忘れていた事


ミノウラのスマートローラー 「神楽」 が入荷してきました。

2台は行き先が決まっておりますが 1台は販売出来ます

欲しいと言う方はメッセージください
価格は 108000円(税込)です
よろしくお願いいたします。

14日 木曜日
15分寝坊で起きる

1周を270Wで走って 2本目はクリスクロスで走ろと計画

スタート前にコーヒーをのんでから出発
レジに立つと いつも注文する コーヒーSサイズを持ってきてくれる。
そういう事をされると 常連って感じかぁ。

コンビニを出ると ザックさんが 居た
途中まで 引いて行く

290ぐらいで6分
進まない ローターでも擦っているんだろうか?と思えるぐらいだった

一旦やめてから 再度と思ったけれど そのまま。

271Wでずーっと維持

左でとにかく踏む意識

26分30秒 271W

いつものコンビニで休憩しようとしたら 昭和の女がいたが 僕が鼻水を垂れているのを見て

「鼻水拭いて コーヒーでも飲みなさい」と 200円をくれた


タバコをふかしていた じいちゃんが

「この自転車3万円したんだよ」言ってきたので

「僕のは2万円ですよ」と言ったら 俺の方が速そうだと言われた・・・・・。

クリスクロスをやる
最初の20秒間を330ぐらいで進んで 270Wを維持しようとしたが スカスカで 落ちていく

一旦 止めた

このまま帰るかぁと思うのが いつもの僕だけど

今日は 日曜がレースだし 自分のトレーニングも最低限出来てないのに 「その先」が見れないと思って
やれることからやる事に

先ずは10分で265Wで もう1本

10分が終わったら その先の「5分後の未来」を「想像」するようにした

10分まで 265W
この先の5分後も あの辺りを265Wで走っているイメージを持つようにした。

5分後の 15分で 265W

また5分後の265Wで 23号のアンダーパス手前を走っているイメージを持つ

20分 265W

アンダーパス手前で 涙が出て来た

自分で自分をコントロール出来ている事と 単純で単調なトレーニングだけど
それを一人でやれている事に。

後 6分 これを回していくだけ

25分 265W 心拍は157拍ぐらい

5分後に コンビニで コーヒーを飲んでいるイメージを想像した。

26分35秒 265W

人とトレーニングすると 頑張っている姿を見せる為に走っていたと思う

ロードレース男子部の監督として 先頭に立って 走ると言う事とかで

自分に勝つと言う事を忘れていた気がする

僕がヒルクライムを始めた理由は いつも負けっぱなし人生で 母ちゃんに 「自分に勝ってきなさい」と
言われて始めた

数字は低いけれど 久しぶりに自分に勝った気がした。

レースに勝つ事よりも 自分に勝つ事をしないと勝てなかったなぁと思い出した


貰った200円で肉まんを買ったつもりが あんまんだった・・・・。

60キロ TSS 140

帰宅してすぐに 体育館へ

スクワット 105キロ 10回 腰が砕けそうなので95キロを10回にして

上半身を入念に。

かこさんの鍼へ

イナーメオイルの CXと レインジェル


パイオニア クランク送りました


母ちゃんが 娘へとあんこをくれた

10分寝る
そういう時は このイナーメアイマスクが便利ですよ
イナーメオイルの通販コーナーから買えます。



16時からローラー教室

18時からローラー教室

20時からローラー教室

終わって銭湯へ

15日 金曜日
朝1時間走る

輪行の準備
持って行く物

ディスク用に必要な カニメ

予備のスルーと エンド シートピン周り


昼飯


夕飯

一眼レフを久しぶりに使ってみた
使い方を忘れてしまっている

シーコンは クイック用なので ディスクのエンド幅は短いし スルーではないので 固定も出来ない


こんな風に止めても良かったのだけどね(笑)

 

固定出来ないなら 固定出来るようにすればいいじゃないかと(笑)

 

幼馴染に来てもらって 12mmのドリルで穴を開けてもらい スルーアスクル対応にしてもらい

左右6mmづつ足らないので 内径12mmのアルミ径を切ってもらった

でも片方12mmでも良かったかもね

これでホイール4本入れて 空気入れも入ってます。

この作業は 保証がなくなると思いますで ご注意ください。

色々と

12日 火曜日
足が怠くて寝坊
誰とも待ち合わせしてないから 起きられない気がす・・・・・・。

朝食はギリシャヨーグルト風200グラムにミューズリー50グラムとコーンフレーク40グラム はちみつ10グラムを混ぜ合わせてる

出発し 足が軽くなるまで軽く回した

270Wで走れればいいかなぁと思って走り始める

今日のトレーニングで意識する所は

※ 左でペダルを踏む事を意識する
※ 引き上げるとか 考えずに 左右同じように1時から4時まで踏むだけを意識する
※ 左を意識して 疲れてきても 「それ」をズレと思わず 筋力が足らないだけと考える事

