欲しいモノ


ネイチャーランドでの応援
僕の不審な動きを察した 和田さんが寄ってきた。

海水パンツを忘れた事を後悔している

娘のスイム帽子に ゴリラ福井さんに貰った ゴーグル

ここまで来て スイマーズになれないなんて・・・・・。

金曜の体重が 58.2キロ

今日は 62.2キロと ダークサイドに落ちている時は いろんな物を食べてしまう。

お菓子じゃなくて ごはんをしっかりと食べたから 問題ないと思うのだけど・・・。

26日 火曜日
土日で稼いだ TSSは 280と250と控えめだった

抑えたかった理由が 平日の個人メニューの時に掛かりにくいと感じ始めたから。

皆と走ると 楽しい 千切ったりするのも楽しい

でもそれは 個人のトレーニングでしっかりと出来ているからだと思う。

先週は 何か ふがいないと思って トレーニング日記を見直すと 平坦走の数字が低いとかに繋がる

僕がこの年でもある程度速いのは しっかりと 基礎メニューをしているからだと思う。

後藤さんと走る

40分走を 先頭固定で

後藤さんから 227W

僕が引いて行く

271Wで 15分間

心拍は150も行かないから 85%ぐらいか
でも今日は やり切るというのが目的なので 気にしない

ターンしてから 270Wを出来るだけ維持する
心拍は155と少し上がってきたが

みぞおちが痛まないように 色々と考えて走った

40分 271W

一旦休憩して 後藤さん 
クリスクロス
1分45秒をFTPで維持して 15秒を出来るだけ 270Wを維持する

僕が後ろで号令を掛ける

後1分 30秒 10秒 5 4 3 2 1  はい!という感じで

5 4 3 2 1 ハイ!で終わりというように ずーっと監視している

後藤さんは 230Wが最高数字だけど 239Wと更新した

でもクリスクロスはシンドイ

僕の番

維持する数字は280W

15秒間は 出来るだけ高い数字 でも大体330Wぐらいかなって感じ

でも最後まで 平均281Wだった

上げて 一旦落ちてから 維持するという 動きなのだけど

上げて そのまま280Wを維持するようにしないと 戦えない

まぁでも 最大心拍数は 162拍と また10拍も余裕があるから もっと頑張れるな。

嬉しかったのが トイレの時に インナー が 両方上がっている事だ

歪んていた時は 右側のインナーだけが 捲りあがってきていたから

帰宅して 125キロ TSS 235


AIRFIT
これはほんとに快適なのだよ

昼飯

銀行へ

深谷産業から仕入れ過ぎて お金に立ち回りが大変だった(笑)。

夕飯


1日 3錠 毎日元気だと思う

18時からローラー教室

20時からローラー教室


どか買いしたくて アマゾン見ていたが 結局欲しいものは 自転車関係ばかりだ。

 

言われて

22日 金曜日
健さんの後ろにつく

後ろから車が来ていたので 待っていたら 健さんが 30キロぐらいで追い抜いて スタートしてしまった。
なんでやねん!という感じで追いかける

シュガーの後ろにつく

良いタイムだった

同じようなタイムでも 出すワット数が違う
これを何かの数字で表せれないかと3人で考えいたが

ワット数÷体重×ペダリング効率

これで
シュガーは 287
健さんは  246
僕は 314

同じコース 同じぐらいのタイムであるとしたら どこをどうしたら タイムが良くなるかという話なのだけど・・・・・。

35キロ走って終わり

嫌な張りが 脚に残った
鍼の翌日はあまり走らない方が良いのかも

オイル交換しに羽島の堤自動車まで

1L2000円のオイルを投入したら 拭け上りがよくなった

珍しく カフェなんてのに寄り道してケーキを食べたのよ
これがまた美味しくて。

T25のトルクスを買った

電動の電池充電

娘にはこんなプレゼント

母ちゃんたちと 月に1回の 鍋

沖縄を見てくれたらしく 「あんたの上半身はブレないから すぐに分かるわ」と言われ
「あんたが 人をアシストするなんてねぇ~涙が出てくるわ」と言われたが 仕事だからとは言い出せなかった。

