レースの週末

土曜日
5時に起きる予定が5時半起き 

心拍数60拍と訳が分からないのだ。

急いで支度して 軽のMIRAで出発
ガソリンが無いので 岡崎SAで給油

タオルを借りて自分でフロントガラスを拭いた
太った店員さんが 車の事で話しかけて来た。

こんな感じの車良いですねと言ってきた。
車なんて価値観で 軽に乗っていてもそれが楽しければ良いし
軽に乗っていて 見た目を気にするなら良い車に乗った方が良い。

「俺なんて 見た目がこんなだし 良い車乗っても 見た目がこんなんだし・・・」と人生相談

若者よ 給油が止まっているぞ 先ずはノズルを抜こうか・・・と思ったが この若者の悩みは深そうだ・・・。

デブが好きな女の子は必ず居る。
また来るよと言って 先を急いだ。

新城総合公園に到着し バイクナビの3時間と2時間のキングクラスにエントリー


気温38度らしい
試走して これは無理って感じな体調だった
予想通り 1周目でこれは無理と悟った

30分で 吐き気がして 頭痛がしてピットに戻って落ち着いたら
ボトルに水を入れて トップ集団へ戻り 1位と2位の選手の背中と頭に水を掛けてピットに戻った。

KAKOさんにアイスノンを貰って首を冷やして 寝た。

チアガールが踊っている時に起きた

3時間は マイナス28LAP

2時間は 雑賀くんと 光の河野君が来るだろうと思っていた。

3周回で3人になって淡々とLAPをこなした。

1時間ぐらいで頭を振ると 痛みが発生した。

ティーカーズの方に冷たい水を貰い 自分だけではなくて2人にも水を掛けた

そうこうしたら管理会社の方が放水してくれたが
最初は まき散らしていたけど 声を掛けて 一定の角度で放水してくれるように頼んだ。

余りに暑いので 2人に放水の前は間隔を空けてゆっくりと走って水を浴びないかと相談したら
快く承諾してくれた。

僕はソロクラスではないので このまま行けばいいだけ。
二人はソロクラスなので勝負。

ラスト3周で 雑賀君が上りでインナーにしないのを見てそろそろかなと思っていたが
インナーに入れたので アタックはまだみたい。

河野君は アウターのままだけど 今日はスタミナがもっている感じに見える

彼は「温泉ライダーの時はお世話になりました」とお礼を言ってきた。

こうして自転車仲間が増えていくのは嬉しい事だ。

ラスト2周回で一回掛けてみたが さすがに千切るパワーは出せない。

最終回の上りで雑賀君が掛けたが何とか踏ん張ってゴールスプリントへ
ゴール前 引き切って3位

2時間 平均パワー220ワット
NP240ワット
上りは40秒ぐらい 大体320ワットぐらい

帰りにアーティザンへ行った

ご飯は大盛りたべたけど 足らないので おかわりしたら

大間のマグロづけを乗っけてくれた
この汁が美味しくて ごはんをおかわりして 汁を掛けて貰った

帰宅して 9時には寝ていた

日曜日
安静心拍数 42拍と今日の方が体調がいい。

9時に自走で平田へ



33キロ

ジュニアクラスのスタート前に 主催者の山田さんに指導したいからと走らせてくださいとお願いした。
快く承諾してくれた。

2キロを4周回
レースは3周半淡々とローテーションで進み
半周でスピードが上がってスプリントだった。

一番後ろに付いて体力がなさそうな3人の選手にアドバイスした
そのアドバイス
ギアがアウタートップのまま コーナーに入り抜けてもそのまま踏んでいる。
前者の後輪にうまく付けず離れて走る
ギアが軽くて 変速しないままクルクルと回している。

コーナーの入り方 抜け方
ギアの変速 適切なギア選びなど 

スプリントを見ていたけど 2位になった選手は蛇行して無駄な動きばかりだった。
視線は前を見て横を見てと無駄な動きが多かった
その選手にはレース終了後にアドバイスした。

