ベルギー生活パターン

ルーさんに 若く見えるのねと言われます。
41だと言うと30には見えるようで
結婚して娘も居ると言うと驚かれます。

ランジットの家族からも 僕がベルギーに来ていることを家族は何と思っているのか?と質問されました。

「Last year I get master nationalchampionship win but
race Motivation down.
go to the master Would championship Motivation very very up!」
This Looking my family fighting coal

I’m Aim life is Motivation up

と伝えた。
伝わったかどうかはわかりません(笑)。

午後四時にはお腹が空いて夕飯にします。
九時に寝る。
睡眠誘導薬のドリトルを使ってそれでも二時には一回置きます。
お腹が空いて(笑)。
トイレへ行ってからもう一度寝ます。
dsc_5901
イナーメのバタークリームを塗り込みます。
八時に起きて朝飯食べてblog書いたりして10時にはトレーニングへ。
写真撮ったり Googleで現在位置を確認したり。
Googleマップはオフラインで使います。
dsc_5903dsc_5905
横道に入って小便したら
石畳があった。
普通に生活道路。

気を取り直して
10分 低くても良いから。
心拍計はこの寒さと乾燥で役に立たず。

テレビでロードレースを見ていると 車道を走っていますが こちらには自転車道がちゃんとあり ここを走らないといけないみたいです。

こちらは街から街へは 家が殆んどなく 街から街へはは道が繋がっています。
郊外に出ると 山もなく広大な畑と 空があり
ひたすらアップダウンですが どこへ行っても向かい風のような気がします。

8分 240 低いですが 掛かる気がしてきました。

ある程度で走る道を検索して行きますが それに疲れてくると 好きな方向へいくようにします。

ラスト10分は集中してやります。
一本道ではなく 先がわかりません。
知った道でやるのも安全だけど 知らない道でやるのも こっちで生きるには 動物的感覚を磨くのには適したトレーニング方法だと思います。

右へ左へ。
日本のように90度カーブのような箇所は街中です。
田舎はやるやかなカーブです。
8分過ぎたら街に入りました。
左へ曲がるといきなり 石畳が始まりました(笑)(笑)。
40キロぐらいで走ると 石の頂点を走るような感じなので あまり振動は感じません。
10分 264 WaT。
dsc_5920
お腹が空いたので パン屋を探します。
一個1,5ユーロほど。

こちらにはコンビニと言うものがなく 自販機など見かけません。
ガソリンスタンドが開いていればなにか買えるのですが 大体昼休みでやっていません。

その辺でレストしていたら不思議な気持ちになりました。
これは夢じゃないのか?。起きたら日本であるんじゃないのか?と。

来たかったベルギーにトントン拍子にこれて僕の人生 ここ数年 上手く行った試しがないので 夢を見てるんじゃないのか?と思いました。

獲れなかったら また来るのは面倒くさいなといきなり思いました。
お金も掛かるしと 先日のblogとは正反対の考えになりました。

集中しよう。
先ずはトレーニングで負荷を身体に与えよう。
そう思ったら 僕は単純です。

3分300
一分が長い。そこからはもっと長い。
二分を過ぎたら一秒が長いのです。
道も分からないので ガーミン見てると危ないです。

3分304WaT。
悶絶です。
冷たい空気が痛いのです。

レストしていたら郵便配達のおばちゃんに 「さばぁ~」と抜かれました。

もう一度3分です。
二分から落ちていく。止めたくなりますが ここで踏ん張っておくと 次に掛かるのを知っているので踏ん張ります。
3分298WaT。

次は2分間。
311WaT。
首の脈拍170拍まで上がったので良しとします。
dsc_5927
寒いのでバス停で休憩です。

そこからは ダッシュのインターバルを2セットやります。
書きすぎると ベルギー参戦記のネタがなく寝りますのでしまっておきます。
帰宅してシャワー浴びて軽く食べてから買い物へ。
dsc_5945
牛肉を焼いて食べました。

筋膜リリースしていたら寝てました。床で(笑)。
九時には寝ましたが時差ぼけで起きてしまいます。

ベルギー 遠征3

ランジットに 悠がインターバルトレーニングしてる場所はどこ?と聞いたら ここを紹介してくれた。
dsc_5872
辻浦圭ちゃんもよく走った場所みたい。
ホームステイ先から六キロと近い。
マウンテンバイク専用コースらしい。
ランニングコースはまた別にある。

湖一周出来るので走ってみる。
dsc_5869
僕は右回りが苦手なのでコースを作って走った。
最初はクランクを回すことも出来なかったけれど
慣れてくるとトラクション掛けながら走れるようになる。
とにかく出来るまでひたすら走った。