第一コーナー 12分30秒 265W
向かい風な感じになってWが掛かる すこしづつあがっていって
右が大殿筋から膝が外側に行かないように 左をとにかく意識する

これで大体 50対50で踏んでいて 効率も65%ぐらいと揃ってくる。

左の数字が右と同じぐらいになったら そのペダリングをひたすら意識する

右の大腿四頭筋が張ってきて 疲れてくるが 辛抱していると すーっと進んでいくようになる

でも身体が感じる違和感はもの凄いのだが パイオニアのW計が表示する左右の効率やW数は
揃ってくる。

これが僕の 数字から見える左右が均等なペダリングかぁと感じるが 身体の感覚は かなり違和感がある。

数字と感覚をリンクする 

僕が生徒さんに いろいろとポジションを変えて 「聞く」のはこのことだ。

26分15秒 271W 心拍は何も痛みがなく最大の95%まで上がったから良いのではないだろうか・・・。

サイクリングして 峠へ

女性のトレーニングを後ろから見るスクール

ダンシングで2分走なのだけど 立ち上がって 足だけでWを出していて すぐに足がいっぱいいっぱいになる。

ダンシングは 軸を作っ自転車を振る事を教える

そうこう教えていたら 峠についていた

帰りに 卵どんぶり 卵大盛で

これで600円

みかんをくれた
定食屋の御夫婦が いろいろと質問してきてくれて 楽しかった

この自転車いくら?
120万円ぐらいですというやり取りで。

車は何乗ってるの?と聞かれ 「3万円で買った 軽自動車です」と言ったら 

「あれが120万で 車が3万円か(笑)」って感じで。

人の価値観って分かんねぇなぁと タバコを吸いながら 笑っていた。

帰宅して118キロ TSS 150
すぐにウェイトへ

珍しく ラックが空いていて すぐにスクワットを

しかし 視線を感じるのだ
誰だろうと? 鏡に映る視線を探すと 競輪レーサーパンツを履いた方を見つけた。

65キロから始めて
85キロ 95キロと上げていき 105キロ 2セット

上半身も積極的にやっていたら その方が ごろうちゃん!と話しかけてきてくれた方は いつもレース会場で 気さくに
話しかけてくれる方だった

防水財布はまだ売ってる?と聞いてきてくれて

ちょうど サンボルトさんから 作らないか?と相談をうけたところでした。

ピンクの生地に 56マークを入れて 3500円ぐらいで販売したいと思いますが
最低ロット500個数なのが 悩みどころです。

16時からローラー教室
高校生が また来てくれた

10分 240Wはできませんと言うので 大丈夫出来るからと言ったら 10分 243Wをやった

出来ました! どうしてだろうというので 「お金を支払っているから」と言った。

ズイフトはお金を支払っても リセットすれば 元から始めれる
でもローラー教室は 待ってくれない。

同じ時間でも 取り返しのつかない時間と 取り返しが出来る時間の違いだと思った。


うちでチューブを購入してくれたら ラップで包んでから渡します
そのままの状態で サドルバックや ツールボックスに入れていると 擦れて パンクする可能性があるからです。


18時からローラー教室

すべてを任せてくれる生徒さん 
なので 勝手にいろいろと ポジションをいじります。

TTバーの握り方 を指導
こう握ると 力まずに バイクコントールがやりやすくなりますと。

トライアスリートは バイクに無頓着な方が多くて 良い物は良いけれど
何が何でも DURAACEが良いとは思いません。

この方も シフトはデュラが良いといいますが 僕がアルテグラで十分と言います。

練習するなら アルテグラで スプロケットとチェーンを早めに交換した方が 気持ちよく練習出来ます。

それと 速くなりたいなら ローラー教室に来て下さいと 言います。

軽いパーツを使っても 走らないと速くはなりません。

ここはデュラエースのパーツが良いですよとお伝えするパーツは ブレーキアーチです。
それと ペダルかぁと思います。
後はチェーンかな。


20時からローラー教室

13日 水曜日
雨が上がっていたが路面がぬれていたのでズイフト


30分ぐらい回していたが


レースに参加してみたが スタートと同時に6倍近く掛かって レスト曜日では無理だった

Aクラスは無理で Bクラスから始めてみよう

3000キロ近く乗ったのでチェーンを交換

日曜日はレースなので 持っていたけれど 使っていなかった DURA.

アルテで十分だと言っただろ!という突っ込みは 無しで。

レースを沢山出る方ならスプロケットはアルテグラで十分
距離を走る選手は アルテグラで交換時期を早くしていく方が 気持ちよくトレーニング出来る

10時開店のスーパー銭湯に11時に行ったら おじいちゃんたちが沢山いた

20年後は こういう身体になっているんだろうか?と思ったが
温泉にのんびり入っているからと健康か?と思った

テレビがあって 5秒先も幸せだと思う事と 言っていた

5秒後でもそれは未来

5秒後に僕は何をしているだろうか?と考えて 5秒数えてみたら 湯船に入っていた。

1分後に何をしているんだろうか?と考えてみたら
お風呂に入っていたいと思うなら 疲れているんだろうか?と思う

でも 1分後もお風呂に入っているのは馬鹿らしいと思うのなら  疲れが取れたと思うだろう。

落ち込んで 何もかもが上手くいかない時は 何もする気が起らないけれど
元気になれば なんであんなに落ち込んでいたのだろうか?と思う。

18時からローラー教室

20時からローラー教室

神楽のスマートローラーがどれぐらい静か?なのか?の 試乗会をしました
騒音問題はクリアしていたみたいです。


在庫過多です。
5000S 25C WO 買ってください!

  

堕ちて上がって 

8日 金曜日
100キロを目指して走る
メーターは見ないで 気ままに

でもいつもの平坦半島へ来てしまい 元気村をぐるっと回って 帰宅

99キロ TSS120 

メカニック作業
パイオニアの新型 930なのだが 薄くなったとはいえ サーベロに取り付けると チェーンステーに
擦ってしまう
BBの締める部分の幅の厚さにもよるだろうけれどね

9日 土曜日
男子部でメニュー走
6分づつで先頭交代して走る

4周回走って から 2分走で交代し 1分半走もやり終わり 105キロほど

6分 281W
6分 279W
6分 301W
6分 302W

2分 320W
2分 321W
2分 320W

1分半 330W
1分半 330W
1分半 321W
最後はカスカス

伊織くんが 120キロも走ったと言った
彼にとっては120キロは「も」なのだが 僕からしたら 「120キロしか」なので
シュガーが走るというので付いて行くが 一人で黙々と走りたいと思って 離脱