コースのどちらかによって片側を閉めた方がスプリントに集中出来る。

親御さんにお礼を言われた。

ゲストライダーで走るのもいいけど こうして指導して走るのも僕はやりたい事。
一緒に走って色々と指導出来るのは 僕の強みだから。


C1は 頑張ったけど 完走だった

ラスト周回で 僕の前を走っていた 兄ちゃんがまさかの中切れ(笑)。
おい!!!と怒りながら前を追ったら脚が終わった。

帰りもぼちぼちと帰り 110キロ

昼寝してから洗車してローラー教室のメニュー作り

カトーサイクルさんへ買い物行った


これは最強だ。

帰宅

娘が包んだ餃子を食べた

そば

木曜日
ドアを開けたら雨がぽつぽつだったので シュガーに連絡してTTバイクからロードバイクに変更

半島1周
シュガーが23分ぐらい

僕が引いて行く
考えた新しいトレーニングメニューを試す
僕が280ワットで引いて
シュガーがL5をして後ろから飛び出して行くのを僕が追いかける
とすれば 45キロで走っていて追いかける時には50キロ近いスピードに上がる

維持する
追いかける
維持する
追いかけるを繰り返し
281ワットで 22分38秒
今まで23分04秒が最高だった
いつもよりも速いスピードを出す事が出来る

この風ならこのスピードと 自分の中で 凝り固まった考えを払拭出来た

パワーを出せばスピードが出る

僕が2分走を3本
338ワット 330ワット 311ワット 
1分
380ワット

シュガーがご満悦だが これで帰すわけにはならない
雨が降って 涼しくて走りやすい

平田会場を回って 
土曜日 清掃をする予定です
僕は行けれません ごめんなさい。
農道で南下

もう一回半島行くか?と聞いたら 首を横に振るので
僕が首を横に振ったら 縦に振ったと見えたので
シュガーは 縦に振ったので 行こうかという流れに

でも 時間が無かったので 「気を付けて帰れよ!!」と言葉を掛けたら

「お疲れさまでした!!!!」と今日一番の元気な挨拶だった。

帰宅して 140キロ

ステムを110から100に交換。

天和さんへ

首の固まった所へ打ってもらうと 気持ちよすぎて動きが止まる

帰宅して 20分寝て ごはんを食べてから

16時からローラー教室 3名さんがトライアスリート

18時からローラー教室

20時からローラー教室

私も結婚したから お祝いしてよという女性と 呑みに行った。

帰宅して寝た

金曜日
1時間走りに行った。
鍼で怠い
でも走って解した

洗車して 明日のバイクナビ新城 キングにエントリーした。

大工の幼馴染「岐阜へ行くけど一人だと暇だから一緒に行かないか?帰りは電車で1人で帰ってね」と来たので行く事に

岐阜駅近くの定食屋さんへ

刺身定食食べて 一人で帰る。

でもタヌキ蕎麦が美味しそうだったので 岐阜の女友達を誘って おやつに食べた

「狸に当たった ゴローさんが タヌキ蕎麦を食べてるのは笑えるね」らしい。

電車に乗って帰宅

その車中で 二人掛けの椅子に一人で掛けて 荷物を置いているので
座りたいんですけど退けていただけますかと言って隣に座った

僕を見て「どうしてそんなに黒いのですか?」と女性が質問してくる
自転車やっているんですと答える
で僕もどこまでいくのですか?と聞いてみる

名古屋まで行くんですというので 
何しにいくのですか?と聞いたら

マシンガンのように喋り始めるので
これは初対面の人との会話を続ける絶好の機会だと割り切り
全て 質問し 聞き手に回ってみた。

東京へいなずまいれぶんのイベントへ行く
いなずまイレブンの喫茶店へ行き セットメニューを食べる
神谷君?好きでたまらないという45歳ぐらいの女性が 顔を赤くして答えるその姿は

それは2次元の世界だと言おうと思ったが 
「その価値観は人それぞれだと思った」

名古屋駅まで20分の楽しい会話だった。

女性と話す時は聞き手になるべきだと思った。

帰宅して 娘が怒っていた

僕は娘の帰宅時間を忘れたいたのだ。

バナナカット

18時からローラー教室 4名さんのうち 3名さんがトライアスリート
今週は54名の生徒さん
そのうち20名がトライアスリートさん

今週 新規さんが3名さん

週二回来ると強くなれますか?と聞いてくるので
週二回来ると 僕とコミュニケーションが取れるんですと

ドアを開けた時の挨拶のトーンで 今日は元気だな 疲れているなとか分かるようになります。

やって欲しい負荷が20分260ワット
でも疲れているからと聞けば 少しワットを下げて
20分250ワットをやってもらいます。
体感的には同じ負荷をしてもらいます
疲れているからとやらないのが一番 ダメなので
そういう事をしていくと 疲れが取れた時に 20分270ワットが掛かるんです。 

