何かしら。

土曜日

実走スクール
ダンシングへの移行と 上半身と下半身との繋がりについて

3時間ほど

散髪へ行き 仕事へ

日曜日
新城でバイクナビのお仕事
今回はガチで走る事ではなく パトロールとして

総時間4時間半を走って終了

やっぱりレース会場の雰囲気はいいですね
蒸し暑い中 お疲れさまでした

月曜日

カメラの使い方が分からない
くすんだ写り方になってしまう。

朝40分 20キロサイクリングして帰宅

週末の仕事の準備

昼飯を作る

ハンバーグ

夕飯は作って貰った

少し戻る

水曜日 
何もしたくない いつもの東京出張のアレなんで 気にしないようにしている

ローラー 10分ぐらい

18時からローラー教室


20時からローラー教室

終わって銭湯へ

木曜日
雨予報でも走る

雨が僕の身体を洗い流してくれると思ったから

10分 274W

10分 274W 

意外と掛かって驚いた
掛ける気があったから。

いつも右折する所を 1本手前で右折したら 良いお店を発見

出来たてて美味しかった

55キロ 100TSS

SONY DSC

SONY DSC
SONY DSC

帰宅して 洗車

メカニックの仕事をしてから

ネットで買うのと 大差がないと思って エディオンへ

鈴木さんが居なくて 帰宅

16時からローラー教室

18時からローラー教室

20時からローラー教室

終わって銭湯へ

金曜日
心地いい疲労感でぐっすり寝れた

バナナをひたすらカットして 補充

カメラを再度買いに行って ネットよりも格安で購入出来た

ソニーの5100が小さくて扱いやすかったけれど
実物を見たら 6300の方がメタルボディで 撮影するぞ!って気になった

α7シリーズを手に取ってみたけれど あれはヤバい。
でもカーボンホイールよりも安いんだよなぁと 思ってしまった

昼寝して 358TVさんとYOUTUBU撮影

18時からローラー教室

終わって 気になっていた所を修正して
自重筋トレ

TOKYO

9日火曜日

朝5時起きて 1時間半のサイクリング

硬い筋肉を解しながら走った

伊織君と一緒に東京へ

チャリダーのスタジオ収録

18時のローラー教室のクラスに帰宅が間に合わず すみませんでした

20時からローラー教室

帰宅

7月5日金曜日から8日月曜日

旅に出てきました

430キロ 8個の峠を越えてきました
TSSは550ほど
疲労感はありましたが心は充実しましたとさ

色々とありましたが やっぱり自転車は楽しいと思える時間でした

カメラを落としてしまった
レンズも壊れてしまったので ワイドコンバーターというのを買った

広角が超広角になるワイドコンバーター

最終日は 締め切り時間も何もなく 安房峠をのんびりと走りました

フロントブレーキを多用したので どれぐらいディスクの面が減っているのか楽しみでした

1ヶ月ほどでここまで減りました
でもこの旅で減ったのが殆どだと思います。

帰宅したら旅の原稿を書きました
スラーっと書いただけで7000文字ほどでした。

旅に出る

4日 木曜日
レースも無いし 旅に出たくなり バイシクルクラブの山口さんにメッセージして
電話して 酷道の旅の撮影へ

1人で撮影しながら 旅をする

成田さんちまで 一日で辿りつけるかが微妙な所だ

旅は良い 疲れたら 自転車に乗って旅をするのが良い
またトレーニングしたくなるから

道が通行止めになっていないかの確認作業をしていた

自分の過去のブログを見直していた

相変わらず 誤字脱字が多いが 流れで読めてしまうから 楽しかった

自転車の事ばかりでなくて 5年の月日が 自分の人生ブログのようであり

自画自賛だが 読んでいて楽しいブログだと思った。

5年後に見直した時に 44歳の元旦が良いスタートと思えるだろうか。

30歳で松本から名古屋に戻ってきた時に 35歳で自転車乗っている事は想像出来なかった

35歳で40歳の時に自転車乗っている姿は想像できなかった