帰りにコルトレイクに寄ってみた
でも見るところなんて無かった。
ベルギーまで来て観光しないととモッタいない病が出てきていたけれども。
観光しにきてのではないと再確認した。

今回一人で来て 良い意味で人生観が変わった。ここまでくるのに辻浦圭ちゃんがアテンダントしてくれたのは確かだけど。実際に来てみると コミュニケーションの取り方に対してもそう。
頼る相手が居ないから自分でやり取りできるようにやるしかない。

チームで来ると 色々と面倒見てくれるだろうけれど
一人で遠征してみると ほんとに大変。
圭ちゃんや悠のように単身武者修行。

彼等とは走ってる位置も違うけれど 異国の地で 言葉を覚えて トレーニングして飯を作って コミュニケーション取って遠征する。
同じような事を ベルギーでしてみて その大変さを改めて知り 尊敬出来ます。

辻浦圭ちゃんに言われたのが 最初は僕が色々とやり取りしますが 来年も行きたかったら 自分でコミュニケーションのやり取りできるようにしてきてくださいと。

それができないと 異国の地ではやっていけないと判断されてしまいますしね。
コミュニケーション取らないと生活は出来ない レースにも行けないなら 取るしかないでしょ。

悠とは殆んど面識なくても ランジットとのやり取りしてくれた。
それを圭ちゃんは 俺も悠を面倒見たから ごろーさんの面倒を見るのは当たり前です。それをやらなかったら俺は怒ります。

僕の後に来る者は居るんだろうか?。

その時は 色々とやり取りして アドバイスもしたいと思います。

デュカスを使ったのも意味があります。圭ちゃんに言われたのがただ単にひとことです。
「ベルギーでは デュカスが当たり前です。」
これを乗りこなせれないと ベルギーでのサイクルクロスは通用しません。
ブロックで曲がるのではなくタイヤを潰して面で曲がってくださいと。
世界はこのタイヤです。
このタイヤを使いこなしてください。
そう言われました。

僕はチューブラーのデュカスに乗ったら ラップタイムは遅くなったと思います。
ダッシュを繰り返しているのでタイム差は付くように、なりましたが。
僕はチューブレスの方がコーナーは速いです。

チューブラーのデュカス乗ってから チューブレスのタイヤに乗ると 違う世界が見えます。
僕はチューブラーからチューブレス乗って感じたことは 扱える感覚はチューブラーの方が乗っていて楽しいです。
速いとは別の感覚です。
チューブレスは走らせてくれる。
チューブラーは走らせるの違いです。

それをベルギーの少年たちは扱って走らせてるのです。

小さい頃から当たり前のワールドカップコースでレースして 当たり前のようにデュカスを使っていれば
上手くなれますし 上手くなれない選手は 上にはこれないんでしょうね。

ロードタイヤでもそうですが コンチネンタルはカッチリしてますね。
チューブラータイヤでは4000が人気ですが 僕はコンペティションの方が好きです。
かっちりしたタイヤよりも コンペティションのようにサイドが少し柔らかめの方が好きですね。

2005-6-7年はビットリアのコルサが好きでした。
よく滑ると言われたタイヤですが サイドが柔らかいので 腰砕け感でしょうね。
僕はこのタイヤでも落車しなかったです。

それからはビットリアのタイヤを使うのが怖くなりました。なにか?の?拍子に扱えなくなったと思います。
タイヤに乗れなくなったんでしょうね。

WOのタイヤでも同じような感じです。4000は硬いです。僕はIRCのウエットが好きです。
サイドが柔らかくて扱えるからですかね。

これがタイヤメーカーの違いですね。

ミシュランタイヤですが このタイヤはフランスの路面で使うととても走ります。

日本の舗装路はしっかりしてます。
フランスの舗装路は 細かな石があって ノーズが凄いです。
ベルギーは ガタガタですがな(笑)。

作るお国柄で タイヤをテストする路面でも 違うのでしょうね。

ベルギー生活事情2

dsc_5858
残された 猫と僕。

こっちでの食生活で身体に変化が出てきた。それはとてつもなく屁が臭くなった事だ。

こちらの食生活はオリーブオイル主体で
野菜もあまり食べない。チーズやミルクやらヨーグルト.
ミューズリーは良いとしても野菜が少ないんかな。

生活用品に目を移すと 洗濯洗剤やら ポディーソープやシャンプーの匂いはかなりきつい。
それは体臭を消すためだろうと思う。

肉やオリーブオイルは美味しいけれども。

帰国して娘を抱き締めたときに なんか?臭いと言われないようにしないとね。

食い物に順応出来ると言うのも 遠征出来る能力だと思うし ある程度は料理もできた方がいい。

こちらの人々はとてもドライだ。
今日は家族で飯を食べるから。
家族をとても大事にしてくれてるし 結果よりも頑張っている人を応援している。

日本では高級車の新型ベンツやらBMWが とても汚く乗っていて 後ろにはキャンピングカーを引くための棒も付いている。
日本国内で見たらベンツやBMWは外車だけど こっちにくると トヨタ車みたいなもんであちらこちらに見かける。
それもほんとに汚く乗っているわ

