フルボッコ

28日 木曜日
いつもの橋の上りで 身体がふぁふぁ浮いている感じで 今日は 僕の日ではないと悟る

日が昇る前に 8キロの舗装路で 基礎練習

20秒間隔で 走り
7分 260W
6分半 275W

陽が出てきたら コースを作りながら 1周回

今日は速い人も遅い人もいるので 1周毎に スタート地点に集まって スタートダッシュ

切れたら ショートカットして 集団に付いてくる

1周回目 覚えて居なく メーターを見たら 6分45秒で 350W
2周回目 少し落ちるが 320W(笑)
3周目 切れる ショートカットして集団に戻るが 山中君の後ろで 誰から中切れして それを埋める事が出来 ず 10秒差が追いつけない

いつ以来だろうか いつもトップを走り続けて来て 人に千切られるのを思い出させてくれた

10秒が15秒になったら 心が折れる

サドルにどっかりとすわって 路面からの振動に対応できなかった。
重心が後ろ過ぎて 進まない

4周回目 脚も心もすべてが終わるぐらい 山中君が強かった

5周回目 一周は付いて行くと決める

ダッシュもすべて反応して ラスト 1分前に兄ちゃんが先頭に合流して 山中君と兄ちゃんと3人で
スプリントする

ゴールラインを決めてあるので 絶対に勝つと決めて 5m差を埋めていき

ここまで来て 負けるかぁ!とゴールラインぎりぎりで 差し込んだ

得意だったスプリント力が戻ってきた感じで嬉しい
やはりスプリントはスプリントの練習をしないとならないし
きつい所からもがくというのがほんとに良い

最大心拍は ここ10年見たことが無い 181拍だった

ここまでまた心拍数が上がるとは思わなかったが 良いトレーニング仲間に巡り合えたと思った

山中くんの80キロは外人みたいな体格は もう日本ではない感じだった

おじちゃんが キャラメルをくれた

全日本は 40歳から49歳の一区切りになった
若手で沢山いる(笑)