言葉から実践してくれて 僕の言葉を信じてくれるようになるんです。

でもそれをやるのは本人です。


神河ヒルクライムのゴール手前200mで応援してくれていた子供達
ゴールして 戻って写真撮影

だし

5時半出発
暑い
熱中症な感じだったけど 1時間半 40キロ走って帰宅
回復走になったかは微妙だけど
もう少し走りたいと思えたから。

帰宅して 出汁を飲みたくて 作った

おやつのゆで卵も
桑さんに教えてもらうが 茹で卵はお勧め

ローラーメニュー書いて

飯を作った

キクラゲが好きで ごま油と相性がいい。

色合いが悪い

18時からローラー教室

20時からローラー教室

たると

日曜日
プンペイ君とマー君とで半島4周
半分で交代
13分 265W
13分 275W
13分 278W
しんどかった

帰りにマー君とパン屋さんへ
同じ系統のパンを買ってしまった

帰宅して130キロ

洗車して ローラーメニュー書いてから

自転車を積んで旅に出た。

温泉地に泊まった

月曜日

ゆっくりと起きて サイクリングをした
45キロ
5キロの峠を2つ

女友達と会った
タルトを買ってきてくれた。

「狸にぶつかっていく仕事も大変ね」と言われた。

こうして会いに行く女性は多いでしょ?と言われたが そうでもない。


たまに見る 海は良い。

帰りにアーティザンへ行きたいという女性と待ち合わせて向かったが
休みらしい
連絡してみたら シャッターが開いて 入れてくれて 


メニューにない食べ物を作ってくれた

科学調味料を使わないチャーハン
食べた後 胃がむかむかしない。

ハンバーグはこの肉汁。

「ここでハンバーグを食べれなかったら 代わりに食べる物が見当たらないと言ったら
嬉しそうだった。

帰宅して 寝た。

火曜日
後藤さんと

サーベロP3は初乗りなので 5時に出発して 細かい調整をした。

後藤さんが引いて行く
211ワットで25分25秒は
もっと高いワット数だとおもっていたら 意外と低かった。

僕が引く
280ワット 22分36秒

後藤さんが引いて 25分40秒

僕が引いて 270ワット 23分38秒


同じフレームサイズで なんでこんなにポジションが違うんだと 悩んでいる後藤さん
きつい所で色々とポジションを煮詰めていく

帰りにホームセンターに寄って 色々と仕入れる

帰宅して 130キロ

暑い中 来てくれたので 炭酸水で乾杯した

帰宅して 受け渡しに為に店を開けた。

昼飯
科学調味料を使わず 醤油とごま油で炒めた
意外と美味しかった。

1時間寝た

16時からローラー教室

18時からローラー教室

20時からローラー教室

終わって 西原さんと銭湯へ

帰宅してマットを洗う
床に敷く バスタオルを持ってきてねー


お米を頂きました
ありがとうございます

雨上がり

金曜日
鍼のお蔭で怠い
事務仕事して 雨なので仕事場まで妻を送って行く

このパーツ
扁平はフレームに使うとしっかりと固定出来ます
500円です。

帰宅して サーベロの作業

TOKENのBB

このゴムの部分が踏んだ時に柔らかく感じる部分です
硬いフレームに このBBを使うと 力が逃げて 柔らかく感じると思いますよ
もちろんセラミックです

BB386の工具を持っていないので送って貰った。

ローラーに乗った

18時からローラー教室 5名さん

終わって結婚のお祝いに タパスさんへ

ワインが飲めないけれど 酔っ払いの方にいただき 匂いだけど嗅いだ。
お酒飲めたら人生変わっていたんだろうな。

久し振りにこの時間に炭水化物を食べて

土曜日
事務仕事して 走りに行く

半島を1周回 27分 247ワット
爆風だった

帰宅して来週のローラー教室のメニュー書き

13時からローラー教室 4名さんの内3名さんがトライアスリート