ベルギー生活事情

dsc_5839ローカルサイクルクロスレースで 僕への声援が
悠!悠!と言われた。
こっちでは悠!は国民に知られてるんだと思った。

レース途中から観客からは ごろー!と応援されたけれど(笑)。
ゴールライン通過するときに アナウンスで 「ジャポン マスターズチャンピオン!ごろ-!カケイ!」と言われた。
それから ごろー!ごろー!と応援されるようになった。
少年たちの熱い声援だった。

悠が 笑われても陰口叩かれても走ってれば良いことがあるという言葉がわかった気がする。

観客が僕の下手なライン取りを見かねて
コースに入ってきて ライト! ここを走れ!(笑)と指示してくれたり ちゃんとラインを走ると
イエス!と言われたり(笑)。

dsc_5830
ベルギーの国技は自転車なんだと思った。
家族総出 子供の応援しているし。
子供の自転車を洗うために コンプレッサーから発電機 ケルヒャーの洗車機まで持ち込んで。

ベルギーに来て 良かったと思う。
日本だけでやっていると いつかまた自転車へのモチベーションが下がってやる気が無くなってしまう恐れがあったし。
また 来年来ようとおもって お金を貯めようと仕事頑張ろうと思えるしね。

あーそうそう。
自転車のことも一番だけど
もっとやらないといけないのは 言葉のコミュニケーション。
いくらGoogle翻訳があったとしても自分の口から伝えるのが大事だと思う。
僕のように単語を並べるだけでも 伝えようとする気持ちがあれば 伝わるしね。
言葉を話せないのが前提だと相手は伝えようする熱意は分かってくれる。

とにかく こっちのやりたいことを伝えるようにする。
ホームステイ先でも 部屋に閉じこまらず リビングに来てベルギー原稿を書いたり ルーさんと話すようにしてる。

そうすると コーヒー飲むか?とか 買い物いくけど一緒に行くか?と聞いてきてくれるし。

水曜日の夜は俺が飯を作るから一緒にどぉ?と。

その言葉も
「Thursday dinner my make With eat?」

僕でも分かりやすいように単語だけ並べてくれる。

レース会場でも 「Where Start area?」で十分。
レース終わったら 「welcome ベルギー」と言われた。ようこそベルギー!と言ってるんだと思った。

ちょっと話がずれるけれど
ベルギー国内には2つの国があると言われていて
ワロン地域とフランデール地域と別れていて。
どちらも走ったけど 僕から見たら 地域線を越えても何も変わらないように見える。
その国々に歴史はあるだろうけれども
夕焼け染まる空を見ていたら 空には国境は無いのになとおもった。

食べて 自転車乗って 原稿書いて寝るしか無いので
時間はあるので 息抜きにblog更新したりインスタグラム上げたりしてます。

面白かったのがレース一分前になると 皆が前に前に来始めて 押しくらまんじゅうのようになった。
それでもスタートは落車が無くスタートする。
ワケわからずスタートを迎えた。
皆が速いから抜けない。
スタート位置はとてつもなく大事だ。
50人が一斉スタートのスタートなんだけれども3クラスに別れている。
40-45 45-50 50-55なのかな。
そのカテゴリーのベルギーチャンピオンがちゃんとナショナルジャージを身につけている。

こちらでは マスターズの位がとても高い。

昨日の総合順位ですか50人で13位だそうだす。
もっと悪いと思っていたけれど。

スーパー空く時間なので 散歩がてら行ってきます。

こちらのスーパーの営業時間は8時から19時までです。

ベルギー自転車事情2

https://youtu.be/W_PIyHmOXRQ
昨日応援しに行ったレース。
プロクラスは見れませんでしたが観客の多さにびっくりしました。
こちらのサイクルクロスレースは 入場料を取られます。
ただでレースを見ることは出来ません。
僕は関係者だったので 腕につけるタグを見せて入場しました。
タグを見せれば何回も入場することが出来ます。