40歳の時は 50歳でも自転車乗っているんだろうなぁと 思っていた

55歳で 世界チャンピオンになっているだろうなぁと思う

60歳になっても自転車乗って まだトレーニングしているんだろうぁと思う

明日から また自転車乗って 自分と向き合ってきます

こういう時に書く 酷道の旅は 色々と考えていて それを記事にするから 面白いと思います。

自転車で走って 撮影して記事を書いて お金を頂く

やりたかった事をして それが仕事になっている事が 幸せだと思った


16時からローラー教室

18時からローラー教室

20時からローラー教室

終わってから 装備の見直ししていた

不甲斐なさ

6月26日 水曜日
富士スピードウェイへ移動して ライセンスコントロールに監督会議に出席し 試走へ

頭痛がするが 風邪でも引いたか?

明日が雨予報だけど今日は晴天

サーキットは雨が降るとオイルが染み出てくる

2周回走って 終わり

宿へ移動

ご飯が酷すぎた
全てが油で揚げてある

部屋も鍵もないし 猫の小便に匂いが満載でたまらなく 4泊の予定だったけれど
宿を変える事にした

27日

9時にコースへ移動して ピットで場所どりをして 少し寝た

3時間前から準備するが 空腹で走るように 4時間前にはご飯を食べた

13キロを3周回

雨が強くなり イナーメオイル CXを塗ってから レインジェルを体中に

中畑監督に イナーメオイルの小嶋さんが 付き添ってくれた
何となくこの二人がいつもそばに居てくれる気がした

1周回目は20分ほどで 290Wを維持していたが ぱったりと脚が停まり
2周回目は 応援してくれた方に お礼を言いながら
3周回目は またお礼を言いながら走った
トップから9分半遅れ

何も悔いはない

何とかなると思っていたが 何ともならなかった。

28日 金曜日

宿を変えて正解だった

ジュニアのレースを見に自走へ

色々なイベントを開催していたので 森本さんと参加

29日土曜日
朝飯を食べて 寝た

ローラー10分ほど乗って ストレッチを入念にして コースへ

ライセンスコントロールと監督会議に出たら
広美さんが2位と知り おめでとうを言いに行った

広美さんを見て 声を掛けたら なんだが泣けてきた

広美さんに2位おめでとうではなく 自分への虚しさからか 泣いてしまった

涙が止まらなかった
自分の老いを受け入れてしまった。

広美さんは 僕がTTに出る事で 自分も頑張らないとと思ったらしい。

たとえ どれだけWが掛かっていても 突っ込めない事や 何か 頭の線がプッツり切れないな事が多くて

それを一言で言えば 「老い」なんだろう

それを ここで走る事で 「まだやれるだろうと言う自分への期待感が崩れ去り 不甲斐なさだけが残った」

30日 日曜日

朝はおかゆにしてもらった

コースを1周回して レインジェルを塗りたくってスタート地点へ

1周回目で ビビッてしまい 後方へ下がり 上りで置いて行かれて 2周回目で 後ろから伊織君が来て
一緒に脚きりで終わり

危険と言われているコースで 生き残りまだ走っている選手もいる
僕はモニターでレースを見る側になる

伊織君は 「何も出来なかったぁ」と言うが 「何かしようとしていたのか?」と聞いたが

「下りが 位置がとか」 いつものように言い訳が始まったので

まだ走っている選手が居るなかで 千切れた訳だから 自分の弱さを認めた方が良いし
言い訳を言う方がかっこ悪いと。

自分は弱かった事を認めないと 次が始まらない

しょうこさんは 自分で選手名簿を作ってきていた

エイヤは楽しそうに走っていた

レースは終盤に3人の逃げ

幸也が 横塚の前からスピードを上げて 差が出来る
入部が横塚の後ろに居る時にスピードを上げた気がした

少しでも差が出来るようにという考えかな。

こうなったら 幸也はプロツアーレーサーの意地で引く
入部は勝ちにこだわる

これもレースだし 見ていて楽しかった

何が楽しくてここに来たのか?