二ノ瀬方面へ向かうが お腹が空いたので 定食屋さんへ


56と呼ばれたのか・・・。

お腹がいっぱいになったので 昼寝して 

ソフトクリーム食べて元気になったから

橋の上りでもがいた

180キロ TSS250 

ANT+のドングロを エディオンへ買いに行ったが 売っておらず アマゾンで注文

10日 日曜日

昼過ぎから雨予報なので 走る

さとちが走っていると思ったから 平坦半島へ行くが 合流できず 帰ってきた

寒くて身震いしてきた

44キロ TSS 50

自分がめんどくさい

人と会うのがめんどくさいと思ってきたので ごはんを食べる予定があったが

相手に 迷惑を掛けると思って 中止にさせてもらった

相手が嫌な訳じゃなく 自分が 自分にイライラしている事が嫌になってくる

このまま 停滞し 落ちて行くのか?
それを打破する手はないのか?と 色々と模索している

ひたすらに横になって 本を読んだりしていた

落ちる期間が 半年から1年とかなら問題だけど 1週間とか1ヶ月とかは 普通にあると記事で読んだ

これではいけないと思って 煮干しで出汁を取る事に


涙がちょちょぎれるぐらい 美味かった

11日 月曜日

羽島の堤自動車さんへ 用事があって行ってきた

帰宅して 昼飯食べて 昼寝した

外は雨が上がって 爆風

こういう時に ディスクの走り方を 身体に覚えさせておきたいとおもった

左脚でペダルを感じながら しっかりと踏み下ろす事を意識した

脚がここ2週間で感じたことがないほど軽い

これは掛かる脚だと思った

10分走 爆風の為 53X11が100回転(笑)

第一コーナーまで 9分36秒だった(笑)

レストして 1分半走X4本

チャリダーの林さんが 2分走よりも1分半走の方が 効果的という事を 仕入れてきた

色々と 情報量が多くて 頭でっかちとは言っていないが あれこれと情報が多すぎますと言った事は確かだ

1分半なので FTPの120%以上でやる

爆風の向かい風

1分半 350W
レストは2分
1分半 350W
レストは2分
1分半 350W
レストは2分
これで最後だ!と気合を入れて 
1分半 364W

でも これで最後だ!と思うと パワーは出るのが不思議だが
ここからもう1本と思って 掛けたら どのぐらい掛かるんだろうと思った

最初の30秒は 420W
そこから1分は 350Wで終わり
なんだ意外と掛かるじゃないかと思ったから
次は 1分半をやるなら 1本目から 360Wぐらいをやらないと しっかりとしたトレーニングにはならないなぁと

気持ちがすっきりして帰宅

56キロ TSS 118

結局はレストの時も10分とか5分とかのローラーじゃなくて 1時間でも2時間でも乗った方が
僕には合っていると思ったから ズイフトは良い遊ぶ道具になるだろうね。

ドングロが来たので 健さんが来てくれて ズイフトへ連動

1500円の月会費
支払ったら 後はやるでしょうって事で

パイオニアのキャンペーンで 2台ご注文ありました
仕事を与えてくださってありがとうございます。


チューブラー貼り


昨日 10粒飲んだら元気になった気がする

食わず嫌いは食ってからにしよう

5日 火曜日

4時半に起きて ローラー10分乗って 始発で名古屋駅へ

チャリダーの撮影で 東京へ

待ち時間にズイフト

やらず嫌いだったが やってみたら楽しかった

これは色々と商機ありだ。

帰りに新幹線は いつも憂鬱になる

思い切って グリーン車に乗って帰ってきた方が 身体が楽だろうなぁ・・・。

6日 水曜日

後藤さんと走るが やはり脚は怠いまま

後藤さんは このコースで240Wを出した

クリスクロスの効果で 数字が出るのが楽しかった
爆風でタイムは同じだけど この向かい風でこのタイムは凄い

僕は5倍で一本
追い込みたかったが 11分で 第一コーナー 294Wで 撃沈していき ストップ

後藤さんに引いて貰ったがこれではいかんとおもって 先頭を引いた 10分 264W

後藤さんのクリスクロスを後ろで号令をして 帰宅


100キロ TSS 145

落ち込む


昼飯

弱音を吐きたくなったので 小嶋さんに吐いたら 楽になった

16時からローラー教室

18時からローラー教室

20時からローラー教室

7日 木曜日

路面が濡れているから 寝たら 11時だった


パンクしたタイヤ交換
しっかりと貼り付けて取るのが大変だった

ローラー 15分

乗れば身体は動くのだけど そこまでが遠い

お風呂と一緒で 乗ってしまえば後悔しないのでだけど そこまでが遠い


昼飯

でも仕事30分前になると 仕事は好きなので スイッチが入って 楽しいモードになる


関西から高校生が春休みを利用して回しに来た

確認の為のローラー教室

トレーニングノートを見せて貰ったが しっかりと書いてあって感心した

16時からローラー教室

18時からローラー教室

20時からローラー教室

終わって 西原さんと銭湯へ

ミノウラのスマートローラー 神楽が来た

これで明日から ズイフトだ


1日10粒に戻してみよう

ふがいない

1日 金曜日

少し多めに寝てから 掃除のスイッチが入ってしまって 片付け

昼から健さんのコーナーのスクール

スラローム

背の高い人のコーナーの曲がり方が分かったような気がする
重心を下に持ってくるというのはこういう事か?と。

サイクリング

帰宅して レースの準備

2日 AACA TTと1-1

TTはまぁ順当というか

パワーの出し方を忘れてしまった(笑)