当日入場する場合は
手にスタンプを押されます。

河川敷や何処からでも見れる場所では開催しておらず街全体が会場と言った感じでした。
街全体を閉鎖して 会場として 使っていました。
各所の信号で 係員が全て仕切っています。

日本のレースも観客からお金を貰って それを賞金にあてたら 良いかもしれませんね。
一人から100円でも貰えば 200人居たら20000円かな。

普通のワールドカップで観客30000人。
コクサイデでは50000人だそうです。

もうね 凄すぎて ワクワクしてしまいました。

お祭り騒ぎですもん。

それとこちらのフリーウェイのトイレは 使用料が取られます。
0.5ユーロかな。

僕の出たレースではエントリー代金は15ユーロでしたが ゼッケンを返しにいくと5ユーロ返金されました。
実質10ユーロで1200円ほどです。

そんな小さなローカルサイクルクロスレースでも ドーピングルームがあり ドーピング検査が行われるようです。

明々後日は アンダーの世界チャンピオンも参加するトレーニングに行けるようです。

ベルギー初レース

ランジットの息子のレースを終えてからブルージュのDuDZELEという地域でローカルサイクルクロスレースに参加。
当日エントリー出来るようでエントリー代金は15ユーロ 大体1800円ほど。
試走は出来ないのでぶっつけ本番(笑)。
コースは体育館の回りのグランドを走る感じで 重たい泥と牧草地の草が的わり着く。
マスターズカテゴリーの人数は60人ほど。
5列目ほどに並んだ。
スタートして マスターズベルギーチャンピオンが飛び出していく。
日本のレースのように 右と左と言っても行けるわけでなく皆が泥の走り方が上手い。
少し踏めるところでは抜くことが出来るが コーナーなどでは 後ろから「あっぱ!」と言われて抜かされる。

肥満児のような体型の選手でも 泥の走り方だけはホントに上手い。
杭にはまって落車して レバーがスラムのようになる。
今日のレースはピットがなくて どこでもバイク交換をしていいと言うルール。

コース内を おばちゃんが自転車にのって逆走してくるのは当たり前で(笑)。
子供もコース内で遊んでいるが 選手は別に怒るわけでなく 上手く避けていく。

何位かは分からない。
アメリカから来たライダーは五位ぐらいと言っていたから僕は八位ぐらいだと思うが 明日にはリザルトが出ていると、思う。

レース後半はあまりの走れなさに絶望感を感じたが
本番前に 良い経験を積めたと思うようにしたい。
今日の空気圧はマッドタイヤで1.7で行ったが
もっと落とした方がよい。

こちらのタイヤの装着率は 8割りがデュカスのチューブラータイヤ。
午前中のジュニアカテゴリーでも95%がデュカスのチューブラーだった。
ブレーキシステムは上のカテゴリーはディスクが100%近いけれど 下のカテゴリーにいくのにしたがってカンチブレーキが多い。
その理由はトップカテゴリーで使わなくなったフレームが下のクラスに流れてくる。
使い古しのフレームみたい。
トップカテゴリーは サポートされているのが殆んどなのて メーカーの販売方針にしたがってディスクを使うのは当たり前。
下のクラスは来年ぐらいにディスクブレーキが増えると思う。

ベルギー到着

朝五時に出発して中部国際空港から成田へ。
成田で 話しかけてくれたのは鈴木さん。
img_20161125_102317
新婚旅行でベルギーのシクロクロスを見に行くみたいです。
フライト12時間。
機内では寝ないようにひたすら映画を見た。
インペデンスデイ リサージュ
後妻
マフィア映画
後は思い出せない(笑)。
到着して無事に自転車を受け取り
出口へ。30分早く到着したみたいなので
ランジットが来てくれてるのか心配だったけれども。
「ごろー!」と駆け付けてくれて
抱擁してくれた。

幼稚レベルの英語力でも通じるが
ランジットが言っている事を「ウンウン」とうなづいていると 理解していると思われて ドンドン話してくるので 「スロースピーク」とお願いした。

ランジットの家に到着して 家族が出迎えてくれた。
ベルギーの人達は フランス語 英語 ドイツ語も喋れるようで 僕が16年前に覚えたフランス語を使ってみたら さっと喋りを変えて対応してくれる。