来た分かった事も沢山あった

来て良かった事も沢山あった

過去の事はすべて忘れよう

今から出来る事を考えて 前を向いて走っていこうと思った

1日 月曜日

タイヤ貼りの仕事
タイヤは再度貼り付けで

リムセメントでベースを作る


5回 塗って


タイヤにも2回塗って


しっかり貼り付けました

工賃 1本 3000円です

ローラー20分

2日 火曜日
何もしたくなくぼけ~っとしていた


18時からローラー教室

20時からローラー教室


走りに行った

半島で また走ります よろしくお願いしますと言ってから走った

前から 俊介
1周回してから 一言言いたくて 会うだろうなぁと思って 見えてから Uターンして 俊介の後ろへ

付いたら 俊介が「後2分です!」と言うので 号令をした

終わってから 全日本で分かった事は 「若さはお金で買えない」と言う事だ

今 やり切ったと思っても まだやれる

若いうちに体力勝負な事はやっておけよと 言って別れた

80キロ
走ったら またトレーニングしたくなった

帰宅して三島さんとご飯

帰りに 米を買った

帰宅して シクロクロスマシンを整備した


サンボルトの防水財布を入荷しました

358TVさんで 防水財布を500個募集しましたが 今で15個の注文のみです

そんなに待てないから 普通の防水財布にサインしてくれればいいと言われたので
6個入荷して サインして購入してくださいました

18時からローラー教室

20時からローラー教室

ローラー教室に来てくれている若い生徒さんには とにかく若いうちに体力勝負の事はしておくようにと
口酸っぱく言いました。

TT前日に柿木さんに 44歳になって強くなる方法はありますか?と聞きました

その年までやったことがないから分からないけれど

筧君が その年でまだやっているのなら 自分でWトレーニングのバイブルを作ればいいんじゃないの?と

「商機」が見えました

それをやる為に まだトレーニングする意味がある事だし

実際にやってみて 当てハマる事があるしね

55歳越えたら シクロクロスのマスターズで世界チャンピオン

2021年のマスターズゲームで 世界チャンピオン

遠回りしたけれど もう迷いなく 進めるわ(笑)