23日 土曜日
森本連
シュガー 俊介 たかゆき 香川君 の6人

シュガーのステムのネジはトルクス
自分が組んだ自転車なので 昨日買ったトルクスで ネジを締めた

周回コースではなく ライン練習

シュガーが最初から 上げて行く 強いならそれでいいけれど

コイツはアホか・・と毎回思う

1分で上げてきつかったら 少し落として2分引けと

多度を抜け 員弁コース 養老CC

ここで全開で行ってみろよ、と

それを言った2キロ手前から先頭を引いて行く

シュガーが上げて 俊介と森本さんが付いて行って 刺されたようだ

そこだけ上げればいいのに 下の平坦から引くのは「正直者は損をする」とシュガーに言ったら 俊介が笑っていた

タカユキに シュガーをみて 「昔のお前みたいだろ」と言ったら

「あの頃はご迷惑をお掛けしました」と頭を下げてきた。

「だから 今は タカユキが シュガーに色々と教えてあげな 昔 僕がお前に教えたようにさ」と言ったら
理解してくれたようだった

シュガーにも 若い頃は迷惑を掛けるのは当たり前
僕も先輩方に迷惑を掛けていたし 今ではこうして 若い子らに色々と言ってしまうが。

後輩が出来たら 教えたらいいんだよと

先輩の「大丈夫か?」は 「大丈夫じゃない」奴には言わない。

大丈夫じゃないから 大丈夫か?と聞いているんだから

雷太さんと走っているならなおさらであって  必ず雷太さんの側にいるようにした

その時に色々と話せれるし 少しでも雷太さんの経験のアドバイスを貰えるから

うっとおしいと思われても 強くなる為であるなら 自宅まで押しかけて ご飯とか何を食べているのか?を
知りたかったし。

うっとおしいぐらいに 明日走りますか?と連絡していて
連絡が付かない時は あの辺りで練習しているハズだと思って 探したりした。

「今の子は 今の子は」と言うのは おっさんになったと思うから言わないようにしているが

コミニュケ―ション能力が欠けている感じする。

聞くのはタダだ でもそれを実行してこす 身になるし 自分で身にするんだよ

外国に行ったらなお更 コミニュケ―ションが必要で

言葉が分からなくても 何となく伝えれるのは 郷に入れば郷に従え

ロードレース男子部の彼らは 別だし 彼らには僕が教えるという立場だから 言うけれど

それが無ければ 言わない。

俊介にしても 人に愛されるキャラクターという物を持っている

補給食

シュガーにサドル下がってないか?と聞いたら 下がっていたらしい

マッキ―川は追い風

シュガーの独壇場だった

皆を千切って引き続けるわで 違う意味で 「いい加減にしろ!!!!」言いたかった。
ゴール地点で 森本さんがシュガーに 「選手として一皮剥けたなぁ」と言ったので

「ちん0こ皮は剥けていない」と言っておいた

ようやく56さんの言う事を聞いてくれましたねと言っていた。


シュガーにプレゼントしたい

僕の言う事を聞けば 必ず強くなれる
それを毎回毎回やってくれれば 近道
でもそれをやってくれなくて 千切れて 精神的に落ち込んで帰るはダメなのよ
やってくれて 達成してくれて 次の事を教えたいのに 自分の技量を把握出来なくて 千切れてしまう

言わなくても出来るのは才能
教えて 出来るのも「人の言う事を理解出来る」という才能

僕は4人兄弟

母親に叱れる
大体 長男から叱られ 長女 次女 僕の順で叱られる
長男は 自分の番が終わったから ホッとして 後の3人の叱られている時には上の空

次女は 2人が叱られているのを聞いている

僕は3人が叱られているのを聞いている

そこで何が覚えれるかというと

どうしたら 叱られなくて済むか?と方法を覚える。

3人が「どうして」叱られているのかを考えれば 次には「それを」やらなければいいから
賢くなっていくというか

それが末っ子だ。

155キロ


夕飯

24日 日曜日
もっと寝て居たい
でも今日走って 明日は休みだと思う

なので今日は TSSを稼ぎたくなく 後ろでツキイチでいい

森本連

京四郎 伊織くん 文平君 タカユキ 56 らっきょくん

今日はラインで

昨日と同じコース

終始 ツキイチ
文平君が 今日も勢いよく引いて行く

養老坂で 京四郎が 7倍で上って行った

心拍も上がらず もがけないのがしんどい

180キロ

帰宅してすぐに ネイチャーランドへ

水着を探したが サポートパンツだけ見つかった
サポートパンツだけだと 僕のマイケルがはみ出てしまって これはイカン

兄ちゃんの応援

コッシ―に 仕事が忙しいのを言い訳にするなよといった

車の中に 海水パンツがあると いう オチだった

メカニックしたバイクが フロントは動くけれど 後ろは動かないという 連絡

タイヤを外す時に

フロントはインナーで

後ろはこの位置で外してください

間違えて 後ろをトップにしてしまうと 動かなくなる時があります

それを簡単に解決する方法は 外したギアの位置と同じにするか

動かないからと ボタンを色々と押してしまうと 何も動かない時があります

その時は
後ろのディレイラーのコードを抜いて 人のディレイラーにコードを繋いで 自分のスイッチを押して動かしてください。

それでリセットが掛かるようになって 自分のディレーラーにつなぐと動くようになります

その時は インナーと 3段目にしてから動かしてくださいね

よくある 動かなくなる事例でした。

25日 月曜日

ローラーメニューは1時間で書いている
でも今日は6時間掛かって書いた

西原さんに頂いた グリーンカレー

ローラー 5分


米が無くなったので買いに行った

僕の好きなコメは ミルキークィーンという銘柄
これはもち米のように柔らかくて おにぎりに適しているらしい。

逆に妻は 硬めの米が好きらしい

なので 米屋の奥さんに 
自分の好きなお米をプレゼントしたら 嬉しいですか?と質問したら
「家に好きなだけ食べれる米があるから その質問を私にするのは 間違いかもしれないけれど
貰っても 嬉しくはない」ときっぱり言われて