ギアが踏めていないですよね?とキナンの石田監督

パン屋で買ってきたパンを3個食べて 1-1 5キロ 20周回

伊織くんが 今日の作戦はありますか?と聞いて来たので 「事故無く完走」

エントリー90人と多いので 最前列に並ぶ

スタートして 山本ゲンキ選手と伊織くんが スタートアタックしていった・・・・・。

伊織くん 完走出来ず
「何とかなるではなく 自分の実力を把握しないと いつまで経っても 完走出来ず 次のステップに行けない」

今日は完走

落車があって 目の前だけど ディスクブレーキなので 難なく止まってしまった

処置を使って 集団の最後尾へ

砂利道の入っても無理してでも前に上がっていった

その砂利道で サイドカットでパンクし ハッチさんに ディスクホイールを貸して貰った

IRCのチューブレス 28Cだったけれど 人生初めてのロードでのチューブレス

完走

89キロ 
平均ワット 195W 
NP 205W
TSS 125
カロリー 1500カロリー

と普段の練習よりもW数は低いけれど
5キロのコースでは 3回 フルダッシュがあるので それがキツかった。

そのダッシュも 前走者の後輪の内側に入って 遠心力を使いながら ダッシュしていくと少しは楽になれる。

1-2に出ている 文平君の走りを観察

ダッシュの時に前走者と間隔が空き過ぎて ダッシュする時間が長い

同じコースを8周回もするのだから 毎回同じ ミスをするのではなく
どうしたら 少ない力で 走るか?というものを考えないと いつまで同じことの繰り返しだよ、

帰りに温泉に入って帰宅


買物


アマゾンで安かったので買った

身体の内部の動きをイメージしやすい

フロントのローターを160mmから140mmに変更

3日 日曜日
雨予報なので 森本連は自己連に変更

俊介が 集合を掛けていたので 参加させて貰った

19分 40秒  俊介の 「ゆっくり走りますから走り」で インターバル的な上げ方に13分で切れた

二本目は
20分ぐらい
70回転ぐらいで走るのが心地よかった

落車をして送って行った子が先頭を引いて行くが きっちりと引いてくれたが 16分で切れて
19分半ぐらい

三本目は ゆっくりとはしって 22分30秒

帰りに 温泉入って帰宅

4日 月曜日

ローラーメニュー書いて 雨なので妻を仕事場まで送って行って買い物へ

ローラー20分して 肩の筋トレして カコさんの鍼へ

肩の筋肉が付いてきたけれど 一部分だけだから と言われた

固定する感じで乗っているから それだろうなぁと思った

夕飯はサーモン

明日は東京

頑張ろう

自転車レースをやっていない女の子から ファンメールを頂いた

ホットケーキの作り方が参考になりましたと。

家族へ 作った


ホットケーキの粉は こしておくと 玉が無くなって 綺麗に混ざります

白砂糖も こしておきましょう

卵白もこしておくと 綺麗にあがります。

焼いている時間に 洗い物をしておきましょう



粉砂糖を振って いただきます

教える難しさ

2月は 2230キロだった 


レックマウントが届いた
ユーチューブの動画関係なのか。

自分で買って 使っているから これは嬉しかった。
でもタダで貰うほど怖いものはない

スペシャの動画も 好きなように喋った。
貸し出しだしで 良い事ばかりいうのも良いけれど

本音で言うのも良い事だろうと思ってさ。

店ではスペシャを取り扱っていないけれど スペシャで働いている 宇田や 佐藤修平さんには
昔 お世話になった事があるし
お店を開業している 昔からの自転車仲間の店で スペシャを取り扱っていれば
それが売れてくくれば それでいいんじゃないのと思う

僕の店は特殊な営業で

乗る事が仕事だから その活動費を捻出する為の お店を開業している。

だから 自転車は 道具としてみている。

たまたま乗りたいのが ターマックだった。

ローラー教室の仕事をしている夢を見た

タイムをカウントダウンし忘れて 杉本さんに 「はい!」という声で何回も起きる

そんな夢を見続けて起きては 寝て 「はい!」と言われながら また起きるを続けながら3時ぐらいに目が覚めた
起床時 58.9キロだった

何か身体からエネルギーが湧いてくるような感じがした

でも車に自転車を積んで移動

土日2日間で走ると 昨日は200TSSだったから 今日も掛かるハズだと思えてしまう。

廣田さんと走る

左のお尻を使えるように指導して欲しいという要望

自分がまっすぐにペダリングしているという感覚と
僕が見て 膝が外に向いているという事を 廣田さんの感覚を磨くという内容

後ろに付いて 半島を1周回

スタートしてすぐに 俊介とすれ違う

左膝を トップチューブに擦り付けるようにしてみてとアドバイス

それを意識していくと 両足の踵が下がっていって 股関節周りがきつそうに感じた

一旦停まって サドルを3mmほど上げてもらった

今までは膝が逃げて 身体も逃げていたけれど まっすぐにペダリング出来るようになって
逃げる所がなくなって 窮屈になってきた

でもクリートとかで 位置調整しても いままで使っていた筋肉は すぐには付かない。

なので 本人の感覚を 研ぎ澄ませる のが第一に教えたかった事です。

意識すれば大体が治る

治したいという気持ちがあれば 大体の事は治ると思う。

で僕が10分走 追い風

最初の1分は 310W 

呼吸が辛い パワープリーズしてくるのを忘れてしまった為か・・・・。

そこで3分づつラップを切っていく
3分 303W
3分 298W
3分 300W

レスト5分して 今回は向かい風
最初の1分は 330W
3分は 310W
下り坂で一気にワット数が落ちて 3分は 295W
最後の3分は ギリギリ300Wを維持

廣田さんが半分引いて

向かい風を僕が引いて行く
後ろに付く廣田さんに 250Wで引きますと言った

250Wなら 気分が楽

これが270と設定して 260しか掛からないと精神的に落ち込んでいく

5分 264W
上げてみようとおもって 3分 270W
もう少しあげてみようと 3分 275W
もう少しあげてみようと 2分 281W
最後の1分は 300Wをぎりぎり維持して 終わり

出し切った感じだった

掛けれなくて モヤモヤしていたが
掛けれるようになって 何か吹っ切れた感じした

35分ほどのメニューなのに TSSは77だった。

55キロ 105TSS

帰宅して ごはんを食べてから 棚卸の作業

うーむ

10分で終わってしまったのだよ 会計士さん(笑)