これからも 色々とよろしくお願いいたします。

150

寝付けなかった
4時に起きて グダグダして5時半出発

6時半前に アイスコーヒーのSサイズのボタンを押して 外を見たら 俊介が通って行った

グイッと飲み干して 追いかけるが どこへ行ったか・・・・・。

1本 走ってみる
10分+1分インターバルでも良いが 走ってみて考える方向で

8.4キロ 10分12秒

意外と速く 280Wで ここから落ちておく感じがして
上げていこうとする気持ちと上げていけない身体のすれ違いがあった

落ち着いて 呼吸をした

18分でやめてしまいたい気持ちになったが 後5分で終わると思った

23分06秒 269W 平凡だった

全日本までに この半島を180周するぞと掲げたが 今日で150周回だった

二ノ瀬を150回と ド平坦16キロを150周回は どちらが苦行なのだろう

目標があれば 二の瀬150回でも上るだろうし
今回は平坦だから 
でも上りでも平坦で練習した居た気がする

帰宅して すぐに洗車して 持って行く荷物の再確認をして 

昼飯 西京焼きが好きだが これは見た目が悪い

10時開店で プラカラーを買いに行って

クリアーレッドを塗って 

クリアーオレンジで完成

カコさんの鍼へ

16時からローラー教室

18時からローラー教室

20時からローラー教室

終わって銭湯へ

考えるよりも本能で

AACAと平田の写真 沢山使いました
毎回撮影ありがとうございます

22日 土曜日
12時スタートなので 10時半には到着
1-1と1-2にエントリーして レースの負荷で距離を乗っておきたい

長野県飯田市で自転車屋さん「ブレアサイクル」をやっている 元チームメイトのザッキー店長が居たのでゼッケンを付けてもらう

全日本に向けてどうだ?と聞かれるが 全く手ごたえが無いと答える

4キロを25周回

マトリックスにKINANと大学生も大勢参加している

KINANの中島選手が 僕の前に入ってきたそうなので 前に入れる

僕の後ろは走りやすいらしい。

5周回目ぐらいで 9人の逃げが出来るが 目の前で 中切れを埋めれず 行きそびれる(笑)

1分半前後で逃げ集団と追い集団

大学生が 一列棒状のコーナーの立ち上がりで きついからか 中切れを起こしておいて そのまま先頭交代の合図を出して切れて行く事 多数

これをレース後に 中島に行ったら 「俺らが指導しないといけないけれど 大きなレースに出て 痛い目に合わないと治らないですよ」と

痛い目とは 中切れ等 をすると 集団に居られなくなると言う意味だろうし。

後ろに下がるなら 前の選手に後ろまで連れて行って居なくなるなら分かる

いきなり何も合図がなく切れて行く。

井上亮君も参加しているが ゼッケンがテープ止めしかしてなくて ぴらぴらしているので 横に来た時に
張り直してあげたが 手の掛かる「子」だと毎回思う

井上亮君が飛び出していて 追いつけずにいたら 比護君が お尻を押してくれたが 追いつけず

1週間前のレースで押したお尻は押し返してくれるとは いつか助けた事は帰って来る

のりへいがレースを見て居たので ボトルを投げて 色々と入れて渡してもらうが
ボトルがベタベタで滑って取れない

渡す時は ボトルをタオルで拭いておきましょう

ラスト4周回ぐらいで追い集団が出来たが 入れず

レースを見て居た ザッキーが 「56は頭で考えすぎて 身体で動いていない」と言われた

100キロ 220W TSS140
トレーニングの方が追い込めている

全く追い込めていない これじゃあ ダメだ


1-2の 文平君の走りを見ながら アイシングして回復に努める

23日 日曜日
平田 100回記念
1000円で楽しめるレースとして 東海地方で愛されて早8年余り
僕もこのレースで4回か5回勝っているが つい最近は 脚が遠のいていた

レース後に 川合和尚に 10年を振り返りながら話をした
その会話とは この10年でまだ走っている選手に居なくなった選手の事

岐阜で活躍していたスプリンターに僕は勝っていた時期もあった
その彼が居ないのはなんで?かと尋ねたら

「平田で活躍できなくなって トラックのみになり それも活躍できなくなって 自転車を辞めていく」

それは外的要因でもなく 結局は 内的要因 自分の気持ちだと言う事

活躍できるから 練習するからでなく 活躍したいから練習すればいいの?と僕は思ったが・・・・・。

100回記念だから 僕は「勝ちたかった」

勝つためには 自分の「タグ」を外す事が必要になる

頭で あーだーコーダーと考えず 身体で感じる走りをしようと思った

ザッキー店長にも言われたよ

「お前は頭で走るよりも体で感じて走るから 応援し甲斐があるんだぜ!」って

とにかく アタックしまくる

シュガーもいるので心強い

2キロを14周回

3周目 立命館大学の2名と ブレッザ シュガーで逃げていくが 追いかける集団はまだ元気

シュガーが切れてきて 今日は夜勤明けでダメな日だろうと思った

第二コーナーの立ち上がりで アタックして 立命の堀井君と抜け出し 後ろから2名が合流して 4名になった

高校生 圭君 堀川君 皆10代

20秒から少しずつ開いて行く

立命の堀川君は 昨日 後ろで押さえに回って 今日は後ろで抑えてくれているチームメイトがいる
昨日は堀川君が抑えて 今日は逃げているという事が分かったし
シュガーのいるから 後ろは抑えてくれていると思うと 後は逃げていくのみ
こういう時に チームプレイをしてくれるチームメイトは頼りがいがある。