終わってから メカニック作業

チューブラー貼

BBを組む

3種類のグリスを使います。

横井さんに組み方を教えて貰ってから とにかく故障が少ない。

困った時は横井さんの所へ持って行ってください。
なにかしら対策してくれますよ。

パイオニアのマグネットを内臓にした。
かなり面倒な作業だったけどすっきりした

でもこういうめんどくさい作業をしていると楽しくて時間を忘れてしまう。

完成

飯食って 明日から頑張ろう

新規のローラー教室の方にメールやら事務仕事していたら2時過ぎだった。

起きても寝不足な感じで雨なので仕事場まで妻を送り届けて 買い物へ

ブレーキワイヤーの交換の仕事


平行を出す


グリスもたっぷりと

サーベロTTのワイヤー処理

 

出来るだけ外に出さないように

 

茹で卵を作っておやつ代わりに食べるようにしている。

昼飯は 色んなものを入れて中華調味料を入れて作った

ローラーのメニュー

正月には300ワット掛かっていた生徒さん
ようやくここまで戻してきた
301Wと言う数字が見えてきたのは嬉しい事。

戻したいと思う気持ちと 書いた数字を確実に実践してくれる生徒さん。

EPA
疲れていても朝にはちゃんと起きれます。
8600円です。

チャリダーニでホンアナグマにぶつかった。

ぶつかる前にコーナー抜けてTTバーを持った時に前を見たら
アナグマが居るのは分かったんです

で 彼と目が合って こっちに来るなよと ラインを外側に変えたんです。
その先は右コーナーだったんで ラインを変えたなかったのですが・・・・

で 出て来たんです。
コケると思って一度は立て直したのですが 無理でした

生徒さんがこの顔を見て 格闘家のような顔をしてましたねって。
監督で走る事が多くなって
ディレクターさんが TTだけは自分の事を考えて走っていいからねと言われていた。

優勝する気持ちで走って
シュガーのタイムを抜いて このまま行けば9分40秒は確実に切れると思い
35秒は行くだろうなぁと思っていたら
この始末(笑)

妻にも こんな顔している56君は久しぶりに見たと言われた
ヒルクライムで勝ちまくっていた時は いつもこんな顔していて近寄りがたかったらしい。

ローラー ちょこっと乗って

18時からローラー教室

20時からローラー教室

木曜日
低気圧は苦手だった。


チューブラータイヤ
リムセメントで貼るのか?
タイヤ交換してまで走るならテープで貼った方が良いとは思うけれど。
自分の経験上の事を踏まえて 要相談


パーツが揃わない(笑)


ローラー メニューした


天和さんへ


蓋がぽろっと取れてぶちまけた
でも意外と食べれた。


16時からローラー教室

新しい生徒さん
トライアスリートさん
年齢なんて関係ないです。
弱いからじゃなくて トレーニングの仕方を知らないだけです。
後ろ向きな言葉は要りません。

地味にやっていけば必ず強く速くなれます。


18時からローラー教室


20時からローラー教室

終わって 横井さんのお店へ
注文しておいたパーツを取りに行ってきた。

帰宅して

メカニックの仕事

曲がり過ぎでしょう。
エンド修正 2000円です。


チューブラーのタイヤの張替えの仕事
こんなに頑丈に張ったのは誰だ!と思ったら 去年僕が張ったものだった。

チャリダーの狸落車の時にタイヤが外れていましたが
後輪があれだけ跳ねあがって地面の叩きつけらたので外れてしまいました。
地面に落ちた時の角度が悪かった。
シクロクロスのチューブラーで外れた事はない。
ロードは7.5気圧
クロスは1.4気圧
タイヤ自体がクッションかカチカチなタイヤの違いです。

相当な負荷が身体にも掛かったと思います。
回復に1ヶ月ほど掛かりましたし(笑)