それを心配している僕に 兄ちゃんが 
「それだけ走れているんだから 何を心配してるんだ 胸を張れ」と言った

どれだけ練習しても不安だ
どれだけ練習しても 果たしてこれで良いのだろうか?と思う
これで良いんだと思っても 今日のようにボコボコにされてしまう

「石橋を叩いて渡る」

 僕は橋はまだ木の橋だ

帰宅して 洗車して お腹が空いたので

蕎麦を茹でて 野菜と茹でたまごに 胸肉

ローラーメニュを書いて バナナをカットして 

耳鼻科へ

天和さんで 解して貰った

帰宅して 残りのそばつゆを飲んだ


ご飯が食べたくなった


おやつに たまごかけご飯


18時からローラー教室

20時からローラー教室

苦手なモノを食べてみたが


防水財布のサンプルが出来上がってきました

25日 
久し振りに家族へ夕飯を作った

好きな平麺パスタ

娘の嫌いな ナスビをちゃんと入れてあげる

財布のお手入れ

ワックスを買ってきたが 艶と光沢があるのはやはりいいもんだ

26日 火曜日

兄ちゃんお手製の シケイン30センチ

6時集合

恩ちゃん 兄ちゃんの3人

日の出が遅くなって 6時15分程
暗い中 アップがてら コースを試走

コースを5周回
1周目 7分程で レースペース 
出来るだけ ダッシュを繰り返す

2周目 20秒ダッシュを5本してから コースをある程度のスピードで走る 

3周目 レースペースで走る

4周目 20秒ダッシュを 5本してからコースをある程度のスピードで走る
恩ちゃんが差し込んでくるけど これは負けると思って ギリギリ横に並んだ

ここまで29分程 アベレージW 307W

5周回目 千切り合いペース
先頭のスピードが落ちたら 先頭に出て スピードを上げる

恩ちゃんが前に出て来れなくなった

ラストはテクニカルゾーンの前に兄ちゃんが前に出て来て 先頭ゴールだけど
そのまま 声を掛けて 20秒スプリントをした

キツい所から さらにきつい事をする

それは勝ちたいから自分に負荷を掛ける

7分 320W

レスト5分してから 基礎練習

13分30秒 269W
応用ばかりしていると ベースが作れない
ベースを作っているから 応用が出来る

僕のトレーニングは 地味な事ばかり
特別な事は一切していない

地味な事を継続してやっているだけで それをやらない周りが辞めていくだけ

地味にW数を出していく パワートレーニングをしているだけ

地味なほど 退屈な事はないけれど 僕は地味な事をやる大切さを知っている

ここ数年で一番 良い数字と体調だと思う


いつも練習していると オーナーさんと話すようになって 私有地を使わせてもらえるようになった

健さんのシクロクロススクール
スクール代金を頂いて教えます

まずは担ぎと 自転車の押し方から

1時間で終わり


三島さんに お腹が空いたと連絡したら ごちそうしてくれた


年を取ると 柿渋のボディソープがいい
特に耳の裏側を念入りに洗うといい

夕飯

18時からローラー教室

20時からローラー教室

27日 水曜日 

雨音と家庭の音で目が覚めた

30分ローラーに乗って 雨なので 妻を仕事場まで送って行って 

KAKOへ 行った

GIANTのサイチンが居た

羽島まで 妻の車を車検へ

帰りは電車で帰宅

自転車と変わらない時間だった

風邪引いたようになった
食欲がわいてくるのは 冬眠に入る前の動物のようだ

食べて帰るのも良いけれど 自分で作った方が楽しいからと

冷蔵庫の扉を開けて ひき肉のがあったので ごま油と葱を炒めて 唐辛子を

小嶋夫妻に頂いたものだけど 5年掛かって使い切った

最後に殿様醤油を入れて 焦がしチャーハン

野菜と 胸肉とゆで卵 オリーブオイル多めで

首に鍼を打ったら 気持ち良くて悶絶していた

僕は柿が嫌いだ
柿とリンゴは頂くものだと思っていた
妻は柿が大好きだ

僕は牡蠣が大好きだ
妻は牡蠣が大嫌いだ

妻の気持ちになってみようと思ったが 柿はやっぱり苦手だった

18時からローラー教室

20時からローラー教室

週末は家出

22日 金曜日
荷物を積んだのだけど 遠征疲れかぁ?野辺山に行く気がせず

荷物を全て下ろした

流れて来たツイッターの記事を見て考えさせられる事も 行かなかった理由
それは グランドファインティングで160万円を集めている選手の投稿

ある人がその記事に対して 160万も支払えない親って一体とつぶやいていた

11年から14年 4年間の間 お金が無くてレースに行けなかった
でも今では 行けるようになった

行けるようになったとは言っても 果たして自分の事ばかりでいいのか?と考えさせられた

子供が大学に行きたいと言われた時に そのお金を支払う事が出来なかったとしたら・・・・

僕も選手をしている時は アルバイトをしてて 親から4年間は大学行ったと思って
毎月3万円を仕送りしてもらっていた

それを今 誕生日とか お祝い事がある度に 母親に 返している

40分のレースに交通費で3万円と考えたら 娘の為に貯金しておいた方が 良いのではないかと思った。

東海にはレースが沢山あって 自走で行けるレースも沢山ある

全日本は 別として 他のレースでわざわざ遠征しなくていいんじゃないかと思ってしまった

今年のロードレース全日本で 自分への投資をほどほどにしようと思った

ローラー10分


昼飯は マーボー豆腐

また 腹を下す
僕には学習能力が無いらしい(笑)

車中泊

23日 土曜日

これたら来てくださいと言われていたバイクナビのお仕事
モリコロパーク
90分と120分のキングのクラスでエントリー
ガチで走ってくださいという仕事


モルゲン320を飲む

最初の60分は 皆の走りを見ながらの走行

90分は 19番の選手が強いのは知っていた
でもスプリントはそれほどではないだろうと思っていた

光の選手が 坂の定点地点を39・7キロで走った その時のラップタイムは 7分40秒
その後に 皆がばらけて 集団が落ち着いた

次に 僕は42キロでそこを走ったら さっきよりもばらけた ラップタイムは 7分31秒

39キロまで上がるのを 集団の中で待った
39キロまで上がった時に アタックを掛けた

その時の定点のスピードは44.5キロだった その時のラップタイムは 7分23秒
19番の選手ともう一人の3人になって
2キロしたら 19番の選手と二人になって 残り3周回