15歳の息子 ランジットもシクロクロスをやるので 色々と教えてと言った。

マスターズ世界選手権までレースは無いみたいでぶっつけ本番です。

エントリーリストは出ていて僕はゼッケン15でした。
ランジットはエントリーリストを見て 「こいつは元マウンテンバイクのプロだとか」教えてくれます(笑)。

70人出走です。

フリッツ食べ過ぎて消化できないです(笑)。
夜中に起きてしまった。
時差ぼけですね。

見送れる側

dsc_8760
初めて 高岡(さん)に 褒められましたよ。
何がって? TTポジションが TTスペシャリストのフォームのようだ?
どうしたら?こんなポジションになるの?と聞かれました。
dsc_9252
僕は腹筋とか体幹トレーニングはしていません
している事と言ったら ローラー教室の時にこのような椅子に座っているだけです。
これで おっさんの悩みである横腹の肉が取れた感じがします。

それと ボールを使った筋膜リリースです
福田さんに教えて頂いてから(お金は支払いました)動かなかった筋肉が動くようになったのと
右腰と右脇腹の痛みが消えた。
ブラケットを持つ手を左右同じにした。

いやぁ 高岡に褒めれると嬉しいものですね
沖縄勝ったのに さーターアンダーぎー送って来ないから 怒り心頭でしたが
これでチャラにしておきます。

5時20分にはっちさんから 「雨だけど走りますか?」と連絡が来て外をみると降っているので
「中止」で返信して寝た

起きたら 頭が痛くて妻に揉んでもらった

起きて ジャージの発注やらして 雨なので妻を仕事場まで送っていった。

妻に「遊びか?仕事か?」と言ったら「真剣勝負だよね」と言われました。

帰りに銀行で ユーロに少額だけ変金した。

帰宅して 再来週のローラー教室のメニュー作る

かこさんに ロキソニンとかバファリンとか 薬の依存はやめなさいと言われたので
自分で揉んで解すけれど これは緊張する所から来ているもんだと思った

少し寝たらよくなるだろうと思ってが 忘れ物ないよなとか 考えたら寝付けない・・・・。

早くベルギーに行ってしまえば あれ?忘れたと思っても 買えばいいじゃんと気楽に思えるのに・・・。

12時過ぎから走りに行く
河川敷で 1.7 チューブレス
dsc_0336
何かいここを走ったんだろう。
皆で作ったCX道

20分 260ぐらいで 基礎をきっちりやりたいと思った
向こうに行ったら 土地勘が無いから 基礎は出来ないと思ったから・・・。

1分で 振動で頭痛が酷い・・・・・。
dsc_0337
耐えきれないから止めて 猫に餌をあげた
「2週間後ね」と言って帰宅した

練習できねぇ… 落ち込んだ・・・・。

帰宅して バファリン飲んだ。

シクロクロスを箱に詰める
1時間ぐらい掛かった

20分寝た

ロードバイクはないので TTバイクで 30分
10分を少しづつ上げていき 3分を220ぐらいで
心拍は150まで上がった
汗をかいたら すっきりした。

娘を迎えに行って帰宅

21分 75キロで355W出す ケンタロウに 60キロもない僕がなぜ?勝てるのか?と
疑問らしい。

シクロクロスで忙しいのに TTバイクのポジション出す時間あるのですか?となったので
dsc_9242
早めに来る生徒さんを集めて ポジション座談会を行った

意外と 僕は勉強家で 人のポジションを見て勉強している
今は色んな人が撮影してくれて それを自分のブログに載せているので
比較しやすい
高岡のもポールのも 龍太郎のも研究した
龍太郎はまだ 改善点がある 低くしているようだけれども 意外と空気抵抗がある
高岡はもう少し 肘を前に出した方が良い
ポールは ベストだと思う。

ポールは190センチぐらいある
僕が比較しやすいのは モビスターのキンタナと カチューシャのロドリゲス
でも 身長の高い マルティンやカンチェラーラーでも 意外と類似点はある
良い所を取ったら ある法則に行きついた。

そこを分かったら 後は簡単にポジションが出せる

僕はもう少し 肘を前にした方が良い。

意外と適当に3本ローラー回していますが 意外と セッティングを変えています。
それと デストラのひろさんや ケンタロウにも 相談したりして アドバイスもらったら一度試してみています。
それと持っている知識を交換したりしています
それが とても楽しい時間で 速くなるには?と追及するのが楽しいです TTは。
dsc_9249
18時からローラー教室
新しい生徒さんが2名 トライアスロンの強化選手らしく
最大心拍数も知らないと言う 伸びしろがありすぎるでしょと思った
ペダリングの癖を指摘して 簡単に治るコツを教えてました。
received_964340360337776
20時からローラー教室
その前に 壮行会をしてくれました
今までは見送る側だったのが 今回は送られる側になったのですね
感無量でした。
dsc_9247
小暮君にGショックの電池交換してもらいました。
これは2000年に 埼玉の吉見町でパチンコ店で働きながら二階に住み込んでいる時に
売ってもらった時計です
2000年に ニッポでフランス行った時に身に着けて その後に電池が切れてそのまま放置していました。
今回 時計が必要だという事で ありがとうございました。
外人にケチョンケチョンにやられて 夢破れて帰国して 僕の夢フランスは まさに夢だったと言う事で