少し辛くなったので 1周回 後ろで休まさせて貰った

ラスト2周回で 勝ちを意識し始めるが ゴールスプリントなんで2年ぶりなので やり方が分からんまま
圭君がスプリント開始したら 何も出来ずに切れて終わり

追い込めた

こうしてまだ若い子らと逃げていける事が分かると 今やっているトレーニングは正しいと思った

結局は きついFTP辺りの負荷をやらないと走れないし

20分のFTPを上げて 出せるW数を増やしていくしかない。

また平田に参加しようかと思った
もっとトレーニングをしてさ。

 

 

いつもトレーニング帰りに 良い匂いがするので 寄ってみた

定食屋さんで食べる 中華そばを好きだ

ほんとに美味しい
さっぱりしているけど コクがある

帰宅して90キロ

帰宅して 洗車

24日月曜日

全日本の準備をして 40分のサイクリングをした

明日は最後の追い込みをして 木曜日 個人タイムトライアル

銀行へ行って 問屋さんへ振り込みしたり 事務仕事

作る時間がなかったので 帰りに 生姜焼き定食を食べた

帰宅して 頭がすっきりしているので サザビーを塗った

ブラックから

ゴールドを塗り

クリアーレッド

ハイごっぐの 肩の内部を塗った

18時からローラー教室

20時からローラー教室

終わって銭湯へ

早めに

18日 火曜日
358TVさんと撮影

今回はスペシャライズドのルーベです。

終わって モスでハンバーガーを食べたら 色々と撮影するかとなって2時間程


撮影した所が 丁度 56だった

自宅まで送って貰って なんかぼけーっとした

18時からローラー教室

20時からローラー教室

終わって銭湯へ

19日 水曜日

TTバイク 
今日はコーヒーがとても美味しく感じた

1本目
255W 24分10秒

2本目は テンポ走 とにかく走ろうと思って 気持ちいい速度で走った
26分20秒 208W

アームパットの高さを変えて色々と試す


信号待ちをしていたら 雑草が生えていた
家の周りも掃除しないとなと思った


近鉄線とJR

3本目 最初の高さに戻した
25分20秒 220W 気持ちよく 心拍も上がっていった

99キロ 170TSS

すぐに耳鼻科へ

買物したり たまには家の事をやるかと言う事で
雑草を枯らす


インターマックスの木下さんに 新しいヘルメットを送って頂きました


ローラー教室で酷使した ミノウラのローラー台
ミノウラの営業マンさんにお渡ししました。

これを元に色々と改善してくれるはずです。

18時からローラー教室

20時からローラー教室

終わって銭湯へ

21日 木曜日


AIRFIT  着けてます

後藤さんと走る TTバイク

後藤さんの後ろで動きを見て それらを伝える

引く 268W 回転数75から80ぐらい 心拍が170拍を越えていたが集中出来た

後藤さんのメニューに後ろから見る

きついメニューをやる。
1分上げて レスト20秒を繰り返す
TTバイクとロードバイクとでは Wの数字が違う

1分 310から320の間で上げていく

後藤さんが後ろで号令してくれるのが助かる

7分とレストで 第一コーナーに付いた 上げすぎだ 掛けているから仕方がない

後3本と決めてやる 

これはしんどい TTバイクでやるともっとしんどく
TTポジションを取っているから さらにしんどい

いつもの坂で90秒走をする予定だが 一人でやると ちぐはぐになるので
後藤さんに 90秒付き合ってくださいと言って Uターンをした

90秒 360W もうシンドイが 心はすっきりした

後藤さんと別れて 半島を1周回する

マスターズの全日本だとこれぐらいの Wの試算が出来るが エリート全日本だとまったく なにも手ごたえがないのだ

家に帰ればいいのに 自転車に乗っていたく 家でゴロゴロしても何も変わらないから自転車に乗っていた方が気分が楽だ

まだまだ負荷が足らないと思って 20秒ダッシュ 20秒レストを6本をやる
20秒で 470Wぐらいを繰り返すが 終わっても 心が晴れる事はなく 果たしてこれで良いのか?と
自問自答

