんへいき 解して貰った


おやつ

松本義肢さんへ行き インソールを作って貰った

価格は33000円ほどだそうです
納期は1ヶ月ほど

帰りに定食屋さんへ

帰宅して 30分寝て ローラーメニュー書いて 16時からローラー教室

18時からローラー教室

20時からローラー教室


送りましたありがとうございます