神河ヒルクライム

土曜日
雨が上がりそうな天候
午前中は4倍で引いて行くという講習会
22歳と47歳のライダー
聞いたら20分4.3倍は出るので 4.3倍ぐらいで引いて行こうと。
文平君にも手伝ってもらい先頭を引いて貰う
後ろについて二人のポジションやフォームを見る
22歳の選手のお父さんと47歳の選手の奥さんが車で伴走してくれる。

17.3キロのコースは10キロは平坦気味でラスト6キロから上りが始める
10キロをいかに力を使わずにやり過ごすかが肝だ。

4.3倍で 45分ほど

雨だからホテルで作ったコーヒー コンビニで買ってきたインスタントだけどね(笑)
ゴールで温かいコーヒーをふるまい下山

下山して 汚れた自転車を洗車した
明日レースだし きれいな自転車で走って欲しいので名古屋から洗車キットを持ってきた。
洗車講習会になってしまった。
僕も横井さんに洗車の仕方を教えてもらったが 素人とプロが洗うと違う
それがお金を貰って洗うともっと違う。

その後は 蕎麦屋さんへ
トレーニングの事も話すけれど 22歳の選手には 体力勝負の事は若い時にやっておけ
47歳の選手には 夫婦の仲の事など 自分の経験から色々と話させていただきました。

午後はコース試走会

神崎高校自転車部も参加してもらい 二組の別れて上りました

1時間ほど

自分の自転車の洗車をした
夕方はトークショーです
MCのアケさんが進行をしてくださいました。

高校生には 悔しい気持ちになるのが分かっていたら 今やっておく
同じタイミング同じシチュエーションは絶対に来ない。

後悔するならやっておけ

話が少しずれて 好きな女の子に告白しないで後悔するなら 告白した方がいい
それと同じで あの時アタックしておけばと思うならアタックしておけ
というトークショーでした

高校生たちのサインを求められた。

明日はどういう風に走ればいいですか?と聞いたら
後ろから走って皆に声を掛けながら走ってくださいと言われました。

全開で走って ゴールしたら最後尾まで戻りながら 皆さんに声を掛けてはダメですか?とお願いしたら
仕事ですのでと。

日曜日

7時半スタート
最後尾からスタートし皆に声を掛けてゴールまで
4倍ほどで上り 48分
ゴールしたら 3回ほど下って上ってを繰り返し
ライダーに 声を掛けました
踵が下がっているライダーが多いので 一人一人に アドバイスしました。
それが恒例になっているみたいで 待ってくれていたライダーが多かったです

帰りの車中で
何か腑に落ちない。
宝達山ヒルクライムでは 成田さんは
皆をケチョンケチョンにやっつけてくれという一言でした

白崎サイクルのイベントでは 皆を追い抜かす事をしますよと言ったら
ほんとに!!と言われました

それでお金を頂いていました。

でも 普通に走って 疲れもしないペースで上り お金を頂くのは 何か腑に落ちないのです。

「楽にお金を稼げてラッキー!!」と考えるのが普通なのでしょうが・・・・。

そこで気が付きました

「僕はもがきたい」んだろうな。
それでお金を頂きたいんだろうなぁと

楽にお金を稼ぐ事を覚えてしまうと 人間成長がない。

次回からの仕事は 一緒にレースをさせてもらってから 下山して声を掛ける事が条件で仕事を受けたいと思います。

月曜日
サイクリング 80キロ

終わって パナソニックのフレームを返す為に 洗車
村井さん 遅れ過ぎてすみません。


夕飯はマーボー豆腐
幼馴染に頼んで色々と施工してもらいました。

幼馴染とニトリへ買い物へ行った

9時には寝てた

火曜日
後藤さんと

23分38秒 261W
と24分05秒 250W

帰宅して125キロ


昼飯はミューズリー


小さなネジにもグリスを


処理後

処理前

処理後

18時からローラー教室

20時からローラー教室


銭湯へ

処理後

サーベロ P3買いました。

頑張っている自分へご褒美です

僕が自転車を選ぶ基準は 営業マンの人柄です。

BMCのザックさんも好きですが迷いましたが

佐藤君がとても良くしてくれて 助かってます。

更新と移動

木曜日
シュガーと走る
その前に プロトライアスリートとに山本良介と走る

半周ずつで交代してポジションを見る。

良介のセントレアのレースの写真をみて これは酷いと思って連絡を取ったのだ、

僕の意見を言った
奴は頭が硬い 悪い意味では頑固だが 年を取って色々と言ってくれる人を大切にする気持ちが出てきたのか?
そういう奴には 頭ごなしに言うのではなく 
こういうポジションにして
こういうフォームになると
こういう風にペダリングが出来て
さらにこういう風にメリットがあると説明したら まったく違うポジションを受け入れた。