まだ時間はある もう1周回走る

何も考えず テンポ走で 200Wぐらい

5分 280Wで走ろうと思っても 1分半したら落ちて行き

「妥協するなら辞めちまえ」という気持ちで 再度90秒走をする

身体がボロボロになっても カコさんの鍼で回復する

身体は回復するが やらない気持ちで自分が嫌いなるなら やった方がいい。

だが30秒 390Wで 四頭筋が千切れる感じになって 気持ちはあるが身体がついて来ない。

おっさんになったなぁと思う

どんなに良い機材よりも 若さをお金で買えるなら 買いたい

155キロ走って帰宅し

すぐにカコさんの鍼へ

足底筋に鍼を打ってもらう


鶴舞にある ネジと工具の専門店へ


5個で1800円
逆ネジの4mmが欲しかった

昼飯

16時からローラー教室

18時からローラー教室

20時からローラー教

終わってマットを洗う

22日 金曜日

全日本の機材準備をして 

使うホイールを洗車して 

右側にもペダリングモニターを装着した


持っている3台のペダリングモニターの電池交換をやった

気持ち的には落ち着いている気がする
電池を交換したり 掃除をしたりして 頭を整理している感じで
レースに集中出来て居ると思う

 

気になっている カントを調整する

来週のローラー教室を書く

昼飯は 山形村の山芋を 胡麻油で焼く

卵サラダが食べたくて 作った

ツールド能登の原稿を書いたり バナナをカットしたりして
意外と仕事をしている気がする

健さんのスクール
チャリダーの番組を見てのとおり 健さんは自転車の乗り方が上手くない

ダンシングのやり方と 大殿筋の使い方を教える

色んな事を考えた遠征

14日 金曜日
東海北陸道経由で高山へ

神通寺へ
朝戸さんにお経を唱えていただいた

高山に来てもスルーする時もあるし 連絡しても時間が合わなかったりとかもあるけれど

何かしら感じるモノがあって お経を聞きたくなった

娘が11歳になって 自分は成長しているのか?を 車を運転しながら考えていた

僕の腐って心は綺麗にならないが いろんな話をして 心が整理された気がした

乗鞍さんをはしろうかと思ったが そんな気分で無くなった

松本のプラモデル屋さんへ 

プラカラーを買いに行く

30キロ走って終わり

中畑さんの奥さんの仕事場で勝手にメカニック作業して 鍵を借りて 中畑さんちで 洗濯と昼寝をかました

群馬へ移動して 温泉に入って明日に備える

15日土曜日 

群馬CSC プロツアー交流戦

朝から しっかりと雨 気温も低い

6キロを30周回

1周で 心のブレーキが掛かって リタイヤした

去年の突っ込まれて落車してトラウマなんだろうか
その後の仕事に大穴を開けてしまったので 色々と考えてしまった

僕はこれで稼いでいるプロレーサーではなくプロサイクリストだ。

昔は雨のレースは大好きだったけれど 色々と考える事も増えた

弱虫ペダルのテントで 大場と唐見さんとでローラーに乗った 1時間程

群馬CSCという山奥の会場というのもあるだろうけれど
観客は数名ほどと 関係者のみ

東京から 観光バスを出して 観客を呼ぶことはできないのか?と集客の事を考えていたが
結局は 自分たちが楽しんでいれば良い訳で これはこれで仕方がないのだろうか?