お客さんの好きな米を買っていくのが一番ですよと言われた

夕方になって元気が出て来たので 買い物に行って

ノートに色々と書いて 頭の中をすっきりさせる

家族とごはんを食べる時間も必要だけど ぼくはこうした一人の時間も必要と思っている

誰もいない定食屋さんで 考え事をしたかった

誰も居ない銭湯で 溜息か 深呼吸か分からない 呼吸を沢山した

自営業に 安泰などない

売上が良くても これがいつまで続くのか分からない不安
売上が悪かったら さらに不安
怪我したらという 不安

風邪引いても バファリン沢山飲んで 頭痛が酷かったら 自分で首に鍼を打って仕事

それでも 仕事は楽しいと思う

パンの仕事をアルバイトでやっていた時

「よく頑張ってるね」と言われた事がある

それは僕は 朝早くから仕事して ライト付けて走って 娘を迎えに行って 「よく頑張ってるね」と
お褒めの言葉と思っていた

でも 裏では 「朝4時から 一日中 立ち仕事して アルバイトで 安月給で頑張っているよね」と
言葉違いである
「よく頑張っているよね」だった。

だから どんなに 頭痛があろうが 落車で怪我をしても その夕方にローラー教室に来てくれる生徒さんが居れば包帯巻いてでも やるのは

僕だからやれる仕事だと思っているからです。

その方に 楽しそうにやってるねと言われて 心では 「お前を見返してやろう」と思ったからだ」と言っていたが

その言葉があったから 「見返してやろう」がモチベーションだったと心の中でありがとうと言っておいた

でも見返してやろうという気持ちは どのように見返すのだろうと思う

高級車でレース会場に現れる
高級なレストランで食事してますと インスタに上げる

それは結局お金があれば誰でも出来る事ではないかと思った

でも僕は 誰でも出来る仕事じゃなくて 僕にしか出来ない仕事をしているのが幸せだと思っている

ロードレース男子部の仕事は 走ってないと出来ない
監督が走らないと意味がない

乗りたいフレームを経費で買う事が出来て
毎日自転車に乗れて
人が仕事している時間に好きな自転車に乗って生徒さんと走ってお金を頂ける

僕が裕福と思えるのは お金で乗る時間を作っているという事だと思った。

でも乗って お金を頂けるというのは また特別は仕事だと思った。

明日も楽しんで自転車に乗ろ と思えた

考えがまとまった 休養日だった

つる

18日 月曜日
右の首からと頭痛が酷すぎて なにもする気が起らず バファリンを 3回飲んだけれど
ポストに投稿する時に TTバイクの乗って行った
400mほど

これはリラックスしようとおもって 

銭湯へ

夕飯を作った

19日火曜日
AIRFITを装着したら 後藤さんから連絡が来て 雨予報

なので メカニック作業

オイルのブリーティング
横井さんにアドバイスを貰って 試した
別物なフィーリングになった

ローラー 20分

18時からローラー教室

20時からローラー教室

20日 水曜日

TTバイクで 

何も痛みがなく 走れた

25分40秒 261W

24分 40秒 257W

後藤さんの後ろはほんとに安全に走れる
穴ぼこと避けていってくれるし 毎回同じコースなので どこに何があるのかを常に把握している

何も痛みがなく 2本をこなせた

80キロ

帰りに 豚の生姜焼き

18時からローラー教室

20時からローラー教室

21日 木曜日

1時間走をする日
朝から緊張していた

健さんが後ろに付く

コーナーで ノーブレーキで曲がるから 同じラインを来てねと言っても アウトへ膨れて行く

それを「おい! なんで同じラインでこない!」と怒ってしまう

ここでみぞおちに違和感

ユーターンする時に 後ろで先にターンしてくれる予定だったのが 僕を追い越していこうとするので

車の邪魔になるだろう!!!と 言って ここでみぞおちが攣る(笑)

笑っているが 緊張とギリギリなラインでやっている所で攣るのは正直しんどい

後半は全く上がらず 235Wとか(笑)

コーナーで また 健さんがアウトに膨れて行ってしまう

セオリー通りなコーナーのライン
アウト イン アウトを守っているが ここでも膨れて行ってしまって
僕のイライラがマックスに達してしまい みぞおちの限界が来て 呼吸が出来なくなってしまった