止まっていた時間が動き出したと共に僕の止まっていた気持ちも動き出しました。

もうヨーロッパの土地を走る事はないだろうなと思っていましたが
あの頃とはレースのレベルはまったく違いますが 止まっていた時間が 動き出します。
色んな人が居て 色んな応援があって またヨーロッパで走れる。

今日はブログが長いな(笑)。

またこいつと ヨーロッパに行けるとは思えなかったです。
dsc_9250

dsc_9245
ローラー教室は まさに部活の様でした。
仕事帰りに 1杯ではなく 仕事帰りに1ローラーですね。

遠征費台の足しにしてねと沢山の餞別を頂きました。
今回は 自分で稼いだお金で行きたいと思います。
アルバイト生活で 生活キツキツで 遠方のレースも出れないぐらいでしたが
自転車屋さん始めて 自分で稼げるようになって そのお金で行きたいのです。

帰ってきたら みなさんの為に使いたいと思います
草刈り機買ったりして二ノ瀬の整備用にしたりね。
それが生徒さん達が僕を自転車に乗れせてくれる恩返しです。

車に箱を積んでもらいました。
dsc_9244
壮行会してもらうと 背負う物がありますね。

このベルギー遠征は どこかのサイトで 掲載される予定です。

ただでは行きません ちゃっかり者ですので・・・・。

インスタグラムやらは更新していきます。

ブログも更新します。

見に来てくださいね。

明日は中部空港から成田に行って成田に9時ぐらいから11時半ぐらいまでいますので 居ましたらお茶でもしませんか?

3日間

AACAのTTの時のセッティングです。
フロント GOKISO クライマーハブ48mm
市販品とは違ってテストでスポークの組み方を変更してあります。
タイヤは スーパーソニックで チューブはGOKISOさんが推奨している指定品 ミシュランの緑のチューブです。
リア 生徒さんからも借り物のZIPPです
タイヤは ビットリアの 最新式のタイヤです。

フロント 空気圧8
リア 7.2ぐらい。

ウェアはサンボルトの市販品です
これを使った理由は イナーメのワンピースが探しても見当たらなかったためです
決して チームを辞めるとかと言う理由ではありません。
チームでの活動はしなくなっても 僕はイナーメジャージを着て 中畑さんがやっている長野県山形村での普及活動や山形でのヒルクライムレースは出ます。

フロント SRM7900 10速 53X39
リア アルテグラ11速 11-23T

推奨はしませんが フロント10速ギアで 11速のチェーンは使う事で出来ます。
推奨はしませんが・・・。

月曜日
普通に起きてから1時間走りに行く
dsc_0294
河川敷の捨て猫
ず~っと餌をあげていたら懐いてきた
10数匹居る中でも 近づいてくるのはこの1匹だけ
img_20161121_154236
帰宅して箱に自転車を詰め込む
自転車1台 ホイール6本 
ブリュッセル空港は1箱30キロでないと受け取りが拒否されるらしい。
なので2箱に分けた

耳鼻科へ行ってアレルギー注射
帰りにDVD返しに行って 買い物行って 家でラーメンを作る
dsc04523
もう一度 梱包したものの確認していたら 娘が帰宅して遊びに行ってしまった

健悟カップルが来て 餞別くれた
dsc_9240
20時からローラー教室

終わってから 少し話が長引いて23時半終わり
1時ぐらいに寝た

dsc04536
リンゴ
平林こうさんから
蜜がたくさん入っていて美味しいです。

火曜日
5時20分起きて ミューズリー食べてから出発
dsc_0324
ハッチさんと
1周11分ぐらいのコース
2周で脚は掛からんわ しんどすぎるわで ゲロを吐いて2分ほどリセットしてから
合流してから最後は上げていったつもりだけど
後ろ10秒!と言われても 今はシンドイ
あと2分!と言われても そこがゴールと決めてしまった
全てが後ろ向きな考えになったのは 疲れが抜けていないんだろう。

36分ほど 250Wほど

帰宅して50キロ
img_20161122_135559-1
帰宅したらガーミン先生が お前のVO2MAXは76に上がった教えてくれた
乗鞍の時の64から ここまで上がった
どんな測定方法は分からないし 誤差も色々とあるけれど
設定した数時は変更していない中で 更新されていくのは 面白い