58キロを切ってきたので 平坦がしんどい
いつものように同じポイントでアタックを掛けたら 早掛けだったみたいで 差し込まれて2位
 0.6秒差

120分は スプリントが強いのが分かったので 差し込んでいく作戦

総合3位の選手達とは40秒差?ほど

イナーメオイルの小嶋さんも居るので 19番の選手以外の白ゼッケンの選手と40秒差をつけて逃げてくださいとお願いし 総合3位以下の選手には 40秒差で逃げれば総合優勝出来るよ
逃げを作ってくれたら 僕は追いかけない スプリントはするけど 何もしないと 交渉した

それをすると 19番の選手は追わないとならないので 形成逆転出来る

逃げができやすい時もあるが 19番の選手は頭の回転が良いから自ら追いかける
僕は脚を削れ削れと 何十回も思った

しかし逃げが決まる事も無く 周回のペースは 8分を越す事もあった

それはレース 勝つために 何もしない

ラスト2周回で 総合3位の選手たちが 代る代るアタックしてくれて 19番選手が追いかける

それもレースだから仕方がない

僕の口車に乗ってくれているが 40秒差つければ勝てるんだから 彼らは アタックしていくだろう

ラスト周回で スプリントする選手に着いて行って 2位
19番の選手が真後ろに居て スプリントでは勝ったが 秒差は  総合0.3秒差で負けた

アタックをしてくれた選手が話しかけに来てくれた
こういうレースも楽しいものですねと

同じシチュエーションで僕が総合3位の選手なら 総合2位の選手に こういう話を持ち掛けてレースをする
総合3以下の選手たちにも 逃げ切ろうと持ち掛ける
それもロードレース

強くて 力で勝てるなら 自己の力で勝てるだろうけど
年を取って 勝とうとおもったら 経験と頭で走る事も大切だ

60分 平均W 198W
90分 平均W 245W
120分 平均W 195W

TSS 330

終わって 山陰地方からわざわざお越しいただいた生徒さん
スクール

高畑のタパスさんへ移動して 沖縄50キロの動画を見て 自分がどう走ればいいのか?
ダメ出しをするスクール

3時間 20000円
今やるべき事をお話ししました

ごちそうさまでした

でもやっぱりお腹が空いたので 親子丼(ご飯半分)を食べた

車中泊

24日 日曜日
平田クリテリウム
40分とシクロクロスの時間に似てるので 出し切る事を意識した

自走で向かう

お腹が空いたので 平田の道の駅の裏の和菓子屋さんへ
300円 美味かった

BSの橋本エイヤも参加する

2キロのコースを14周回

アタックをする
アタックに着いて行く 事が今回の 自分への課題だ

橋本エイヤが コーナーで つっこかれて ふらつく

「エイヤ!!まっすぐ走れ!!」と怒鳴る

ふらつくエイヤに 「ふらつくな!」と怒鳴る

世界の橋本エイヤでも ふらつく時には 怒る

ぼこぼこにされて終わり

良い練習になった

岐阜連盟の 和田さんにも わざわざ遠い所で行かなくても 身近に良いレースがあると言ったら そうだよなとうなずいた

ハッチさんにも自らイベントや レースを作る事をしたいと言ったら 参道してくれた

山中湖の森崎が 色々と相談事なのか? 話しかけてくる

部長コーヒーの スバゲティを食べた

帰りは タカユキと二人で自走で帰った

タカユキは 「56さんは年を取っても なんでそんなに走るんですか? 何がモチベーションですか?」と言われた

目標がないと人生楽しくないし それが勝とうが負けようが また目標を作れば 楽しいからかと答えておいた

家に帰りたくないので 銭湯へ行って コインランドリーへ行って おやつ

生ハムとサラダ

定食屋さんへ

そこに行きたいという友達と言ったが 野菜炒めにウェイパーを使っているのか?
お腹の調子が悪くなり 胃の中を洗いたくて 低脂肪牛乳を飲んだ

車中泊

平田から1時間走る

妻に 用事を頼みたいから帰って来てと言われて帰宅

銀行へ行き 高島屋へ行き 昼飯食べて お父さんに会いに行ってきた

1

1

食事の内容ですが
野菜はぶつ切りにして ラップしてレンジで温めて オリーブオイルを沢山掛けて 塩か醤油で味付けです
ご飯は タッパに200グラムで小分けしてあります
茹で卵はおやつに食べたりしてます