一旦レストして 一人になりたかったので 「10分後に戻って来てね」と伝えて自販機休憩した

その時 健さんはコーナー練習 していたらしいが 20分経っても戻って来なかった

仕切り直して 260Wで行こうと コーナーを抜けていく

付いてきてねと言って さらにスピードを落として コーナーに突入したら 離れているが 付いて来れた

その後 付き切れない 離れるを繰り返すが

僕は健さんの動きを 朝日を浴びる 陰で すべてが見えてしまって

ここに付け!!と また大声で言ってしまって みぞおちが攣る(笑)

もう 辛抱するしかなく 攣りながら走った

18分 261W

これはイカンと思って 健さんの曲がる練習を指導した

どうして曲がる事が出来ないのか?を説明して どうしたら曲がれるのか?をアドバイス
後は 一人でひたすら反復練習をやる事ねと アドバイス

帰宅して 80キロ

昼飯

カコさんの鍼へ

首がガチガチ みぞおち ガチガチで すべての鍼が痛かった

帰宅して メカニックの仕事

スプロケットのロックリングがハマらないという仕事

ここをまっすぐに入れれない事例が多い

落ちついてやる事だけど それが出来ない事が多い

16時からローラー教室

18時からローラー教室

20時からローラー教室

時は金なり

16日 土曜日
森本連

男子部(シュガー 伊織くん) タカユキ 僕の5名

脚は軽いけれど 何も張りも無い感じで掛かりずらい
員弁のコースを半周して 養老カントリーへ

今日は元気なタカユキガ 上げていく

引いて付いて行って 358W 森本さんが引いて少し落ちたけれど 良い数字だった

マッキ―川で 伊織くんが切れて 置いて行く

シュガーも おもいっきり切れて行った

タカユキと森本さんの3人でゴール

二人を迎えに行って 健さんと合流

三重の高校生が練習がひと段落付いて 昼飯を食べていた

ビニール袋から出して食べ始めたものは 菓子パンばかりだった

菓子パンを食べている彼に おにぎりとか 食べた方がいいよと言ったら

「その方がいいですかね?」と聞いてくるので 「それがガソリンだと思えば 良い燃料の方が良いし
それが身体を作るんだよ。と言っても 彼には伝わっていないのだろうなぁ・・・・。