CXのレース時は心拍計を付けていないので その数字が入ればもう少し上がって
いるのかな。

やっぱり 上の領域やらないと 強くならないね
年を取ればとるほど FTPあたりだけもしくはその下をやるのはあくまで基礎であって
L5 L6をやれば ほんの少し上がるんです。

ここ1ヶ月でそれを自分で 自分を実験台にして証明しました。

僕のローラー教室ですが
他の教えと違う点は

「学んだ知識だけでなく それを自分で実践して結果を出してそれを生徒さんにフィードバックしていると言う点です。」

「なので地味でコツコツとやる努力が必要ですが 確実に今よりも速くなれます。」

ウェアの選別して 天和さんへ
左ひざはまだ 熱を持っていて動かすと痛いのでアイシングしなさいと
dsc04533
揉まれるととても痛いが ほとんど力を入れてないらしくそれほどに体が張っていると言うことか・・。
dsc04532
帰りに銀行寄って ユニクロへ
間違えて ワゴンセールですぇっとpantsを買ったが 家に帰って袋を開けたら スカートだった
仕方がないので 妻へのプレゼントにした
ベルギーまでこのまま持って行って 向こうで開けたら スカートだったらそれはびっくり仰天だった。
dsc04528

dsc04531

昼飯 チャーハンが食べたくなって冷蔵庫を漁ると ひき肉と玉ねぎがあったので炒めてご飯を投入
ここで終われば良かったが 卵も食べたいと思って3個を焼いて オムレイス風に

少し寝てから 自転車部屋で何かしていた
そうこうしたら タイヤがぺちゃんこで乗るおばあちゃんがいたので
空気を入れてあげた
よく見ると タイヤサイドが切れていて もう寿命だと思ったので タイヤ交換した方が良いよと言ったら
何時にこれば良いのか聞くので 12月10日以後ならと。
dsc04524

dsc04525

dsc04526

白いウェアの泥落としは この洗剤便利ですよ
在庫ありません。受注注文です。

娘を迎えに行って帰宅

夕飯
dsc04535
余った 蕎麦があったので茹でて食べた
dsc_9239
18時からローラー教室
dsc_9234

TTでそのヘルメットの性能と優位性を「優勝」して証明してくれたら買いますと言われたので
頑張った
サイン入りが希望でしたので・・・。
dsc_9237
レスト中に 近くの八百屋で買ってきた
みかんが美味しい
dsc_9239
20時からローラー教室

終わってから バイクラの酷道の原稿書き
2時間で仕上げてくれと言うので 踏ん張った

1時に寝て 7時に起きて 家族は義理の両親と柿狩りへ行ってしまった
溜まった事務仕事して 2時間寝た
世間は祝日なのだ。
だから今日は僕も 休日にしてもいいだろうとおもった
dsc04538
昼飯は 味噌煮込みうどん
たまごは半熟にして食べるとうまい

荷物の再確認

3時ぐらいから走りに行く
目的は 猫に餌をやる
1時間ぐらい

18時からローラー教室
4名さん
dsc04539
お腹が空いたので アイスはやめておこうと クレープを作る事にした
たまごと牛乳と小麦粉を混ぜます
dsc04540
dsc04541

リンゴをスライスします
水だけ入れてコトコト煮ていきます
dsc04542
生徒さんが頂いたレモンも入れます
dsc04545

娘が搾ってくれました
dsc04548

水気が無くなったら完成です
dsc04549

白い玉が残っているので かき混ぜ不足ですね
リンゴを乗せて シナモンとはちみつを掛けます
dsc04552
いただきます。

愛媛からAACA マキノへ

金曜日
6時に起きて色々と準備して 8時ぐらいから1時間サイクリング
帰宅してTTバイク ロードバイク シクロクロス2台を整備して 日曜日の準備してから
ドコモショップへ行き ベルギーへのお世話になるお土産を買いに行った

ベルギーの変換コンセントも2個買ってくる

小嶋さんが迎えに来てくれて 愛媛県今治市までの550キロをドライブ
僕は助手席で。
スターバックスで カコさんが奢ってくれたが 一番でかいサイズを頼んだのが間違いだった。
飲んだけれど 腹がたぷんたぷんになった