しゅがーも合流して 奴が1本引く
22分22秒 押さえろといったが 出し切った感じのタイムだった。

2人でタイム狙ってみるか?と先頭交代して走る事を伝える

シュガーはストラバでここの計測タイム21分31秒に対して異常にライバル心を持っている
誰が出したんだと聞いたら 56さんとそのほかの人2人で走った時のタイムですと言うので笑った。

天候は雨上がりで 湿度100%と最悪だ(笑)

その時は3人で今日は2人
良介に「お前も参加するか?」と聞いたら 「後ろで見ておきます」と答える

「ここをこの速度 あすこをこの速度で維持しよう」と僕が司令塔
お前は30秒僕は20秒引くと

心の中で20秒を数えるよりも平均クランク回転数は75回転数だから 25回数えれば大体20秒引いた事になる
合図も頭を左に傾けたら交代のするという事の約束。

走り始めで 46キロを維持する
最初はシュガーが30秒引いていくが 45キロを維持出来なくなってきて僕が47キロの戻したりする
上げるのは余計にパワーが要る
でぼくも疲れてきて シュガーも律義に30秒引くから お互いに疲れてきてしまうという悪循環

良介が入りましょうか?と言ってくれるが 奴はいつもいないから
基準メンバーでないから二人で頑張る


21分38秒
ストラバだと21分23秒で8秒更新
最大心拍173拍 平均163拍

一人のタイムアタックは
最大心拍163拍 平均152拍なので チームタイムトライアルは きついんだよね
でもこれをやると 体調上がるんだ。

帰宅して100キロほど

すぐにミューズリーとプロテインを獲ってクリニックへ

帰宅して メカニック作業して 昼飯

16時からローラー教室

18時からローラー教室

20時からローラー教室

終わって銭湯へ

金曜日

タイヤを発注して 空気漏れがないか?を確認する

朝から移動 ぷんぺイ君と
兵庫県神河町へ

車中のおやつは 乾燥マンゴー

雨なので車で試走

なだらかなといいつつも 激坂

宿でローラーに乗った

宿は用意された ホテルリラクシア
ゴールのホテルです。

雲の中 幻想的でした


サンボルトジャージ
今はセパレートワンピースが気に入っています

お風呂にはいって 夕食


魚は綺麗に食べます。

美味しかったです
明日は雨の中 講習会に試走会 トークショーです

削れ

火曜日
朝の心拍39拍
いつもよりも15分早くに起きて クタクタミューズリー食べてから
ストレッチポールに乗って仙骨辺りを解す。

いつもより10分前に家を出発

アップをして後藤さんと待ち合わせ。

後藤さんから ペース走
25分30秒
僕が先頭で
往路が若干向かい風 復路若干追い風。
45キロで第一コーナー 11分
今日の風は読めない
43になったり47になったり

後藤さんが若干左に乗ってますと言ってくれるので 若干右に乗ってここを軸に回す。

22分37秒 275ワット
気持ちよく出し切った感がある
抑える事を覚えた方が良いな 僕は・・・・。

後藤さんがもう一本
24分55秒 ポジションを修正

コンビニで休憩しながら 後藤さんからトレーニングの情報を仕入れる が
後藤さんの後ろでは ピタッとした白いシャツにフレアなミニスカートを履いた女性が屈んで後部座席の荷物を整理整頓していて
ユラユラと揺れるスカートからチラチラと見える太ももが気になって 後藤さんの話はほとんど右から左で聞いていた。

後藤さん ごめんなさい・・・・。 

僕がもう一本 
スタートと同時に カン カン カーンとギアを上げてアウタートップまで持って行く
やめろーーーーー押さえろ!!!!!!と思ったが
闘争本能と言うのか 何か 頭の線が切れた