油は大切です
脂とは違います 大切なのは油です
から揚げも 新鮮な油で揚げてあれば大丈夫だと思いますが
加熱しっぱなしの油は 食べないようにしています

なので 野菜にオリーブオイルを掛けて食べる事が多いのですが
オイルが少ないと 影響が現れるので 便通です。
カサカサした便だと 通りが悪くで オイルを沢山獲ると 便通が良くなります

小便の色と量
大便の中の 消化されていない物 量 水分量などを見れば 体調などが分かります

19日 火曜日


18時からローラー教室

20時からローラー教室

20日水曜日

日の出前から CX連

兄ちゃんと ぜきくんと 若者 の
4人で

コース 5周回 2 3 5周回目を上げる

もがいて かぶせられて もがいて また もがく

20秒ダッシュを 4人で
最後は これを勝たないと 負けると 自分に良い聞かせて

にいちゃんに ようやく 勝つ気持ちになったなぁと言われた

昼飯

クルックスのメカニック


自分のCXのBB交換

洗車
CXマシンの整備


沖縄の自分へのお土産

夕飯

18時からローラー教室

20時からローラー教室

終わって銭湯へ

21日 木曜日

身体がおもたい
寝ていたいが 緊張感で寝られない

兄ちゃんたちがいるから 河川敷へ

兄ちゃん 恩ちゃんのうしろで走るが 脚がはって痛いので8の字練習して
コーヒー飲んで 帰宅しようと思ったが

でも なんだが これではいけないと思って 二人の後ろにつく


ダッシュする恩ちゃんを ジワリと追いかけて 1周回

きもちよく追い込めた

帰宅して  おやつ

Cxの洗車

帰りに銀行と 買い出し

昼飯

天和さんへ

帰宅して クルックスの ディスクのエア抜き

どこが終わりで どこが完成なので 泥沼にはまっていく感覚が また楽しい

荷物の積み込み


ヘルシーハンバーグ 豚肉

18時からローラー教室 4名さん

20時からろーらー教室 4名さん

嬉しい事に 開催中に 見学者の方が来てくださりますが
話す事が出来ずにごめんなさい

5時30分過ぎと 7時40分過ぎほどに来て下さると お話しできます。

何回も 足を運んでくださってありがとうございます。

シクロクロス

15日 

メカニック作業して 足らないパーツを発注。

羽島まで車検が終わった車を取りに行った

スタッドレスタイヤは やはり乗り心地は硬かった

サイクリング CX 空気圧2
35キロ TSS40

夕飯
定食屋巡り

マキノはエントリーをし忘れていたというオチ


話題のドリンクが入荷した
ひとつ1100円と高価です

気持ちは旅に出たくなったので 車中泊の旅へ

16日 土曜日
ローラー教室の生徒さんの 実走スクール

18分 平坦走 平坦で 踏みこむペダリングで出来れば 上りでもそれは友好的

後藤さんが居たので 後ろに付かせて貰い
後藤さん 生徒さん 56の並び順で 生徒さんが後ろに着く練習をさせてもらった

10分走 241W
レース前はこれをやると なんだか調子が良い

60キロ TSS40

担々麺を食べにいった

29辛を食べたが その後 トイレに駆け込んだ

辛いはほどほどが良い


昭和の雰囲気漂う食堂
夕飯

17日 日曜日

5時50分に起きて トースト1枚 ヨーグルト100グラム コーヒー1杯

東海シクロクロス 平田
スクールで講師をさせてもらったが ローラー教室の生徒さんとマンツーマンだった

試走も含めて 1時間 300カロリー

ご飯200グラム 
おはぎ 2個

生徒さん達のレースでの走りを観察

上手く走る生徒さんは しっかりとしたフォーム
それを 簡単に伝える言葉は無いものかと 色々と考えていた