マウンテンバイクの CJだってそうだ
ほんとに観客が居ない

武居そうさんが言うように選手一人が5人のファンを作って見に来るように働きかえれば
盛りあがるんだろうなぁ

YOUTUBUで プロツアーの放映をしているけれど 7000人ほどが見ている

サグワゴンが最後尾で回っているけれど 観客を乗せてコースの見どころをバスのように使う事は出来ないものかと? 思ってしまう。

さぁ帰ろうかと思ったが 明日のE1のレースもエントリーしてあるという

E1のリーダーはイナーメの比護君

比護君と一緒に泊まろうかと思ったが 雨予報なのでやっぱりやめておいた

うどんを食べていて 天気予報を見たら 曇りになったので
昨日の宿を予約して 走る事に

10時間ぐらい寝た

16日 日曜日

体重増加なので 自走で向かう

上りで身体が重たい

6キロを12周

リーダーチームなので 先頭で並べた

比護君をアシストする

2周回目に入る時に 直線で 轍にハマって落車が発生した模様

比護君が巻き込まれていないか? 後ろを見て確認したら 「居ます!」と比護君

イナーメの若い子は そんな事お構いなく アタックしていったが(笑)

下りのヘアピンが濡れていて怖い
無理をしないが 中切れを起こし気味で 直線になったらスプリント気味で走ったが
入ってくれる選手も居て 彼に追いついたら ありがとうと言った

中里君と 山中湖チームのフランス人が アタックしていって 5人ぐらいが逃げているが
3人を残して落ちて来た

先頭に入ったチームのチームメイトが 追い集団で ローテーションに入っている

なんで 脚を貯めないのか?分からない動きだった

僕なら 僕の前で追いたいメンバーを回らせて 追いついて来たら アタックして前に追いつくように備えるが チームプレイは 邪魔するのではなくて 集団を疲れさす自分はしっかりと休み次の動きに備える事だと思う。

心臓やぶりの坂を終えて 直線で後ろで落車
前を見てないからだろうし オールアウトで上って 前を見て居ないんだろう

それがあって僕は集団内で
「みんな前を見よう 明日は仕事だ 落車しないようにしよ!」と言ったら 周りの選手が
「おーっ!」と言ってくれた

それで 殺気立っていた集団が 我に返ったと思った
「レース後に あの声の掛け方を56さんらしくて良かった」と言って貰えた

比護君が心臓坂で遅れ気味になったので お尻を押して 坂を上った

今出来るアシストはこれぐらいしか出来ない

最終回で 下から上げて終わった

30位ぐらい

心拍181拍まで上がったのか?


自転車外積みなので STIにラップを巻く

温泉に入って比護君の運転で中畑さんちへ

僕は 気分が悪いので寝て 比護君が 背中をマッサージしてくれた

娘の誕生日だったが 帰れないので電話した。

娘へ「生まれてきてくれてありがとうね」と言った。
その意味は彼女が子供を産んだ時に分かるだろう。

不思議なもんだ 
娘を仕込んだ部屋から娘へ電話しているというのは(笑)。
2007年乗鞍チャンピオンクラス2位の時の遺伝子が入っているハズだから 良いスポーツ選手になるハズなんだが・・・・・。

夜中に起きて お二人に挨拶して 名古屋へ帰宅した

17日 月曜日

朝から見積書を書いて BBの交換作業をした

これで音鳴りは治まるだろうと思う

落車して怪我をしたら 自転車はお金を掛ければ治る

買物行って 昼飯

ジャージャー麺を作った

ローラー教室のメニュー書き

来週は 月曜日 18時と20時から
火曜日は 16時 18時 20時(満員)です

1時間のサイクリング
音鳴りが治っていないというので 再度持ってきてもらい
音鳴りがする時は消去法で進めて行くが

ペダルをしっかり締めたが 外してみたらグリスが殆ど入っていないで たっぷりと塗って締め込んだら
音鳴りが治りました

BB交換3000円です。

 18時からローラー教室

汚れた車を洗車した

頂いたプラモデル ありがとうございます