アベレージ290で進む 風向きが変わり かなりの向かい風になる
第一コーナー 11分10秒

向かい風と言う事は 追い風が強くなっているはずだとおもい抑え気味
その通り 追い風になりアベ47ぐらいで進む

アンダーパス 17分57秒 これは22分15秒ぐらいだと思ったら 後輪がパンクした。

まぁまだまだと言う感じだろうな。

修理して帰宅

125キロ

帰宅して プロテインと豆乳にミューズリーを混ぜて食べた。

耳鼻科へ行き 銀行へ行き 昼飯の食材を買いに行った

帰りに幼馴染の仕事場の前を通ると休憩していて
開口一番「仕事してるの?」と言われる
朝 走って 銀行へ行って入金して 色々と仕事をしていると言ったら
「どう見ても遊んでいるようにしか見えない(笑)」と言われた。

暇なら 中学の同窓会のリーダーしてよと言われたが 僕は暇ではない。

昼飯
娘はピーマンが嫌いだが クックデユーで作ると ごはんが進むらしいので
作っておいた。

15分寝てから ローラー教室のメニュー作り

土日に 神河ヒルクライムのプロデューサーの方とミーティング。
天気もよさそうですね
土曜日の4倍のスクールなのですが 今の所1名さんです。
まだ受付しております。
このままではとても濃密なスクールになってしまいます。

終わって 筋トレ
娘が帰宅したので パンプアップした身体で ドアを開いてるよ~と娘に開けさせて
 ふんっ!!!!とポーズを取っていたら

「暑苦しい!!!」と言われて お父さんは寂しかった。

ブログを書いて 夕飯

18時からローラー教室

20時からローラー教室

終わって西原さんと銭湯へ

水曜日

三島さんと待ち合わせ 
EAPを買うから持ってきてという連絡があった。
渡して帰ろうと思ったが サイクリングへ
向かい風を引いて 気持ちよく追い風をひいてもらって帰宅


左右の削れ具合がだいぶマシになってきた。

87キロ

昼飯
ジャージャーラーメン

事務仕事が溜まっていて片付ける

週末の準備しながら 地図で名所を探す
酷道の旅もついでにと思ったが 調べて行くうちに ここは面白いとなり
1人で行くよりも山口さんと行った方が良いと思って中止に

妻が家に居て いつも一人で居る家の中に 人が居るというのはどうしても違和感がある

裸で居られない(笑)

仕方がないのでお店で仕事していた
メニュー書いていたら 飛び込みでローラー教室
たまには早めに仕事していると良い事があるもんだ

18時からローラー教室

20時からローラー教室


通販でレーパンの注文
楽天で注文しても金銭は僕には入りませんが サンボルトさんの売り上げが上がるのは嬉しいです。

 

色々と

チャリダーのロードレース男子部には 台本ありません。
いつもシュケジュールだけ渡されて ほとんどがアドリブです。

ロードレース男子部は 監督としてキチンとお金を頂いております。

仕事じゃなかったら ここまで 彼らには怒りませんし真剣になってないと思います。
真剣にやるから 面白い番組になります。

日曜日
朝方は雨模様だったので遅れて集合
ロードレース男子部の面々と

9キロほどの個人でのメディオ走
15分 261ワット

それから2分走など

牧田川に入り 監督してメニューを指示するとどうしても 僕よりのメニューになってしまう。

伊織君にしては いつ千切られるか・・・とビクビクしている。
平坦では速いけれど上りに入ると ピタッと脚が止まってしまう。

チャリダーの林ディレクターからは 司令塔を作ってくれと指示が出ている。
僕が居ればレースは完璧に運べるけれど 居ないと全くバラバラ。

なので トレーニングメニューを考えて それを僕に報告して行おうという事になった

指示を出していると 考える事が出来ない。
自分たちで 考えてやる
僕は監督で キャプテンではない。
キャプテンはシュガーであり エースはシュガー。

結果 あいも変わらない追いかけっこというメニューになる。

文平は身体が小さい 53キロほど
僕は58キロ 
伊織君は65キロ

シュガーを追いかける

伊織君が47キロで引いて文平君に交代 これがめい一杯な引きで僕もその速度だとキツイのですぐに変わり
伊織君が47から 49に上げれば さらにしんどくなり 3人はバラバラになった。