18時からローラー教室

20時からローラー教室

実走スクールを行っていますが
色んな要望があります。

半年に一回来る生徒さんは 「心のスクールをしてください」など。

「走ってご飯を食べて 温泉行って ガソリン代まで頂いて終わった事もあります」

上りを3本上るから 後ろに付いていて欲しいという事も

例えば 占い師の方が お客さんに 「あなたは悩んでいますね」と言ったら
当たり前だ 悩んでいるからここに来たんだから。

僕が かこさんの鍼へ行く理由も ペダリングしていて 痛みがあるから それを治して欲しい

それは 痛みが無いペダリングと言う物です

両足を同じように動かすという事が出来なくて 右が外側に逃げて行くペダリングです。
まぁ パンを作っていて 右腕ばかり使っていれば 身体も歪んでいくし 仕方がない

でも「仕方がない」と 一言で済ませてしまう事は 「諦め」と思います。

何とかしたい 何とかしたいと思っている
でも自分一人で悩むんじゃなくて 誰かの力を借りると 解決出来る事も多いのです。

その時に 邪魔しているのが プライドとか なのかぁ。

分からない物は 分からない と素直に言えば 色んな方が教えてくれます。

僕なんて 生徒さんの方が知識がおおいから 逆に教えてくださいと 言ったりします。

今回の 廣田さんのように お尻を使いたいというスクールは 大体が感覚という見えない物を教えてあげると方が 解決には近道です

色んなペダリングの選手がいますが これでよく身体が痛くならないなぁと思って見ています。

僕が悩んでいるのは ペダリングしていくと 身体がしんどくなって ドンドン身体の柔軟性がなくなって行く事です。

ここが動くようになってくれればなぁと思っている事が カコさんの激痛の鍼を受けてることで
少しづつ動くようになっていきます。

でもここで一つ アドバイスです

カコさんの鍼を受けて 固まったものが動くようになってきます

その感覚を自分で感じる事が出来ないと 治っていきません

受けたら 良くなると言うモノではなくて 受けた事で 身体が動くようになっていくと感じる感覚が必要です。

トレーニングメニューでもそうです。

知識ばかりが先行して そのメニューをすれば強くなる事は分かっていても それをやる事で強くなるのです。

パワー計を付けたからといって強くなるわけではなく パワー計を使いこなしてこそ 強くなれるのです。

僕自身が求めるペダリングは 痛みがないペダリングです。

それが理想の回し方であればとても良いのですが そのペダリングをしたいけれど
身体が動かないから カコさんの力を借りているのです。

ローラー教室の生徒さんが カコさんの鍼を受けに行っています

僕はその生徒さんの ローラー教室で撮影した動画を かこさんに送ります

受ける前は「こういうペダリングしています。」
施術を受けて 「こういう変化があります」といった やり取りをしています。

変化があったのが 文平君です。

身体が動くようになると 口数も増えて行くから 不思議です。

この頃 ダークサイドに陥っていた理由が

健さんのコーナーの下手さです
僕の想像を超える下手くそだったのです。
でもそれを 教える事が出来なかった自分に 腹がたっていました。

何とか教えたいと思っても 僕には知識が無い

コーナーの周り方は僕の経験と知識がありますが どういう言葉を掛けたら 理解できるか?と言う事が悩みなのです。

どのタイミングで言ったり 褒めたりすればいいのか?という悩みです。

ローラー教室の生徒さんの職業は 色々です。

学校の先生に聞いたりしたり お医者さんに相談したり と色々と聞いたりしました。

健さんのコーナーリングが 上手くすることが出来れば 僕の教えるといった 経験が増えると思って
勉強しています。

28日 火曜日
左の肩周りの筋トレしてから ローラー3分

仕事して 昼飯

カコさんの鍼へ

激辛なモノが食べたくて 

ごま油に 鷹の爪を入れて 鶏肉を焼いて からしを入れて 何か スパイスが欲しかった
味は 何かとても美味しかった(笑)

16時からローラー教室

18時からローラー教室

20時からローラー教室

終わって銭湯へ

アマゾン ドカ買いはこれでした

結局は 自転車関係ばかり

欲しいモノ


ネイチャーランドでの応援
僕の不審な動きを察した 和田さんが寄ってきた。

海水パンツを忘れた事を後悔している

娘のスイム帽子に ゴリラ福井さんに貰った ゴーグル

ここまで来て スイマーズになれないなんて・・・・・。

金曜の体重が 58.2キロ

今日は 62.2キロと ダークサイドに落ちている時は いろんな物を食べてしまう。

お菓子じゃなくて ごはんをしっかりと食べたから 問題ないと思うのだけど・・・。

26日 火曜日
土日で稼いだ TSSは 280と250と控えめだった

抑えたかった理由が 平日の個人メニューの時に掛かりにくいと感じ始めたから。

皆と走ると 楽しい 千切ったりするのも楽しい

でもそれは 個人のトレーニングでしっかりと出来ているからだと思う。

先週は 何か ふがいないと思って トレーニング日記を見直すと 平坦走の数字が低いとかに繋がる

僕がこの年でもある程度速いのは しっかりと 基礎メニューをしているからだと思う。

後藤さんと走る

40分走を 先頭固定で

後藤さんから 227W

僕が引いて行く

271Wで 15分間

心拍は150も行かないから 85%ぐらいか
でも今日は やり切るというのが目的なので 気にしない

ターンしてから 270Wを出来るだけ維持する
心拍は155と少し上がってきたが

みぞおちが痛まないように 色々と考えて走った

40分 271W

一旦休憩して 後藤さん 
クリスクロス
1分45秒をFTPで維持して 15秒を出来るだけ 270Wを維持する

僕が後ろで号令を掛ける

後1分 30秒 10秒 5 4 3 2 1  はい!という感じで

5 4 3 2 1 ハイ!で終わりというように ずーっと監視している

後藤さんは 230Wが最高数字だけど 239Wと更新した

でもクリスクロスはシンドイ

僕の番

維持する数字は280W

15秒間は 出来るだけ高い数字 でも大体330Wぐらいかなって感じ

でも最後まで 平均281Wだった

上げて 一旦落ちてから 維持するという 動きなのだけど

上げて そのまま280Wを維持するようにしないと 戦えない

まぁでも 最大心拍数は 162拍と また10拍も余裕があるから もっと頑張れるな。

嬉しかったのが トイレの時に インナー が 両方上がっている事だ

歪んていた時は 右側のインナーだけが 捲りあがってきていたから

帰宅して 125キロ TSS 235


AIRFIT
これはほんとに快適なのだよ

昼飯

銀行へ

深谷産業から仕入れ過ぎて お金に立ち回りが大変だった(笑)。

夕飯


1日 3錠 毎日元気だと思う

18時からローラー教室

20時からローラー教室


どか買いしたくて アマゾン見ていたが 結局欲しいものは 自転車関係ばかりだ。

 