今治に着いたのが 8時過ぎ どうせなら美味しい物を食べようと言う事で 居酒屋へ
美味しい刺身を頂きました

スーパー銭湯へ ひさしぶりにサウナに入ったけれど これは良いですね

宿泊させてくれる家に着いてから 僕はローラー教室のメニュー作りで
かこさんは 鍼のテスト勉強
小嶋さんは ブログかいていた

カコさんが首と頭をもんでくれて リラックス出来て 10秒数えていたら寝た

7時半位着いて 喫茶店で ゴキソチームを待ち合わせて ミーティングしてから
玉川ふれあいパークへ行き ヒルクライム講習する コースを下見

11過ぎから集まり出す
カコさんが背中をほぐしてくれたけれど 眠たくなってソファーで10分寝た

12時から コースへ移動して シッティングダンシングを見てから
ふれあいセンターで 和菓子を頂く
これが美味しくて 4個も食べた

皆がそわそわする 「ヒルクライムもがき愛」
3分モガキ 3分レスト 2分もがき 2分レスト 1分モガキ 1分レスト 30秒

いやぁ掛かる掛かるわ 面白いぐらい追い込めた

そのあとは20秒もがき 20秒レストを8本
これももがけれる

さぁこれで終わりと思ったら カコさんが まだ走り足らないでしょと言うので
窓の峠で千切り愛レース
ぼんしゃんすの日野が森本さんを千切っていった

8分 5.5倍ぐらいだった気がする

終わって 記念撮影 1時間電車の時間を遅らして ファンの方々と交流して帰宅

観音寺駅で 友達のふるいちに 会いにこいと言ったが それは無理だろと言われた

岡山から新幹線で帰宅
23時ぐらいに帰宅
脚がパンパン。
明日の準備して 1時ぐらいに寝た

6時半に起きて 車に積んで TTバイクで自走で長良川まで
準備してから コースでアップ

脚がボンヤリとしていて 短めアップで終わった
これは掛からんわと言う脚具合だった

AACA TT 5キロ3周回
1分間隔で出走
dsc_8666
前の走者を追いかけるが 1分だと700mは差がある
dsc_8671
1周目 コースが並走する所で 42秒差
1周目 6分40秒で通過 318W 5.4倍
ホームストレート 最高速46キロ バック 47キロ
dsc_8697
2周目 7分まで落ちる
ホームストレート 43キロまで落ちて バックも45キロまでしか上がらない
心拍も160までしか上がらない
ある程度は辛抱出来るけれど これ以上は上げれない
今日出せる最高のパフォーマンスをしているが 身体はシンドイ・・・
dsc_8758

dsc_8760

dsc_8766

dsc_8723

3周目 前に20秒差ぐらい見える
45キロまで上げる事が出来て 身体が負荷に慣れてきた
バックで46キロまで上げれて 追い抜いてゴールした
そのまま下のコースを通過していたら 6分50秒ぐらいだと思うが
3周目のゴールは 坂を上らないとならないのでしんどかった

15キロ 20分40秒 平均W数 283W 5倍出ていない。

2位のケンタロウ 体重75キロに18秒差で勝った

娘が撮影
妻よりも写真の撮り方が上手い。
dsc_8760
頭が完全に入っているので このヘルメットの形が 僕のフォームには丁度ハマる

これが後ろがとんがっていたら 空気抵抗になる

表書式を速めて貰って マキノへ移動
助手席で爆睡

コースを下見出来ないので歩いて下見
汗がTシャツがべたべたになった

空気圧は1.6
今日のピットには近藤機械さんの 小野寺君に入って貰った

今日の課題は 肘をまげる
肘をまっすぐにしない事

アップは掛かりが悪いので 静かな上りを270ぐらいで3分
ダッシュを何本もして一回車に戻り
鼻にメンソールを詰めて もう一度アップでダッシュを
掛かりが悪い

スタートは失敗
6番手まで落ちる
コースは下見しないとダメですね(笑)
dsc_8918

dsc_9014
dsc_9016

そうこうしているうちに 後ろの ジュニア3連隊が追いついてくる
結局は3人に着いて行くことが出来ず
さら脚だったらよ・・・・・と思いつつも 今日はカッコ良く言うならばバッドデイと言う事にしておきたい
dsc_8891

dsc_8900

まったく踏めん(笑)

dsc_9092

階段も手すりを使って上るような感じで 身体の中がスカスカだ。
お腹が空いているのとは違う(笑)

息子のような子たちと 障害物競争しているようなもんだと走りながら気が付いた
さら脚ならよ・・・
トリプルヘッダーは考えもんだと思ったがこれもこれで良い経験だった
dsc_9211

今日もたくさんの応援ありがとうございました

帰りに クエストさんへ寄って 横井さんと ミーティングしてから帰宅