中学生の生徒さんも ダッシュの後の アドバイスをした

ローラー教室のメニューは基本ばかりなので もがけばもがくほど 調子が上がっていきます

FTPの領域で 休むことが出来るので 今までよりも 走れると思います

レースは 14時30分から

11時30分に ブルガリアヨーグルト200グラムに はちみつと ミューズリー50グラムを食べた

2時間前から
モールテン300を 500mlの水に溶かしたのを チビチビと飲み始める

血糖値が安定すると感じた

血糖値が上がって 落ちてくる事が多いが これは安定するので 昼寝が必要ない

1時間前に バナナ(小さめ)を1本と モールゲンをチビチビと飲む

アップは 気温が暖かいので その辺を走って ダッシュを1本やってスタート地点へ

生徒さんの林さんがピットに入ってくれている

空気ある ベイビーラム 1.55

スタートは最前列で兄ちゃんの横

スタート前に兄ちゃんと話す
ここがゴールではないので 身体を作るために コーナーを抜けたら ダッシュをする

1周回 5分45秒ぐらいで回れる
40分なので7周回

C1は5分30秒がベストラップだった

兄ちゃんの後ろで2周回
IRCピットで 少し離されるが 追いつく場所を決めておくので 慌てなかった

3周回目で兄ちゃんを追い越して ダッシュを出来るだけ繰り返した

6周回目で10秒ぐらいの差が出来た

兄ちゃんとレース後に 足らない物 足していく物を 話し合った

レースの負荷はトレーニングとは比べものにならないぐらい
L6 L7を こなさないとならない

トップタイムが 5分31秒だった
最初から5分40秒から 31秒の間で 周回していたらしい

兄ちゃんと共に 二人とも 去年よりも 体力ベースが上がっていると幹事ら

18日 月曜日

車を置きに 羽島までいき ロードバイクの乗って チャリダーの撮影へ

1時間ほどで撮影を終えて 80キロ TSS80ほど


いつもトレーニングで通り過ぎるお店に入店
お茶も出してもらい 上品な味で美味しかった

レースが終わった後に モールゲンを飲んだからか いつものように 脱力感がない
それは きちんと 消費した炭水化物を補給出来たんだろう

1個 1100円と高いけれど これは飲む価値があるとおもう

お店でも販売しています。


中華そばが 食べたかった

帰宅して 事務仕事をして カトーサイクルさんへ

帰宅して メカニックの仕事をして チャリダーの撮影へ

皆が揃うのを待ってから 撮影を開始 終わったので 0時過ぎだった

帰宅して 1時には寝た

19日 火曜日
5時半起き 寝坊である

兄ちゃんと
二人なので あえて基本メニューを

6分 260W

6分 272W+ 6分 273W

6分 259W + 6分 272W

身体が怠いと 兄ちゃんは言う

レースで 超強火で 鍋に入っている 豚骨を グツグツを40分煮て
いいダシが出てきて それを また中火でグツグツと煮ると 美味しいスープが出来るんだと

例えを分かりやすく言ったつもりだったが 伝わったのか・・・・(笑)

終わって ミルクティーを飲みながら 色んな話を

一緒の会社で働いている時は いがみ合っていたけれど
僕がお店を辞めて自立して お互いの自営業での立場になって  まてこうして 一緒にトレーニングするというのは 楽しいものだと思った

兄弟のダブル 全日本優勝と 言っているが 勝っても負けてもどっちでもいい
負けて やめるわけではなく 
毎年 目標を作って それに向けて 生活 食生活 を変えていて 
人生を楽しめれば それはそれで ある意味で スポーツにおける 成功者と思う