言われて

22日 金曜日
健さんの後ろにつく

後ろから車が来ていたので 待っていたら 健さんが 30キロぐらいで追い抜いて スタートしてしまった。
なんでやねん!という感じで追いかける

シュガーの後ろにつく

良いタイムだった

同じようなタイムでも 出すワット数が違う
これを何かの数字で表せれないかと3人で考えいたが

ワット数÷体重×ペダリング効率

これで
シュガーは 287
健さんは  246
僕は 314

同じコース 同じぐらいのタイムであるとしたら どこをどうしたら タイムが良くなるかという話なのだけど・・・・・。

35キロ走って終わり

嫌な張りが 脚に残った
鍼の翌日はあまり走らない方が良いのかも

オイル交換しに羽島の堤自動車まで

1L2000円のオイルを投入したら 拭け上りがよくなった

珍しく カフェなんてのに寄り道してケーキを食べたのよ
これがまた美味しくて。

T25のトルクスを買った

電動の電池充電

娘にはこんなプレゼント

母ちゃんたちと 月に1回の 鍋

沖縄を見てくれたらしく 「あんたの上半身はブレないから すぐに分かるわ」と言われ
「あんたが 人をアシストするなんてねぇ~涙が出てくるわ」と言われたが 仕事だからとは言い出せなかった。

23日 土曜日
森本連
シュガー 俊介 たかゆき 香川君 の6人

シュガーのステムのネジはトルクス
自分が組んだ自転車なので 昨日買ったトルクスで ネジを締めた

周回コースではなく ライン練習

シュガーが最初から 上げて行く 強いならそれでいいけれど

コイツはアホか・・と毎回思う

1分で上げてきつかったら 少し落として2分引けと

多度を抜け 員弁コース 養老CC

ここで全開で行ってみろよ、と

それを言った2キロ手前から先頭を引いて行く

シュガーが上げて 俊介と森本さんが付いて行って 刺されたようだ

そこだけ上げればいいのに 下の平坦から引くのは「正直者は損をする」とシュガーに言ったら 俊介が笑っていた

タカユキに シュガーをみて 「昔のお前みたいだろ」と言ったら

「あの頃はご迷惑をお掛けしました」と頭を下げてきた。

「だから 今は タカユキが シュガーに色々と教えてあげな 昔 僕がお前に教えたようにさ」と言ったら
理解してくれたようだった

シュガーにも 若い頃は迷惑を掛けるのは当たり前
僕も先輩方に迷惑を掛けていたし 今ではこうして 若い子らに色々と言ってしまうが。

後輩が出来たら 教えたらいいんだよと

先輩の「大丈夫か?」は 「大丈夫じゃない」奴には言わない。

大丈夫じゃないから 大丈夫か?と聞いているんだから

雷太さんと走っているならなおさらであって  必ず雷太さんの側にいるようにした

その時に色々と話せれるし 少しでも雷太さんの経験のアドバイスを貰えるから

うっとおしいと思われても 強くなる為であるなら 自宅まで押しかけて ご飯とか何を食べているのか?を
知りたかったし。

うっとおしいぐらいに 明日走りますか?と連絡していて
連絡が付かない時は あの辺りで練習しているハズだと思って 探したりした。

「今の子は 今の子は」と言うのは おっさんになったと思うから言わないようにしているが

コミニュケ―ション能力が欠けている感じする。

聞くのはタダだ でもそれを実行してこす 身になるし 自分で身にするんだよ

外国に行ったらなお更 コミニュケ―ションが必要で

言葉が分からなくても 何となく伝えれるのは 郷に入れば郷に従え

ロードレース男子部の彼らは 別だし 彼らには僕が教えるという立場だから 言うけれど

それが無ければ 言わない。

俊介にしても 人に愛されるキャラクターという物を持っている

補給食

シュガーにサドル下がってないか?と聞いたら 下がっていたらしい

マッキ―川は追い風

シュガーの独壇場だった

皆を千切って引き続けるわで 違う意味で 「いい加減にしろ!!!!」言いたかった。
ゴール地点で 森本さんがシュガーに 「選手として一皮剥けたなぁ」と言ったので

「ちん0こ皮は剥けていない」と言っておいた

ようやく56さんの言う事を聞いてくれましたねと言っていた。


シュガーにプレゼントしたい

僕の言う事を聞けば 必ず強くなれる
それを毎回毎回やってくれれば 近道
でもそれをやってくれなくて 千切れて 精神的に落ち込んで帰るはダメなのよ
やってくれて 達成してくれて 次の事を教えたいのに 自分の技量を把握出来なくて 千切れてしまう