まぁ 僕の教え子じゃないし どうでもいいけれど。

3人でご飯を食べに行って帰宅 185キロ 275TSS

メカニックの仕事して 健さんのフレームのポジション合わせ

夕飯は 家族がたべたいと言って タパスさんへ食べにいった

寝落ちした

17日 日曜日

起きたのが6時20分 ギリギリ間に合う時間に起きてしまった
これが30分遅くなら 諦めて寝ていただろう

ミューズリーとヨーグルトを食べて出発

森本連

京四郎 シュガー 文平君 中村俊介 香川君が連れて来た 若者たち

員弁の周回コース 4周+半周

昨日走っていないという俊介が元気に引いて行く

ベンジを乗って来て 快調に回していく
ベンジのBB周りは硬い
彼のように綺麗にまっすぐ 踏み下ろすペダリングなら しっかりと進む

逆に揺らしてワットを出す選手にとってベンジは進まない

京四郎も引いて行く 
僕も今日は極力引く時間を増やした

3周回目で 残り1周か?と聞いてしまうぐらい 記憶が飛んでいた

4周回目で 文平君が切れる

ゴリゴリ踏んで 良いペースで引いていたが それをやるにはまだ体力がない。

シュガーは辛そうだけど 最後まで来てほしい

4周回目

林さんに貰ったピンクのボトルを飲もうとしたら ごぼごぼという音がして 水分を飲み干してしまった

さすがに700mのボトル1本では少なかった気がする

ラスト 俊介が上げて行き シュガーが切れる

豚小屋を過ぎて プンペイ君が切れたので お尻を押して 戻そうとしたが 切れて行った

最後は 京四郎の発射台をしようとしたが 脚が残っておらず 微妙は発射をしてしまった

京四郎の後ろに 森本さんと俊介

京四郎はそのまま引いて行き 差し込まれる

山岳賞地点で 獲れませんでした!というので

そういう時は 一旦緩めて 二人の後ろに付いて 一息ついてから もう一回掛けるんだよとアドバイス

時間切れの彼らと別れて マッキ―川経由で

養老カントリーの上り
ここは掛からないけど踏ん張って きちんと上げて行った

コンビニで シュガーと俊介と森本さんと話す

乗鞍優勝という話
1回でも獲れば もう十分だがそれを8回も獲っている彼は神だ

俊介が 二の瀬で 五郎さんに言われた言葉で

「辞めるなよ いつか良い時が来るから」という言葉が 心に残ってます

「上から見てみな 辞めて行くやつが分かるから
上を見てる奴には周りが邪魔でよく分からないけれど 一番上から見ると 全体が見えて色んなものが見えてくるよって。」

俊介は 「時は金なり」という言葉が好きらしい

お金で大体の事は済ませれる お金はいつでも貯めれるけれど 時間だけはお金で買えないって

それをシュガーにつたえるが それを理解した時は もう遅い

今理解すれば 色んな事が出来る

マッキ―川

シュガーは付いて貰う

俊介がベンジ効果で アゲアゲで引いて行く

楽しいんだろうなぁ こんなに速度で出ると・・・・・。

中堤防へ

シュガーが切れる

1分先頭交代で ギリギリで上げて行く

ラスト2キロで 森本さんが切れる
俊介と二人になって 40キロを切ったので 上げて行った

1人になって後ろを見ると 森本さんが追いかけてくる

黄色の段差を定点で測定 その差は5秒差

関係なく踏んでいった

次の黄色の段差を通過して5秒後に後ろを見たら また通過していない その差は7秒差

次の黄色の段差で計測 8秒差で後ろを見たら 11秒差になっていたので もっと踏んだ

元元元元元元元元元元元元元乗鞍チャンピオンが 元乗鞍チャンピオンと 現乗鞍チャンピオンを平坦で千切っていた

いつか上りで 千切ってみたいものだ(笑)

帰りにシュガーと定食屋さんへ


まずはインナーを着替える
風邪を引かないようにする