50キロ TSS93

帰宅して メカニック作業

クルックスの組み立


グリスが入っていないので


カーボンステムとカーボンハンドルなので 滑り止めのグリスを 塗ります


ディスクはここのネジが錆びやすい

RDのネジにも 数滴のグリスを垂らしておく
CX パーツが入ってきた

トップチューブを持つと 傷がつくので シリコンチューブで保護しておきます

2重にして 泥の浸入を防ぎます

電動に用いる手法ですが ワイヤーでも多用します

そうすると ワイヤーが外にいきずらく 脚に当たりにくくなります

昼飯は 頂いた弁当 茹で卵

事務仕事して ブログをかいている

 

のんびり

11日 月曜日
乗ろうか?乗ろまいか?迷ったが 3本ローラー3分乗った

親子ライス

天和さんが解して貰った

ロードレース男子部を応援する「ロードレース婦人会」にお呼ばれし 祝賀会を開いてくれた。

12日 火曜日

メカニックの仕事をした

BB交換 回転が渋くなったのでというので 外したら ベアリングが死んでいた

交換

羽島の堤自動車まで スタッドレスタイヤ交換と車検なので 自転車を積み込んでドライブ
帰りは自走で帰宅

35キロ TSS40

18時からローラー教室

20時からローラー教室

13日
5時起きが 6時に起きて寝坊
遅れて CX連に合流し 25分もがいた

サイクリングして 45キロ

のほほ~~んという気候で気持ち良かった

八百屋さんで野菜を多めに購入
時間がもったいないので作り置き

チューブラー貼替え

タイヤサイドもコーティング

18時からローラー教室

20時からローラー教室

14日 木曜日

防水グローブ
快適だった

雨だったが 雨のレースを想定して練習できるので 歓迎する天気

兄ちゃんと シゲ君と

36分で終了

NP270とまぁまぁ負荷が高かった

6分 280W
後ろで兄ちゃんが240だから結構良い数字だった

帰宅して洗車して  昼飯

BB交換した生徒さんの来店を待つ

こっちもメンテナンスしてくださいと
僕がベルギーのマスターズ世界選で走った CXを乗ってくれている

ブレーキワイヤー交換の依頼だったけれど

3年経った グリスはどのような状態になっているか?を確認したかったので
色々とメンテナンス
自分で組んだ自転車をまた組みなおせれるは 幸せだ

ヘッド周り

汚れはあるけれど ベアリングは生きているので 

洗浄して 

グリスを詰め直す

カンチブレーキ台座は グリスが残っていたけれど 


洗浄して 

グリスアップ

ブレーキシューは

減っていたので交換

小さいネジにも グリス一滴 次回のメンテナンスが楽になります

バーテープの巻き方が反対ですがな

バーテープを外したハンドル 
糊が残っているので 綺麗にする

どうせ見えない部分だけど 綺麗にすると気持ちがいい

テカテカに光っていたブラケットカバーも

新品に交換


年を取ると やりたい事をやらないとって 事を言う 午後4時のいつものお二人さん

目標が出来ると 生活が一変する
その時間をたのしめるようになったら スポーツの勝利者だと 僕は思う

16時からローラー教室

18時からローラー教室

20時からローラー教室

2年間の集大成レース

11月7日 木曜日
朝一番の飛行機で 那覇入りし コースへ行くが フンガワダムだけ大雨という天候で 予定を変更して
学校坂を越えた所から走り出す

文平君が良いスピードで引いていき 要所の坂で トレーニングがてら上げて行った

2分 380Wとか 結構いい数字が掛かって
大体5倍以上で走れたが 自分的には 結構きつかった

トレーニングでレース以上のW数を掛けておくと レースが楽に感じる

羽地ダムで シュガーが上げていきますというので着いて行くが
クルクルと高回転で回して 付いていけなかったが
W数を聞くと 6.5倍だったらしい

明らかに 体調が良いと確認出来た

ゴール前では 2回 色々とシュミレーションし 道路の路面状況に 車線が2車線から3車線に広がる地点など
シュガーを引率する役目の僕としては 一番集中した 時間だった