言わなくても出来るのは才能
教えて 出来るのも「人の言う事を理解出来る」という才能

僕は4人兄弟

母親に叱れる
大体 長男から叱られ 長女 次女 僕の順で叱られる
長男は 自分の番が終わったから ホッとして 後の3人の叱られている時には上の空

次女は 2人が叱られているのを聞いている

僕は3人が叱られているのを聞いている

そこで何が覚えれるかというと

どうしたら 叱られなくて済むか?と方法を覚える。

3人が「どうして」叱られているのかを考えれば 次には「それを」やらなければいいから
賢くなっていくというか

それが末っ子だ。

155キロ


夕飯

24日 日曜日
もっと寝て居たい
でも今日走って 明日は休みだと思う

なので今日は TSSを稼ぎたくなく 後ろでツキイチでいい

森本連

京四郎 伊織くん 文平君 タカユキ 56 らっきょくん

今日はラインで

昨日と同じコース

終始 ツキイチ
文平君が 今日も勢いよく引いて行く

養老坂で 京四郎が 7倍で上って行った

心拍も上がらず もがけないのがしんどい

180キロ

帰宅してすぐに ネイチャーランドへ

水着を探したが サポートパンツだけ見つかった
サポートパンツだけだと 僕のマイケルがはみ出てしまって これはイカン

兄ちゃんの応援

コッシ―に 仕事が忙しいのを言い訳にするなよといった

車の中に 海水パンツがあると いう オチだった

メカニックしたバイクが フロントは動くけれど 後ろは動かないという 連絡

タイヤを外す時に

フロントはインナーで

後ろはこの位置で外してください

間違えて 後ろをトップにしてしまうと 動かなくなる時があります

それを簡単に解決する方法は 外したギアの位置と同じにするか

動かないからと ボタンを色々と押してしまうと 何も動かない時があります

その時は
後ろのディレイラーのコードを抜いて 人のディレイラーにコードを繋いで 自分のスイッチを押して動かしてください。

それでリセットが掛かるようになって 自分のディレーラーにつなぐと動くようになります

その時は インナーと 3段目にしてから動かしてくださいね

よくある 動かなくなる事例でした。

25日 月曜日

ローラーメニューは1時間で書いている
でも今日は6時間掛かって書いた

西原さんに頂いた グリーンカレー

ローラー 5分


米が無くなったので買いに行った

僕の好きなコメは ミルキークィーンという銘柄
これはもち米のように柔らかくて おにぎりに適しているらしい。

逆に妻は 硬めの米が好きらしい

なので 米屋の奥さんに 
自分の好きなお米をプレゼントしたら 嬉しいですか?と質問したら
「家に好きなだけ食べれる米があるから その質問を私にするのは 間違いかもしれないけれど
貰っても 嬉しくはない」ときっぱり言われて

お客さんの好きな米を買っていくのが一番ですよと言われた

夕方になって元気が出て来たので 買い物に行って

ノートに色々と書いて 頭の中をすっきりさせる

家族とごはんを食べる時間も必要だけど ぼくはこうした一人の時間も必要と思っている

誰もいない定食屋さんで 考え事をしたかった

誰も居ない銭湯で 溜息か 深呼吸か分からない 呼吸を沢山した

自営業に 安泰などない

売上が良くても これがいつまで続くのか分からない不安
売上が悪かったら さらに不安
怪我したらという 不安

風邪引いても バファリン沢山飲んで 頭痛が酷かったら 自分で首に鍼を打って仕事

それでも 仕事は楽しいと思う

パンの仕事をアルバイトでやっていた時

「よく頑張ってるね」と言われた事がある

それは僕は 朝早くから仕事して ライト付けて走って 娘を迎えに行って 「よく頑張ってるね」と
お褒めの言葉と思っていた

でも 裏では 「朝4時から 一日中 立ち仕事して アルバイトで 安月給で頑張っているよね」と
言葉違いである
「よく頑張っているよね」だった。

だから どんなに 頭痛があろうが 落車で怪我をしても その夕方にローラー教室に来てくれる生徒さんが居れば包帯巻いてでも やるのは

僕だからやれる仕事だと思っているからです。

その方に 楽しそうにやってるねと言われて 心では 「お前を見返してやろう」と思ったからだ」と言っていたが

その言葉があったから 「見返してやろう」がモチベーションだったと心の中でありがとうと言っておいた

でも見返してやろうという気持ちは どのように見返すのだろうと思う

高級車でレース会場に現れる
高級なレストランで食事してますと インスタに上げる

それは結局お金があれば誰でも出来る事ではないかと思った

でも僕は 誰でも出来る仕事じゃなくて 僕にしか出来ない仕事をしているのが幸せだと思っている

ロードレース男子部の仕事は 走ってないと出来ない
監督が走らないと意味がない

乗りたいフレームを経費で買う事が出来て
毎日自転車に乗れて
人が仕事している時間に好きな自転車に乗って生徒さんと走ってお金を頂ける

僕が裕福と思えるのは お金で乗る時間を作っているという事だと思った。

でも乗って お金を頂けるというのは また特別は仕事だと思った。

明日も楽しんで自転車に乗ろ と思えた

考えがまとまった 休養日だった

つる

18日 月曜日
右の首からと頭痛が酷すぎて なにもする気が起らず バファリンを 3回飲んだけれど
ポストに投稿する時に TTバイクの乗って行った
400mほど

これはリラックスしようとおもって 

銭湯へ

夕飯を作った

19日火曜日
AIRFITを装着したら 後藤さんから連絡が来て 雨予報

なので メカニック作業

オイルのブリーティング
横井さんにアドバイスを貰って 試した
別物なフィーリングになった

ローラー 20分

18時からローラー教室

20時からローラー教室

20日 水曜日

TTバイクで 

何も痛みがなく 走れた

25分40秒 261W

24分 40秒 257W

後藤さんの後ろはほんとに安全に走れる
穴ぼこと避けていってくれるし 毎回同じコースなので どこに何があるのかを常に把握している

何も痛みがなく 2本をこなせた

80キロ

帰りに 豚の生姜焼き

18時からローラー教室

20時からローラー教室

21日 木曜日

1時間走をする日
朝から緊張していた

健さんが後ろに付く

コーナーで ノーブレーキで曲がるから 同じラインを来てねと言っても アウトへ膨れて行く

それを「おい! なんで同じラインでこない!」と怒ってしまう

ここでみぞおちに違和感

ユーターンする時に 後ろで先にターンしてくれる予定だったのが 僕を追い越していこうとするので

車の邪魔になるだろう!!!と 言って ここでみぞおちが攣る(笑)

笑っているが 緊張とギリギリなラインでやっている所で攣るのは正直しんどい

後半は全く上がらず 235Wとか(笑)

コーナーで また 健さんがアウトに膨れて行ってしまう

セオリー通りなコーナーのライン
アウト イン アウトを守っているが ここでも膨れて行ってしまって
僕のイライラがマックスに達してしまい みぞおちの限界が来て 呼吸が出来なくなってしまった

一旦レストして 一人になりたかったので 「10分後に戻って来てね」と伝えて自販機休憩した

その時 健さんはコーナー練習 していたらしいが 20分経っても戻って来なかった

仕切り直して 260Wで行こうと コーナーを抜けていく

付いてきてねと言って さらにスピードを落として コーナーに突入したら 離れているが 付いて来れた

その後 付き切れない 離れるを繰り返すが

僕は健さんの動きを 朝日を浴びる 陰で すべてが見えてしまって

ここに付け!!と また大声で言ってしまって みぞおちが攣る(笑)