卵焼き定食が来る前に アジの煮つけを食べる

シュガーの注文の仕方
から揚げ定食(ご飯 特大盛り)を注文してから 魚の煮つけと かぼちゃの煮つけ 肉じゃがを取って来て食べ始めた

で から揚げ定食が来て食べ始めるが 瞑想し始める

聞くと お腹がいっぱいで食べれませんとなっていた

「あのな 自分の胃の許容範囲を理解して 足らなければ 追加で注文した方がいいんだよ」
注文の仕方が 自転車の走り方と同じで笑えるわって(笑)

娘へアイスクリーム
娘のアイスを勝手に食べたのがバレて叱られた

この2日間のクリートの削れ
同じように踏めるようになった

帰宅 198キロ TSS 310

帰宅して ローラーメニュー書いて 夕飯

低迷期

パイオニアの修理
無償で修理でした。
機械は使えば壊れます。
アフターケアがよいパイオニアがお勧めです。

12日 火曜日
サイクリング 1時間ぐらい

さすがに
土曜日TSS 180(1時間で85TSS)
日曜日 TSS140(レース1時間8分でTSS 105)
月曜日 TSS300近くは身体へのダメージが大きい

2時間でTSS100とかであれば 身体への負荷はそんなに高くないけれど
1時間で100近く稼ぐのは
でも皆で走ると 集中力と 楽しさで 疲労も忘れてしまうけれど 疲労は地味に身体に蓄積されていっている

ローラーメニュー書いたり していたら お腹が異常に空いた

作る時間が勿体ないので 食べにいった

11時開店で 10時55分に到着したら 一番乗りだった。

一番に入店し一番に注文すれば一番に作ってくれる
これだと時間の無駄を省く事で出来るから 有意義に使える

待っている間に 色々とやり取りしたりしていたら 僕の好きな 豚の生姜焼きが運ばれてきた

帰りに ローラー教室で使う牛乳を10本購入
これで10キロかぁと思うと 2キロ痩せるだけでも ほんとに軽く走れるんだろうな・・・と
毎度ながら思う事だ

仕事がひと段落着いたので 1時間ほど寝た

夕飯
この頃のマイブームは 卵焼き
三温糖を入れて 殿様しょうゆでかき混ぜて 焼いた

18時からローラー教室

20時からローラー教室

雑談していたら23時だった

13日 水曜日

後藤さんと走る

車で集合場所まで移動した

TTバイク
狸落車とは別に このバイクは好きなので 廃版になると聞いて もう一台 買っておいたのです。

後藤さん 27分ほど

僕が引く
271W 24分55秒

25分切れるか?切れない?かの微妙だったが 切れないと この先無いわと思って
少し高目で踏んだ

痛みもなく 普通にペダリング出来た

心拍は最後で158拍と スカスカではなく 脚が重すぎて走れない状態だった

後藤さんのアドバイスは
TTバイクだと 上半身が固定されて ほんとに綺麗に走りますねと
ロードバイクだと 固定する筋力バランスが悪いんだろなぁと思った

後藤さんがもう1本引いて 僕が10分走

5分で撃沈
脚が言う事を聞かない

290wに修正したが 5分で終わった

80キロ

自走でこれば+40キロだけど この時期 車で来るのも悪くない

帰りに温泉へ寄ったり 外に置いた自転車を気にすることなく食事が出来たりする

通勤と同じであろうか・・・
毎日毎日 集合場所まで同じ道を走って向かう

たまには違う 方法でトレーニングを開始してもいいのではと思う事が多くなった

でも 後藤さんと走る時は TTバイクとロードバイクが必要だから 車に積み込んでいくんだけどね

帰りに 近藤機械さんの近くの食堂へ

帰宅して娘の授業参観へ

10歳成年式という催しだった
妻の友達が「あれ五郎さん!来てたの?」と驚いていたが
「10年後に 娘の成人式を見られるかが分からないので 来た」と言ったら 妻とその友達は く笑いしていた。