90キロ TSS 180

8日 金曜日

ゆっくりと起きて 海を見に行き 皆でゆっくりと朝飯を食べた

10時から走り出し 前田食堂まで 53キロを往復した
TSS 50


皆で観光地へ かき氷を食べに行った


海が綺麗だった

洗車したりして BORA DISCを装着した

9日 土曜日

BORAがパンクしている
バルブの閉め忘れかなと思って 空気を入れてはしりだすが スローパンクしている


お土産を買いに行くサイクリング

50分走り TSS20

帰宅して確認すると タイヤに異物が刺さっていた

前日に 確認しておいて良かった

CLX32に交換した

受付後は バスで帰宅
爆睡だった


補給食
白いのは 脂肪0のコンデンスミルク
黒いのは 黒蜜
茶色は トップ10
黒は 粒あん


ロードレース男子部の スタッフミーティング
大人数で動いています

前日の夕飯が美味しくて ついつい食べ過ぎた

10日 日曜日

普通に走っていて 4分 302Wが掛かったので体調が良いと思った


けっこう 怪我をしたなぁと シミジミと思った

一回目のフンガワダムが しんどかった
これは 今日やばいと何度も思うぐらい 一番きつかった

2回目のフンガワダムは それほどまできつく感じなかった

学校坂も きついけれど 越えれた

いつ切れるのか ビクビクして走っていた

でも 木曜日の練習よりもW数は低いので 何とかなると自分に言い聞かせた

何度も切れそうになりたくて ペダリングをやめたが 集団とのスピードが変わらないから
皆もきついんだなぁと思い返した

集団の人数も減っていくのは これは速いからだと良い聞かせた

羽地ダムを越える時も
後 30秒 辛抱 辛抱と 何回も自分に言い聞かせた

後は これは現実か夢か分からない10分間だった

この2年間の集大成

後7キロで終わってしまうという寂しさが先に沸いて来てしまった

後はシュミレーション通り 進めただけだった


夕焼けが綺麗だった

年末に放送される予定です
お楽しみにしてください

楽しい仲間との時間

野暮なお客さん

5日 あさっぱから サイクリング
日が昇る前だったから寒かった

コーヒー飲みながら 全日本選手権のコースといつも練習している場所を照らし合わせて
コース作りをかんがえていた

回転数高目で走る

24キロ TSS 16

帰宅して りんこうをした

昼飯
卵焼き
鶏むね肉
葱としめじの味噌炒め
ご飯 250グラム

事務仕事していたら ピーンポーンと鳴り 出たら 良介だった

仕方がないから 那智勝浦で使った カルピスの残りを出した

BORA DISC  貸して~
コラムスペーサー抜いて~
ディスクブレーキでダンシングする時に擦るから 何とかして~
Di2の変速ボタンを これをこれに変えて~
と 

こんな仕事をしている途中に来られても(笑)