身体の一番大きな伊織くんが 上げてすぐに変われば楽だろうけれど 二人はキツい。
一番長く引かないとならないのに 上げてすぐに交代する。

また説教が始まり 二人は げんなり・・・・・。

2本目は 文平君を追いかける
向かい風になったのでシュガーが 38キロで引いてベースを作る
伊織くんが すぐに落ちて35キロに落ちて またシュガーが速度を戻すと言う事を繰り返す

一回のメニューでオールアウト(笑)。 また説教となる。

アドバイスは説教とは違う
言って治らないから説教となる。

何回も同じ事を言わすなと何回も言う。


人数が多いと 氷と水を買った方が安い。

上りに入ると先頭ですぐに速度が落ちる
シュガーは優しいので 後ろで待つが 僕は「待っていたら僕らのパフォーマンスまで落ちてしまうから
追い抜いていけ」と言った

伊織くんはついて来ない

3人で進む。

パワーとか関係なく着いてこい!
それが二人に見せる姿勢だろ!!!と言った。

頑張る姿勢を見せるって事がとても大事で その姿勢すらないと もう使い物にすらならない。

二人にも 伊織くんを年上だと思わず オブラートに包まず 本音を言えと言った。

正直 伊織君が居ないレースは まとまる
余計な動きをせず 動くから。

アシストは弱いからアシストではない
エースと同じように走れて アシストの動きを知っているから やれる仕事という事を理解して欲しい。

しいて言うならば 最終周まで残っていて欲しい。

結果 体力がないから終盤まで残れない。

今 何が足らなくて 何をしないとならないのかを考えて欲しい。

無駄なアタックではなく 最後まで残る事
平坦のレースではなく 上りやアップダウンのレースで。

裏から二ノ瀬を上り オムライス

暑いから 氷を持って行きなさいと沢山持ってきてくれる。

伊織くんが帰宅して 3人で長島回って帰る事になったが
文平君がしんどいからと帰った

二人で長島を回る

走れてきた シュガー

47キロで引いて行く

走れて楽しいだろ?と聞いたら 楽しいです!!!と 会った頃のように走れてきたのが嬉しいらしい。

距離を乗ると掛かりますねと言う。

楽しい事は自分で作るんだよ
僕は楽しい事を教えれるけれど 走れるようになるには自転車に乗るしかないんだよ。

シュガーの楽しそうな顔を見たら 僕まで嬉しくなった。

160キロ

帰宅して ミューズリーを食べて お店を開けた

トライアスリートの女性
前後輪のタイヤ交換

パンク修理もままならないらしいので 交換してもらった。
片方しか工賃貰わない。

メンテナンスしている間に 石鹸を貸してあげて 銭湯に行ってもらった

空気圧は?と聞くと 7.5と言う
体重が50キロで?なんで?と聞くと 高い方が走ると思ったからと言うので

6.5 7 7.5と 三段階も変えて乗り味を体感してもらい
どれが一番好きか?と聞いたら 6.5と答える

もう一度 7.5を入れた走って貰ったら こんなにゴツゴツしたので乗っていた?!とびっくりしていた。

トライアスリートは自転車に無知な人が多い
こういう事を教えたいと常常思っていたので すっきりした。

終わって色々として 横井さんをご飯に誘った

最初は一人で食べていた

横井さんが合流して食べたら ホイールのメカニックを教えて貰った。

久し振りに腹いっぱい食べた

月曜日
5時半に起きて6時から走る
もう暑い

昨日は食べ過ぎたので 朝飯は無し

1時間半走って ネジを買いに行って帰宅

30キロ

朝飯に パンケーキ

出汁を取った

バナナをカットしたりした。

米は冷蔵庫で保管
娘に手伝ってもらう

晩御飯を作る

娘に 味付け海苔は食べ過ぎないようにね?って言われたけれど
「お父さんと10年付き合っていると どんな人間か分かるだろ?」と言ったら
「うん 分かる」と言われた。

クレジットカードのポイントがたまったので キュベレイのプラモを買おうと思ったが
冷静に考えると 作らないから要らないとなってしまった。

自分が面白くないと思ったが

自転車に乗れれば幸せと思った。

明日から頑張ろ。