周りは全て人妻だ
1号線にある 熟女キャバクラとは違って ここは本物の人妻ばかりなのだと
妻に言ったら 私も人妻なんだけどねと言われて 僕の妄想は現実に戻ったのだ

男はいつでもいつまでも 妄想を追いかけて生きたいものである・・・・・。

ブラケットカバー 色々なモデルの在庫がありますよ。

痛みが出ているわけでないけれど 膝をアイシングしている
手入れという物を積極的にしている
商売道具だしね

帰宅して 1時間寝た

18時からローラー教室

今日はどのような ドラマがあるのだろうか。

20時からローラー教室

14日 木曜日

かこさんの鍼へ

お腹周りを重点に打ってもらった

16時からローラー教室

18時からローラー教室

20時からローラー教室

15日 金曜日

1時間 SSTをやりたかったが 起きられない(笑)

13時間ぐらい寝た


洗車のお仕事
2000円です。
ピカピカになるのは気持ちよい


クリート交換

メカニック仕事

バナナカット

こういうモノを買った
足裏のタコを削った
脚の裏に痛みが消えた

関東の 高橋夫妻にもらった 爪切り
何年前だって話だけど 使い切った

18時からローラー教室

健さん 9月の頃の数字

今日は回復走なので この数字
同じようなW数でも 心拍が違う

あの頃はひーひー言っていたのが 5ヶ月後には こんなに楽になるの。

明日は頑張ろう

ここ3日間

9日 土曜日

AIRFITを センサーを外すときは 僕は間にハサミを入れて はずします。
木曜日出来なかった1時間走
文平君と

最初の半周は25分40秒 281W
Uターンして 文平君を追いかける

しかし みぞおちが痛くなって 呼吸がしんどくなって 後半は238ワットと 落ち込む数字だった

シュガーが遅れて合流し 後ろに着く

帰宅して100キロ

明日の準備などをして 洗車

夕方は 撮影

皆さんでご飯をたべて帰宅して寝た

10日 日曜日

新城でAACA 1-1

45人出走で 10人完走というサバイバルレースで 10位だった

ディスクブレーキだとぎりぎりまでブレーキのタイミングをずれせれて 前者との差が開かないので
コーナーの立ち上がりで差をつけられることがなかったのが 驚きだった

帰りに健さんの車で伴走

サドルを4mm上げて 前に出した

お尻が前に行くのを後ろに変えているので サドルの角度を平行にした

ギアチェンジ まっすぐな走り方を指導しながら

補給食の渡し方も指導

高畑のタパスさんへ

帰宅

11日 月曜日

森本さんの練習会 10人が集まる

TOJの員弁周回 逆回り

4周回プラス 山岳賞まで

ラストで 大学生の嶋田君が上げていき それを狂四郎が 引いて追いついて 鬼引きしてくれた

狂四郎の後ろは僕で その後ろに2人

ラスト400から 狂四郎に スピードを「上げてくれ!とお願いしてあげてもらい

「もっと上げてくれ」とお願いして 200mで発射させてもらって 先着

レースではないけれど 「取りました?」と聞かれて 握手した

マッキー川経由で帰宅して 上げ上げていった

ターマックに乗り換えて 自転車に乗るのがほんとに楽しい。

帰宅して 180キロ 300TSS

海苔

5日 火曜日

後藤さんは TTバイク

26分10秒

僕が引く

281W 26分10秒

いつもの右の固まる感覚がなく 違和感はあるけれど 今までのような そこに意識を使う必要がなく
前をしっかりと見据えて走れたのは 不思議な感覚だった

困ったなぁと思った

この違和感を治したくて仕方がなかったけれど その違和感が無くなりつつある

これでいい訳出来なくなったじゃん・・・・と思ったのだ

後藤さんが引いて その後に10分走を2本

2回目なので 305Wと 数値を上げてみた

最初の1分で320Wだったので リセットしてあと9分踏ん張る

でもワットを出しに行く時は 上半身も使って フォームはバラバラになるがそれは お構いなしに踏んだ

1分 320W+ 9分 302W

レスト5分して もう一本

後ろの後藤さんが 右の膝が外側に逃げますというので 2本目は 左膝を外側に逃がしたペダリングをしてみた

向かい風
最初の1分が330W 残りの9分が302W

後藤さんが3分走を5分
僕は TTバイクに乗り換えた

100キロ TSS 220

一旦自宅へ戻って お風呂に入って カコさんの鍼へ

身体が違和感なくなりつつあると話したら 「その言葉をまっていた」と言われた

最高に機材を使って言い訳しない
身体が痛いからと言い訳しない

後はトレーニングをしていくだけだ

でもまだ違和感はあります

帰りに カトーさんへ寄った

帰宅して 1時間ほどのメカニック仕事

18時からローラー教室

20時からローラー教室

メーカーから送られてくる自転車は コードが繋いでフレーム内に入れてあるだけ
これをこのようにするだけで コードの抜けがなくなるのを防ぐことが出来る

終わって メカニック作業 2時ぐらいに寝た

6日
6時に起きて メカニック作業して 1時間ほど走りに行く

ターマックに乗るのが楽しすぎて いつもの倍以上乗ってしまった

メカニックの仕事

完成車は ほとんどグリスがはいっていないくて アウターワイヤーも微妙に長い
それらを入れ直す


パイオニアのマグネットを左右内装にする

シュガーの自転車のオーバーホール
洗って持ってきなさいね(笑)


右のパイオニアのパワーメーター
Wが不安定なので 修理依頼で送った

完璧で壊れない機材はないけれど 国内で修理してくれると 信頼出来ますね

修理見積もりは いくらぐらい掛かるんだろう・・・・。

TTバイクのハンドルに穴あけして 内装にする

カーボンハンドルなので ステムのクランプ部分に 滑り止めのグリスを塗る

シートポストカット

白米が異常に食べたい

18時からローラー教室

20時からローラー教室

7日 木曜日
後藤さんと健さんとで走る

1時間走の日だけど 片道26分半で 274W
でも みぞおちが痛み出して 断念

健さんは 295Wで 25分半

100キロほど走って帰宅

異常に白米が食べたくなるのは こういう理由があるからではないだろうかと思ったんだ

身体は疲れて スイッチを切りたい
でも頭は ハイな状態であるから 眠たい身体を動かすには エネルギーが必要で 炭水化物を欲するというものだ

後藤さんは僕に言ったのよ
「56さんは 寝ればすべてが解決する」って(笑)

16時からローラー教室

18時からローラー教室

20時からローラー教室

ちゃんとした夕飯を食べる時間がなかったので ミューズリーとヨーグルトを食べた

8日 金曜日


平均回転数 56回転だった

サイクリングして ふたば商会へ エンドを買いに行った

僕の組み立てた自転車は エンドを買って貰います

落車した時に エンドをもっていれば すぐに交換できるからです


帰りに鶏肉を買った

帰宅して 事務仕事

でも仕事は楽しい

2時間ダラダラしようと思ったけど そのダラダラが思いつかなかった
布団の上でダラダラしても 頭が冴えてしまって寝れない

メカニックの仕事

この5mmがブレーキタッチを良くします

ディスクローターをロード用からマウンテン用に交換した
風抜けがよくなるだろう・・・きっと

それかフロントを160mmから140mmにするか・・・。

トライアスリートのお客さんのTTバイク

後藤さんと 電動のコードの話になって トライアスロンの前日バイクを預けると 有る有るトラブルは
スイッチを押したままに なって 放電されて ギア固定で走っている選手がチラホラいるらしい