どうせ暇なんでしょ?と言われるが 少なからず仕事はある

身体が歪んで でも遠いからローラー教室行けないからと 動画を送って貰って
改善策をおくります

乗って 「これは走るバイクだわぁ!」と言って その辺をサイクリングしに行った。

工賃を 大体このぐらいでしょ?って言って支払っていった
流石 プロだ

作業は30分ばかりで終わって京都へ帰って行った

なんだかんだで やる事があった

18時からローラー教室

20時からローラー教室

終わって 銭湯へ


だから 呑めねぇって

那智勝浦ヒルクライム

3日 日曜日
4時半に起きて5時出発したが早く着きすぎたので 30分寝た

3本ローラーで5分乗って 身体が動くかどうかの確認

身体が重い(笑) 笑い事ではないが どうしようかと思い イナーメの CXオイルを塗り込んでから
ベリーホットを塗った

パレード5キロは 先頭に集まるんだったが 最後尾から参加者とおしゃべりしながら走った方が
楽しいので

5キロアップし トイレに駆け込み ションベンして軽量化

今年は 参加者を多めに連れて行こうという案をKINANチームに打診し
山本げんきが 先頭固定で しっとりと引いて行く

アップで上げていないので 身体はしんどく 今日のレースで一番のシンドさだったがちぎれるわけにはいなかないので 踏ん張った

ゲンキが 10分引いて 陣が先頭にでる
ここで 集団が13人ぐらいと言ったら げんきのプライドが許さないんか? 少し上げていった

集団は げんき まさき 森本さん 56 浅野さん

ゲンキが13分引いて まさきに変わった途端 さらに上がって行った

ここまでで13分 285W 5倍ほどだったが

まさきの引きで 浅野さんが千切れて 19分で 僕が千切れた

下りは浅野さんと二人で
浅野さんを総合優勝させるべく 引いた

歪みで痛みが無い 浅野さんも それをいっていたが 痛みが無く上れるのがこれほどまでに楽しいものだとは
自分で 色々と試行錯誤して治して良かったと思った

だが パワーが出ないので 浅野さんを従えて走る

パワーも心拍もみないとうにして 感覚で追いコンんだ

1時間1分30秒ぐらいだった

アベ265W NP275W

ヒルクライムって 楽しいとおもった

雨予報が晴天になって こに熊野三山は素晴らしい景観だった

下って おもてなしは マグロにお寿司に 干物など

トークショーも自分的には楽して このイベントはほんとに楽しい

終わって 帰りに干物を買った

松阪から名古屋まで ずーっと渋滞していた

4日 月曜日

文平君と 伊織君と走る
半島で きつい目のインターバル
僕もそれに付き合うのもしんどい

155キロ TSS250

身体は軽かった

5日 火曜日

朝からCX
兄ちゃんと山中君と
後ろに付いて15分走った

思ったほど身体は動いて もがきたかったが 身体が動くからと 追い込んでしまうと
ぴーくが早くにきてしまう
そこは楽しいからと追い込むのを グッとこらえた

沖縄が終わったら CX
早く乗りたい

天和さんで身体のメンテナンス
鍼を打たれても それほど 怠くならないのは身体の調子が良いんだとおもった

洗車して CXのチューブラータイヤの貼替え

チェレンジのベイビーラム


剥してセメント 6回 30分で貼ってみた
意外と 貼れるな

事務仕事を終わらせて 沖縄に行きたいので色々と

シューズが汚れたので洗った

ご飯は 親子丼


シクロクロスは2台体制
サドルの高さを合わせるのは これが便利


ペダルは XTRの  マイナス3mmシャフトモデル

豚肉 と野菜 にご飯

18時からローラー教室

20時からローラー教室

終わって銭湯へ

那智勝浦を堪能

11月1日 金曜日
シュガーと練習してから バモスに荷物を積んで出発

バモスの音響システムは いまだにカセットテープ

尾鷲市の温泉へ
ここはゆっくりと出来る場所だった

湯船に入り隣の方に 「この辺で刺身が美味しく食べれるお店はどこですか?」と聞いたら
42号線のおふくろと教えてくれた

向かう先は おふくろ

刺身丼を注文
美味しかった

那智勝浦まで来て道の駅で車中泊
いつかこんな旅をしてみたかったから 楽しみだった

日の出を見ながらご飯を食べるのが目的だったが 起きたら8時過ぎだった(笑)


大地町までサイクリング
30キロ程

KINANサイクリングチームが毎年参拝している 熊野那智大社へのお参りに 参加させてもらった

那智大社を訪れるのは初めてだ

レースばかりしていた時は レースが終わったら すぐに帰宅していたが
日本全国を周る仕事に変わってからは 出来る限り 地元や観光地を訪れたいとおもうようになった

お昼ごはんは かません で

ゼネラルマネジャーの 加藤少年が温泉に行くと言うので これも便乗した

新城選手と男3人旅

向かうは湯の峰温泉

薬草の湯に入ったら いつもの選手に出会った

湯船に入っているうちに5個200円の卵を入れておいた
皆で食べたが 財布から 岩塩を出したら 驚かれた

KiNANの選手たちが停まる 研修センターへ遊びに行ったが
ここでも良くね?と思ったが 「招待なのでホテルです」と言われたが 別にここでも良いと思った

ホテルにチェックインし 夕飯はKINANチームと

帰りに森本さんと コンビニへ
チョコモナカアイスを食べていて 再度コンビニへ駈け込んだらしいが
僕も山頂で食べようと買ってきた パンと目が合ってしまい 2個食べてしまった