もう 辛抱するしかなく 攣りながら走った

18分 261W

これはイカンと思って 健さんの曲がる練習を指導した

どうして曲がる事が出来ないのか?を説明して どうしたら曲がれるのか?をアドバイス
後は 一人でひたすら反復練習をやる事ねと アドバイス

帰宅して 80キロ

昼飯

カコさんの鍼へ

首がガチガチ みぞおち ガチガチで すべての鍼が痛かった

帰宅して メカニックの仕事

スプロケットのロックリングがハマらないという仕事

ここをまっすぐに入れれない事例が多い

落ちついてやる事だけど それが出来ない事が多い

16時からローラー教室

18時からローラー教室

20時からローラー教室

時は金なり

16日 土曜日
森本連

男子部(シュガー 伊織くん) タカユキ 僕の5名

脚は軽いけれど 何も張りも無い感じで掛かりずらい
員弁のコースを半周して 養老カントリーへ

今日は元気なタカユキガ 上げていく

引いて付いて行って 358W 森本さんが引いて少し落ちたけれど 良い数字だった

マッキ―川で 伊織くんが切れて 置いて行く

シュガーも おもいっきり切れて行った

タカユキと森本さんの3人でゴール

二人を迎えに行って 健さんと合流

三重の高校生が練習がひと段落付いて 昼飯を食べていた

ビニール袋から出して食べ始めたものは 菓子パンばかりだった

菓子パンを食べている彼に おにぎりとか 食べた方がいいよと言ったら

「その方がいいですかね?」と聞いてくるので 「それがガソリンだと思えば 良い燃料の方が良いし
それが身体を作るんだよ。と言っても 彼には伝わっていないのだろうなぁ・・・・。

まぁ 僕の教え子じゃないし どうでもいいけれど。

3人でご飯を食べに行って帰宅 185キロ 275TSS

メカニックの仕事して 健さんのフレームのポジション合わせ

夕飯は 家族がたべたいと言って タパスさんへ食べにいった

寝落ちした

17日 日曜日

起きたのが6時20分 ギリギリ間に合う時間に起きてしまった
これが30分遅くなら 諦めて寝ていただろう

ミューズリーとヨーグルトを食べて出発

森本連

京四郎 シュガー 文平君 中村俊介 香川君が連れて来た 若者たち

員弁の周回コース 4周+半周

昨日走っていないという俊介が元気に引いて行く

ベンジを乗って来て 快調に回していく
ベンジのBB周りは硬い
彼のように綺麗にまっすぐ 踏み下ろすペダリングなら しっかりと進む

逆に揺らしてワットを出す選手にとってベンジは進まない

京四郎も引いて行く 
僕も今日は極力引く時間を増やした

3周回目で 残り1周か?と聞いてしまうぐらい 記憶が飛んでいた

4周回目で 文平君が切れる

ゴリゴリ踏んで 良いペースで引いていたが それをやるにはまだ体力がない。

シュガーは辛そうだけど 最後まで来てほしい

4周回目

林さんに貰ったピンクのボトルを飲もうとしたら ごぼごぼという音がして 水分を飲み干してしまった

さすがに700mのボトル1本では少なかった気がする

ラスト 俊介が上げて行き シュガーが切れる

豚小屋を過ぎて プンペイ君が切れたので お尻を押して 戻そうとしたが 切れて行った

最後は 京四郎の発射台をしようとしたが 脚が残っておらず 微妙は発射をしてしまった

京四郎の後ろに 森本さんと俊介

京四郎はそのまま引いて行き 差し込まれる

山岳賞地点で 獲れませんでした!というので

そういう時は 一旦緩めて 二人の後ろに付いて 一息ついてから もう一回掛けるんだよとアドバイス

時間切れの彼らと別れて マッキ―川経由で

養老カントリーの上り
ここは掛からないけど踏ん張って きちんと上げて行った

コンビニで シュガーと俊介と森本さんと話す

乗鞍優勝という話
1回でも獲れば もう十分だがそれを8回も獲っている彼は神だ

俊介が 二の瀬で 五郎さんに言われた言葉で

「辞めるなよ いつか良い時が来るから」という言葉が 心に残ってます

「上から見てみな 辞めて行くやつが分かるから
上を見てる奴には周りが邪魔でよく分からないけれど 一番上から見ると 全体が見えて色んなものが見えてくるよって。」

俊介は 「時は金なり」という言葉が好きらしい

お金で大体の事は済ませれる お金はいつでも貯めれるけれど 時間だけはお金で買えないって

それをシュガーにつたえるが それを理解した時は もう遅い

今理解すれば 色んな事が出来る

マッキ―川

シュガーは付いて貰う

俊介がベンジ効果で アゲアゲで引いて行く

楽しいんだろうなぁ こんなに速度で出ると・・・・・。

中堤防へ

シュガーが切れる

1分先頭交代で ギリギリで上げて行く

ラスト2キロで 森本さんが切れる
俊介と二人になって 40キロを切ったので 上げて行った

1人になって後ろを見ると 森本さんが追いかけてくる

黄色の段差を定点で測定 その差は5秒差

関係なく踏んでいった

次の黄色の段差を通過して5秒後に後ろを見たら また通過していない その差は7秒差

次の黄色の段差で計測 8秒差で後ろを見たら 11秒差になっていたので もっと踏んだ

元元元元元元元元元元元元元乗鞍チャンピオンが 元乗鞍チャンピオンと 現乗鞍チャンピオンを平坦で千切っていた

いつか上りで 千切ってみたいものだ(笑)

帰りにシュガーと定食屋さんへ


まずはインナーを着替える
風邪を引かないようにする


卵焼き定食が来る前に アジの煮つけを食べる

シュガーの注文の仕方
から揚げ定食(ご飯 特大盛り)を注文してから 魚の煮つけと かぼちゃの煮つけ 肉じゃがを取って来て食べ始めた

で から揚げ定食が来て食べ始めるが 瞑想し始める

聞くと お腹がいっぱいで食べれませんとなっていた

「あのな 自分の胃の許容範囲を理解して 足らなければ 追加で注文した方がいいんだよ」
注文の仕方が 自転車の走り方と同じで笑えるわって(笑)

娘へアイスクリーム
娘のアイスを勝手に食べたのがバレて叱られた

この2日間のクリートの削れ
同じように踏めるようになった

帰宅 198キロ TSS 310

帰宅して ローラーメニュー書いて 夕飯