高い遠征費を払って そうなってしまったらもったいないので

でもトライアスリートはバイクの事をあまり興味がない方が多い

コネクトから抜けばいいのだけど この端子を差し込むには

このような工具が必要になる

工具がなくても押し込めるけれど それならもっと簡単は方法があると思った

このように コードとコードを繋ぐ パーツがあって

引っこ抜いて 差し込むだけで簡単だ

これなら 持ち主さんでも 簡単に済ませれる

ターマックの引き渡し

BORA ディスクの重量は軽い 1250グラム

青さ海苔は大好き

20時からローラー教室

ユーチューブで 358TVさんが乗っけてから 家の電話の留守番電話が 毎日20件フル録音されていますが殆ど電話には出れません

上の インフォからメールでお問い合わせくだされば嬉しいです。

お待ちしております。

まめまき

8日 金曜日 午後8時からローラー教室やります
ご連絡おまちしております。

2日 土曜日

森本さん達と走る
ロードレース男子部の シュガーと文平君 に 近デューの5人

平坦メインで 一人1分ぐらいで引いて行く

前走者が40キロで引けば 僕も40キロ
若者のように 俺の力を見ろ!!!という事など おっさんになったらしなくなった。

メナードの上りへ向かい 淡々と走りながら 僕は1分を全開で引いて行くつもり

ここらで シュガーが ヘロヘロに

マッキ―川で 近デューが いなくなり 待つのも寒いので 置いて行く

文平くんも引けなくなり 元気になってきて 僕が引いていった

135キロ  TSS220

終わって 皆でご飯を食べて

お昼から 実走スクール

大阪から来てくれました

楕円リングを使っていて 色々と質問して ポジションを教えました
楕円を使うと速くなるでのはなく 楕円を使いこなさないと速くは走れません

その後は ローラー教室へ

これが受けたかったみたいで ローラー教室に来られる生徒さんが羨ましいって言ってました

3日 日曜日

森本さんと走る 俊介も

城所君や ロードレース男子部の シュガーに文平君 京四郎も

今日も平坦メインで1分で先頭交代していく

回転数を上げて 1分引く時は 300W以上で

若者が メナードの坂で上げていった
無理しても 回転数を上げて付いて行った

アクシデントがあり 落車があった
でも皆で 話し合って 解決した

最後の平坦は 小さくなって47キロまで上げてみた

ターマックは オールラウンドなマシンだと思った

ポジションも サドルを4mm上げた
これがまた進んで気持ちよかった

落車した 仲間を車で送って行った

しかし この子とは走った事はあるが 二人っきりで会話した事がない

そして この子は 会話ベタと来た

こういう時は 何ラーメンが好き?と だれもが好きな事を聞く事で会話が弾むハズだと

しかし 会話下手な子は 会話が続かない

同じ事を聞き返してくれれば会話が弾むのだが・・・・・(笑)

送ってくれてありがとうございますと言われたが
僕も先輩たちに送って貰った事があるし お互いさまさとカッコいい事を言っておいた。

送って行って 僕も帰った

4日 月曜日
シクロクロス世界選を見て居たら 寝つきが悪かった

6時からメカニックに仕事をしつつ 自分のメカニックも


カーボンなので ここに滑り止めのグリスを塗ります


BORAのディスク
シクロクロスタイヤを剥すが 誰がこんなに頑丈に張り付けたんだ!と怒りたくなった。


ぜーぜーは―はー言いながら 外した

気分転換に髪の毛を切りに行った

昼飯

ローラーメニュー書き

バナナカット

ローラー10分

家族へ たまにはご飯を作る

煮干しの頭をカット

かつお節 昆布 鶏の皮 煮干し 

味噌煮込みうどん

 

そんな日

1月31日 木曜日
朝から雨だった


これはほんとうに便利だ


ここをこうすると 泥が入りずらくなり 変速性能が良いのが保てます


組み変えの作業
ワイヤールーティーン
こういう作業は好きだ
前から見て 綺麗だと美しい

6時過ぎからメカニック作業

10時ぐらいまでやり バナナをカット

昼飯

ローラー5分


16時からローラー教室

18時からローラー教室

20時からローラー教室

1日 金曜日

後藤さんと待ち合わせ

アップがてら走るが 1分260Wがしんどい

しかし今日は1時間走をする日

後藤さんには270Wで行きますと

スタートすれば 集中力が出てくるわけで

281Wでぎりぎり走る 心拍も160拍と92%を推移している

Uターンして ここからがもっと集中力が要る

270Wで落ち着く でも心拍は160拍

第一コーナーまでで42分 270W

270Wを切ったら 後藤さんにココアを奢ろうと思っていた

ここで止めるも続けるも本人次第

残り4分で フッと風に煽られた時に ワットが268Wに落ちてしまった(笑)

もう上がらないよと思いつつも 少しづつ上げていき 残り1分で270Wに戻した

今日はぎりぎりだったが やり切れた

ターマックに乗り換えて 健さんの1時間走に付き位置

ターマック ディスクは まったく別の乗り物だ

ディスクは要る?要らない?という質問よりも別のカテゴリーと考えた方いい。

48キロから バシッと進む 安定感ある走るは癖になる

健さん 280Wを切ったら 後藤さんと僕に ココアの奢りねと言ったら 笑っていた

しかし 274Wに落ちて しまった


健さん ごちそうさまでした

元GTドライバーの後藤さんから 健さんは なぜ?曲がれないのか?と説明していた

でも 走りは下手くそだけど 体力はあって 言葉を読み取れる感性があるから あとは走り込みだろうね
帰りに 食堂へ行って 焼魚定食


一つ一つのネジに グリス

帰宅して パーツの発注の仕事して メカニック作業

ディスクブレーキの エアー抜き作業をしてみたが 気泡はほとんど入ってなかった

家族の集まりの食事会へ

スぺシャの組み立ての仕事

レッドで組む予定だったので すべての 配線やディスクのホースを抜いてしまった後に
やっぱり シマノで組みます!と言う内容

でも 一から組むというのは勉強になる

BB内部を見ると こういう作りなんだぁと感心する

フムフム ベンジのクランクの回しから 力の入れ方 ペダリングの入力に仕方とか

こういう風に すれば走るんだなぁと

それを 持ち主に教えよう